2009年10月29日

<音声付>Jack-o-lanternを作ってみたいが

☆久々に、音読しましたので、mp3ファイルをアップします。関西弁です!
Hi, Japanese learners!! I haven't recorded for a while... Today, I just read out my diary. Please be ready for my Kansai (Osaka) dialect. :P I hope you pick up some practical vocabulary. As usual, if you have any question, please feel free to ask me. I'll be glad to answer any minor question about Japanese usage.



Jack-o-lanternが作りたくて仕方ない我が家の息子(8歳)ですが、
日本の、深緑色のかぼちゃで作れるのか?
硬すぎて無理なんちゃうん?大きさも、小さすぎやし。
それに、もし作れたとしても、外のあの暗い色で(中はキレイなオレンジ色だけど)、ろうそく灯しても絶対地味なだけやん?

ということで、今回は、却下。

コストコでオレンジ色のかぼちゃ見たけど、高すぎて、もちろん却下!!

たいがいのことは、そんなにやりたきゃ自分でしな、と好きにさせるのですが、こればっかりは刃物をともなうので、だめやね。

来年オレンジ色のかぼちゃ栽培してみよかしら?屋上で....

それか、他に橙色かぼちゃの代用になる農作物はないかいな〜。

別にハロウィンせんでも、おぼんの回り灯籠でええやないか〜〜〜〜、と思うが、
確かにあのかぼちゃ灯篭は作ってみたいなぁ........

気が向いて、作ってみたらまたブログにアップします。
まぁ、作らんやろな..........
posted by あきやん Angie at 11:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本語ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

<音声付>つれづれ育児記録(娘と交換日記)

I was going to record my previous blogpost "何年ぶり!? 交換日記". Well, I did record it but I just found that it was not worth listening, especially for Japanese learners.
Since the original one was full of poor syntaxes (well, I am a native Japanese speaker though...), I re-wrote the article in a simple and clear manner and re-recorded it.
If you are learning Japanese and listen to this podcast and have any question, please feel free to ask me. You can either write e-mail to me or leave a comment to this blog. Also I'll be happy if you give me your feedback. :)



先日、ある英語のペーパーバックを読みました。
Life on the refrigerator door という本です。日本語にすれば、冷蔵庫のドアの上の人生。

この本がユニークな点は、文章のすべてがメモで構成されているところです。
主人公の10代の女の子とそのお母さんが書いたメモ。
お母さんはものすごく忙しい産婦人科医。お母さんとお父さんは離婚していて、お父さんは別のところに住んでいます。
母と娘は、なかなか家で一緒の時間を過ごすことができません。
そんな二人が意思の疎通を図るための手段は、冷蔵庫にはったメモ。

話はハッピーエンドからは遠いのですが、それでも、母と娘がメモを通してお互いの気持ちをやりとりしたというのが素晴らしく、読んでいて心温まるものがありま

した。

そして、この本を読み終わった後、こんなふうに私と子供たちも冷蔵庫にメモをはって意見を交わせたらいいなぁと思いました。

でも、このお話の母と子の二人家族ならばともかく、我が家は7人の大家族。
そんなことしたら、冷蔵庫の上がややこしくなりそうです。

そこで、ひらめきました。

「そうだ!交換日記をしよう!」

去年か一昨年に、うちの一番上の子、現在8歳の長男に「交換日記しよう」と持ちかけたときに、「書くことがないから、イヤ」とあっさり断られたことがあります。
なので、今回は長男には聞かず、真ん中の子、5歳の娘に「ママと交換日記しようか?」と聞いてみました。
娘は喜んで、「したい、したい!」と答えました。

さっそく一緒にノートを買いに行きました。
次の日の朝、まず私が数行書いて、娘にノートを渡しました。
娘がすぐに返事を数行書いて、私に持ってきました。

普通は、交換日記って、1日一人が書いて、次の日にもう一人が書いて...って繰り返しだと思うのですが、娘と私は、立て続けに何度もやりとりしました。
永遠に続きそうだったので、「もうこのへんでやめとこうね」と私が言いました。(^_^;)

内容は簡単で、ぜんぶひらがなで書きました。

娘が、たくさん「まま、だいすきだよ」と書いてくれて、私はとっても幸せでした。
posted by あきやん Angie at 14:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 日本語ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

<音声付>つれづれ育児記録(末っ子1歳3ヶ月)

今回初めて、ブログ記事を読み上げたmp3ファイルをつけてみました。
日本語を勉強している皆さん、良かったら聞いてみてくださいね(*^_^*)
(最初に音声ファイルをアップロードしたとき、音量が小さすぎたので、少し音量を上げてアップロードし直しました。)



同じ年頃の子と比べると、歩き始めるのがずいぶん遅かった末娘。
1歳過ぎてもまだハイハイで、1歳2ヶ月ごろにようやく歩き始めました。
1歳3ヶ月過ぎた今、よちよちですが、よく歩くようになりました。
自分の足で立って歩けることがうれしくて仕方がないようです。

歩き始めるのは遅かったけど、知能の発達は早いほうだと思います。
思い当たる理由はいろいろあって、男の子と比べると女の子は知能の発達が早いというのもあるし、上に兄と姉がいるから、たくさん刺激を受けているというのもあるし、7人家族なので、常に誰かから話しかけられているというのもあると思います。
自分の周りで起こっている色々なことを小さいながらもずいぶんと理解しているように思えます。

ここ1ヶ月ほど、よく本を読んでとせがんできます。
娘のお気に入りの絵本を少し挙げてみます。

てん てん てん (0.1.2えほん)



どうぶつのおやこ (福音館の幼児絵本)



かお かお どんなかお


ばいばい またね―ゆうちゃんは1さい〈1〉 (ゆうちゃんは1さい (1))


一番のお気に入りは、"てんてんてん"。
てんてんてん てんとうむし
ぐるぐるぐる かたつむり...
と始まる短い絵本です。
娘も、自分でページをめくりながら、てんてんてん、とか、ぽっぽっぽとか言ってます。

これらの本はすべて、長女が0〜1歳のころ通っていた保育園が毎月1冊選んでくれて、買ったものです。
あそこで選んでくれた本はどれもすごく良い本ばかりでした。
posted by あきやん Angie at 00:49| Comment(8) | TrackBack(0) | 日本語ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。