2013年05月14日

Kindleカバーを自作(2回目)

Kindle2のカバーを作りました。

実は前にも一度作っています。それはもうすでに2年3か月も前。
ブログに書いてました。
Kindleカバーを自作

実はこれ、大変な欠陥がありました。
kindle本体を装着する部分なのですが、4つすべての角に引っ掛けるタイプにせず、下の二か所だけ角にはめる部分をつけ、上は、横に張ったゴム一本だけにしていました。
だから.... 上下逆にして持つと、kindleがストーンと落ちてしまう。
やばいな、と思いつつもそのまま使っていて、何度か落としたこともあったのですが、壊れることはありませんでした。
しかしある日、フローリングの上にkindle落下。画面が割れてしまいました。(あほあほあほあほ)

(そのことについてブログに書いたと思ったのですが、記事が見つからない... twitterでつぶやいただけだったのかなぁ。)


愛するkindleは修復不可能に。
しかし、捨てる神あれば拾う神あり。
LingQ仲間のyukoさんが、kindle2は最近はもう使ってないからあげる、と、送ってくれました。
(Yukoさんご無沙汰しています。ブログでのアメリカ生活レポート楽しませてもらってます^^ Kane and Abelオーディオブックで聞きました。おもしろかった!)

最近は、オーディオブックで聞くことがほとんどで、book clubの本以外は文字で読むこともあんまりなく、読んだとしてもiPod Touchでちょこちょこと読むことがほとんどでした。このごろまた時々本を読むようになりましたが、iPod Touchの画面だと小さすぎて目が疲れるので、Kindle2をまたひっぱりだしてきました。

私は、裁縫は結構好きです。でも、上手ではありません。詰めが甘いというか、作りが雑です。
でも、自分の使いやすいようにちょっとしたものを時々作ったりします。
時々、無性にミシンを使って何か作りたくなります。

で、作ったのが、これ。

開いたところ
写真 2.JPG

後ろからみたところ
写真 3.JPG

本体の下にポケットがあり、ノートなどが入るようになっています。
写真 4.JPG


こちらのサイトを参考にして作りました。
http://whipstitchfabrics.com/blog/kindle-cover-tutorial/
(アメリカのサイトかな? kindleカバーの作り方で検索すると、日本のサイトは男性による、カッターとボンドで、みたいなものが多いようですが、英語圏のサイトでは、手芸好きな女性によるtutorialがたくさん見つかります。)


で、この記事のkindleは新しいもののようで、私のものとはサイズが違う...
なので、自分用にサイズを測りなおしてつくりました。

そして、 失敗しました。

kindleの厚みを入れるのを忘れた.... あと、接着芯やら綿やら(私は横着して?フェルトを挟みましたが)で、カバー自体の厚みもでる。

で、結果、カバーを閉じたときに本体右端がちょろっと出るはめに。(ちなみにこの写真は、カバーをひっぱってひっぱってとったので.... 本当はもっと本体が露出します--;。homeボタン、next pageボタンなど、読めてしまうほどに...--;)
写真 1.JPG

でもまぁ、使用には差し支えないのでご愛嬌ということで。


生地の柄が気に入っているし、手触りも硬い本体とは違って柔らかくなって、嬉しいです。

さぁ、これから何を読もうかなぁ〜
(ちなみに今読んでいるのは、ずっと前にはやった Rich Dad, Poor Dad です。)

posted by あきやん Angie at 11:25| Comment(2) | TrackBack(0) | Kindle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

Kindleカバーを自作

2013年5月 
追記です。

今更、という感じですが、念のため注意点を。
このタイプのkindleカバーには一点問題があります。
kindle本体を固定させる箇所ですが、ここにのせたものは、下の角2つと上部に横に張ったゴム1本になっています。
この状態だと、上下逆にして持った時に、kindle本体が抜け落ちてしまう可能性が高いです。
なので、固定する箇所は、4か所きっちり作ったほうがよいです!



私のKindle2。ほんとに買ってよかったナァと毎日思います。
Kindleがどんだけすばらしいかというのは前に書いたのでもうよしとして、

Kindleのカバー。
欲しいナァと思いつつ、日本のアマゾンのサイトにはほとんどなくて、
アメリカのアマゾンにはたくさんあるんだけど、送料がばかにならない。
(これからKindle買う方で、カバーも欲しい方は、Kindle本体の注文時にカバーも買うことをおすすめします。)
最近Kindle2用のカバーが値下がりしてたので心が動かされましたが、やはり送料などを考えるとかなりの値段になる。
おまけに、皮のカバーってつけるとかなり重くなるとも聞いていたし。
アマゾン純正ので、軽量皮ってのがあったので、これ!と思ったら、Kindle3用でした。

ん〜〜〜。

今までは、画面に保護シートをはっていて、かばんに入れる時だけ、百均で買った入れ物にいれてました。
こんなの。ちょうどぴったりサイズ。たぶん母子手帳入れ。
CIMG4650_s.jpg
サイズはちょうどいいし、これはこれでよかったのですが、一つ問題が。
病院の待合室やら、電車の中やらでぎりぎりまで読んでいる場合、あわててケースにいれそこねてそのまま鞄にKindleを放り込むのがほとんどだったのです。
Kindle本体につけた、ブックカバータイプのものだと、ぱたんと閉じてそのままかばんにいれられるから、それがいいなぁ、そんなカバーを作りたいナァと思いつつ、月日が経ち...。

しかし、今週末ちょっとしたきっかけでカバーを作ることになりました。


土曜日に、うちの町会の婦人部主催のクラフトの会がありまして、子ども会の会長さんから来て〜と言われたので行ってきました。
ワイヤークラフトというのをしたんですが、これがけっこう楽しかった。
私のクラフト心に火がついた。(まさに、to kindleですね)
こんなの作りました。
CIMG4661_s.jpg

で、その晩、Kindleカバーを作りたくなったのですが、いかんせん日付も変わった午前2時。
そんな時間から作り始めたら翌日廃人になるのは日を見るより明らか。
その日はあきらめ。

翌日、やっぱり作りたいぞ〜〜〜、と思い、作り始めた。

子供もほったらかしで....(ダメ母)
ま、だんながいるからいいや〜と。

で、こんなんできました。
かなり雑です!!
作りながら、しまった、ここは先にしておくんだった、とか続出だったし、
ミシンのステッチとかありえないガタガタ、ずれ、ですが(^_^;)

前からみたところ
CIMG4652_s.jpg

開いたところ
CIMG4653_s.jpg
CIMG4656_s.jpg


横からみたところ
CIMG4654_s.jpg

表紙の部分を後ろへ折りたたむ。
CIMG4658_s.jpg


あぁ、ますます愛着がわきました、Kindle。

ちなみに、この動画を参考に作りました。
posted by あきやん Angie at 11:32| Comment(6) | TrackBack(0) | Kindle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

近況&Kindle2その後

子供たちの夏休み..... 予想以上に忙しいというか、とにかく自分だけの時間がありません。
2歳の末っ子(次女)はいつも家にいるけど、小3長男と幼稚園年長長女が家にいて、そのうえ今里帰り出産の妹の2歳の上の子までいるので(無事赤ちゃんも生まれてます。新生児ちゃんはほぼママのみが世話しますからね。。。あ、ご存じない方、うちは私の両親の家に同居してるんです。)、毎日ワーワー言ってるうちに終わりますたらーっ(汗)

そんな具合で、いつもに増してブログの更新もおろそかになってました。

時々わーっとTwitterでつぶやいてました。
じっくりブログに書きたいこともたくさんあったのですが。書き逃して、後で、あれ?なんだっけ?となってしまってました。


思い出しながら書いていきます。
まず、Kindle2買ったその後。

これは、ほんとに買ってよかった!!!

ちびちびですが、The Pillars of the Earthを読み進めています。
ほんとにおもしろい!!!
ようやく半分を超えて、現在54%まで読みました。

Kindleの組み込み辞書のおかげで、わからない単語の意味をすばやく調べながら読むことができて、今までのペーパーバックのざっと読みの方式よりも深く、英語の小説を楽しむことができています。

以上Kindle使用報告でした。
posted by あきやん Angie at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Kindle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

Kindleが来ましたよ

ブログ書こう、書こうと思いつつ日にちばかりが経ち....

ようやく書けます、Kindleのこと。

まず結論から。
Kindle, 買ってよかった!!!

以下、私が感じたKindleの良い点を箇条書きいたします。

1.軽い。約300g。 (ちなみに私のKindleはKindle2. 最近出た大きなDXではありません。 軽いし薄いので、持ち運びが楽。読んでる間も楽。

2・英英辞書が組み込まれている。わからない単語の上にカーソルを持ってくると、画面最下部に自動的に言葉の定義が表示される。これが、Kindleを買った一番の理由。今までpaperbackを読んでいて、わからない言葉があっても、辞書をひくのがおっくうでそのままにしていたことがほとんどだったけど、Kindleならば、瞬時にその意味を知ることができる。
(最下部の2行だけなので、続きが読みたい場合は、キーを押せば、辞書のページに丸々飛ぶことができる)
そして、日本語を介さない英英辞書なので、意味がすっと頭に入って来易い。(日本語の訳語を見ると、気が散る。)

3. Kindleでは、本を買う前に、サンプルとして、ほんの始めの数十ページ分ほどをダウンロードして読むことができる。これは便利。
3G回線を使ってダウンロードするので、場所の制約なくできる。

4.画面がバックライト方式でないので、目に優しい。日なたでも紙の本のようにはっきりくっきり見える。

5.画面下に、今まで読んだところが%表示される。あと1%上げたい、もうちょっとでもいいから読みたい、というような気持ちになり、やる気アップにつながる。

6.本文中にハイライトを付けたり、コメントを入力したりできる。ハイライトをつけた部分は別に一覧としてみることができる。

そんなもんかな。

まずKindleが届いてからしたことは、すでにKindle for iPhoneのほうで購入して読みかけていたThe Pillars of the Earthの続きを読み始めたこと。

そしてついに、今まで憧れに憧れていた、組み込み英英辞書機能を使ってみた。


しかし、どうもしっくりこない。

最初から組み込まれている辞書は、"The New Oxford American Dictionary"で、これはもちろん英語圏の人たち用のもの。

なので、私のような未熟者が使ったら、
定義の中に使われている英語にわからない言葉が混じっていて、さらにまた辞書をひかなくてはいけなくなる事態になってしまう。

単純な言葉ならそうでもないんだけど、観念的な言葉になると、キビシイなと思った。


そこで、ネットで調べたところ、
Collins Cobuildが使える、という情報を得た。
私の大好きな大好きなCollins Cobuild!!

しかし、残念ながら、これはKindle版があるものの、組み込みのデフォルト辞書としては使えなかった。
(カーソルを置いて自動表示、の機能には対応しておらず)

代わりの辞書を探して見つけたのは、Merriam-Webster's Advanced Learner's dictionary。
これ、collegiate(ネイティブの学生向き)と、Advanced Learnersと二種類あって(それ以上もあるかもしれんがとりあえず私が気にしたのはその二種類)、一瞬、どちらにしたらよいのだ!?と思ったけど、
collegigateは却下。
ネイティブの学生向きなんて買ったら、語数の収録数は多くても、またまた、定義の中に使われている言葉が難しくて、また辞書を引かねばならん事態になるのでは、と思ったので。

Advanced learner向きのほうは、平易な言葉で定義がされていて、cobuildファンの私にも満足のいくものでした。
The Pillars of the Earthに出てくる言葉では時々この辞書には収録されていない言葉が出てくるけど、例えばキリスト教に関する専門的な言葉だったりすると、本文中で、その言葉の後でカンマが打たれて、説明が続いていたりすることが多い。
それもなければ、最初から収録されていたThe New Oxford American Dictionaryをひけばのっている。
というわけで、私にとっては、この、上級学習者向け辞書を使うことに大きな意義がある。

この辞書機能、ほんとに楽。
大げさかもしれないけど、まるで自分のとなりにネイティブスピーカーがいて、わからない言葉の意味を聞いたらすぐに答えてくれる、というような感じ。

そして、本体の軽さと薄さと小ささ。
あ、そうそう。画面はね、約12.2 cm x 5cmです。
意外と小さいね。
でもこの小ささが私には快適。
どうせ今のところ文字のみの媒体しか読まないし、一ページにそんなにたくさん文章があっても、あんまり意味がないなと。
日本語でも同じだと思う。
ちなみに、文字の大きさや、単語と単語の間など、お好みで変えることができます。
(画面は小さいけど、本体は、小さいキーボード部分もつくので、約20.2cm x 13.5cmになります。定規で測ったので測り間違えてたらごめんなさい。)


以上、Kindleレポートでした。

たった一つfrustratingなことといえば、なかなかじっくりKindleを読む暇がないこと。
しかしまぁこれはしゃーない。
うまいこと時間を捻出していかないとな〜。

とにかく、Kindle just rekindled my love of reading.です^^
買ってよかったわぁ〜〜〜 I love Kindle!!

しかし、もっと早くから買っておけば良かった...とは思いません。
ついこの間大幅値下げされたんよね。だから背中を押されて買ったわけです。
大画面のDXがすでに出ていたり、この先も新しいバージョンが出るかとは思いますが、今のところ現行のKindle2で私には十分です ^^

ただ本を読むだけではなくて、他にも工夫すれば色々できるみたいなので、今後研究の余地ありです。
(まだPCにつなげてもいないのよね〜 ^^;)
posted by あきやん Angie at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Kindle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

Kindleをついに注文しました

前回ブログ記事更新してから、1ヶ月近く経つのね.......
なんだかバタバタして、落ち着いてブログを書くことができずにいました。
あと、ちょこちょこTwitterでつぶやいているので、あえてブログに書くまでに至らなくなっているというのもあり。

何を書こうとしていたのかな?
あぁ、うちの子供たちの英語学習についてでした。
子供たちの英語アウトプットについて。

その前に、一つ近況を。
ついに、Kindle2を注文しました。今日アメリカから発送される予定。早く来て〜!待ち切れません。
今はちまちまiPod TouchのKindle for iPhoneで読んでますが、Kindleで読むと、画面が大きいのはもちろん、わからない単語が英英辞書で意味が画面下に表されるというのが最大の魅力。
これで、ペーパーバックを読んでいるときにわからない言葉があるけど、辞書をひくのはめんどくさいので無視、ということがなくなる。
嬉しすぎです。
LingQ仲間からおもしろいよと聞いて、最初Kindle for iPhoneでサンプルを読んだらほんとにおもしろかったので、ペーパーバックを買って続きを読み始めた"The Pillars of the Earth"ですが、Kindle版を買いなおしました。
これから英語の本がもっと快適にたくさん読めるようになるのでは.......!
こういうことにこそお金を使うべきですね。
ちょうどKindle2が大幅値下げされたのもあり、思い切って買ってよかった。(って、まだ届いてもいないのですが)

だんなには、なぜKindle?! 本を読むしかできないでしょ?iPad買ったら?と言われたが、ノンノンノーン(←消しカス君)、本を読むことだけしかできないからいいんだよ!
軽い(らしい)し。だいたいiPadだと、私のことだ、絶対ほかの事して遊んでしまう。
おまけに、今のiPod Touchで証明済み、うちの子たちにとられる。(太鼓の達人とかいれる私が悪いんだが...)
Kindleなら絶対とられっこない。
画面も目に優しいらしいし。

ところで、Kindle for iPhoneの、サンプルが読める機能ってすごくいいですね。これでサンプルをいくつかダウンロードしておけば、外出中など、touchでLANにつなげない時でも、暇つぶしに読める。で、おもしろかったら、続きを買う、と。KindleがあればKindleで読めばよいし、なければ、普通のpaperbackで買えばよいし。

はぁ〜。私の英語読書生活が新たな段階に進みました。
これからますますトイレにこもりそうです(^^ゞ

おすすめ英語の本があれば(もう、paperbackじゃなくていいんだ〜♪ハードカバー(新刊書)でもいいんだぁ〜♪)ぜひ教えてください。

おっと、子供の英語について書こうと思ってましたが、長くなったのでこのへんで。
posted by あきやん Angie at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | Kindle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。