2011年08月01日

英語サークル同窓会?

一昨日の夜から尼崎の実家に帰省しています。
昨日は引越し前までしていた英語サークルのお友達と久々に集まりました。
たくさんおしゃべりして楽しかった。

しかし、英語なしでひたすら日本語でしゃべってました^^;
次回は英語も入れましょう^^;

三時間あっという間に過ぎて、全然話し足りなかったくらいです。

次はいつ会えるかなぁ。

横浜でもこんな風になんでも話せる友達ができたらいいなぁ...
ま、それはぼちぼち...

昨日来てくれたみなさんほんとありがとね!

posted by あきやん Angie at 16:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 親子英語サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

親子英語サークルのホームページを作りました

母さんが〜夜なべ〜をして〜...

じゃないけど...


私の主催する親子英語サークル&教室のホームページを作りました。
(素人仕事で、ソースを見たらぞっとするぶっ細工なページですが、まぁそこはご愛嬌ということで(^_^;))

今までmixiのコミュニティだけを使ってたんですが、メンバー登録してくださった方しか内容を見られないので、新規参加を考える方にはちと不便。そこで、新しくHPを作ることにしました。

ママの子連れ英語サークル in 尼崎

新メンバー募集中です!!

親子英語サークル、ママの英語サークル、ママの英語教室、と大きく3種類に分かれます。
詳細はホームページをご覧くださいね。
場所はJR立花駅のすぐ近くです。

特に、親子の英語遊びに重点を置いた"親子英語サークル"は、久々の再開となります!
(ここのところは、ママの英語教室(初級クラスと中級クラス)と、中上級レベルのママの英語サークルだけ開催してました。)
久々の、"親子英語サークル"開始に、主催者の私自身がどきどきしてます。
メンバーさん集まってくれるといいなぁ。

興味をもたれた方、お気軽にメッセージくださいね (^^♪

また、親子英語サークルに興味のありそうな方が回りにいらっしゃったら、このサークルのことを紹介していただけるととってもうれしいです。

わきあいあいと、アットホームな感じのサークルです。
耳から目から、そして体を使って本物の英語に触れて、英語力アップをめざします。
サークルのメンバーさんとお友達になって、楽しみながら子供と一緒に英語力UPしましょうぴかぴか(新しい)
posted by あきやん Angie at 01:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 親子英語サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

新生ママ英語サークル第1回目終了

今月から、今までやってきたママ英語サークル(←もちろん子連れで参加!ママの単身参加ももちろんOK。)の運営方法を変えました。今までは、サークルとした上で、ママの英語レベルが、「上級および中級者」と、「初級者」に分けてしていました。今月からは、「上級者向けのサークル」、と、「中級初級者向けに教室」 との二つにわけました。

教室では、参加者のレベルに合わせて英語の絵本を読んだり、英語絵本オーディオブックを使った聞き取り訓練をしたり、ペーパーバックを丁寧に読んだり、ディスカッションしたり、子供さんも交えて英語の歌や手遊びをしたり、思いつくままさまざまなことをしています。サークルでは私は先生であることをやめ、一メンバーとして楽しむだけになりました、教室ではもちろん先生として一生懸命英語コーチをします!!(初級クラスと中級クラスがあります)


で、今日はその、私が先生の立場をやめる!と宣言してから初めてのサークルでした。

英語に対する情熱はそんじょそこらの人には絶対負けないママさんたちが参加してくださり、とても楽しいものになりました。
(今日は、LingQ仲間のcherryさんが初参加してくださいました♪cherryさんありがとうございました^^)
私も楽しい時を過ごせたとともに、みなさんから刺激を受け、もっとがんばろう!と思いました。
自画自賛ですが!? なかなかこんな刺激的なママ英語サークルはないと思います!
新しい出発をしたところで、これからおもしろい進化していくのではないかと私自身わくわくしています。

サークルに参加されたママさんの英語レベルですが、今日は私の気づいている限り、英検1級ホルダーが私を含め2名、準1級ホルダーが2名おられたことからも想像できるように、かなりレベル高し!でした。
でも、参加者の英語レベルに規制は設けていません。すでに英語が得意な人には、英語を使って楽しむ場として、これからもっと上達したいと思う中級学習者の方には、刺激を受けてもらう場として、それぞれがそれぞれの楽しみ方をしてもらえればと思います。
(でもやはり英検2級程度がぎりぎりOKレベルかなぁ...とは思います)

一方、教室の方は、超初心者の方から大歓迎です!みっちり英語力アップのお手伝いをさせていただきます。


兵庫県尼崎市のJR立花駅のすぐ近くで開催しています。
サークルも教室もまだまだ参加者募集中です^^
興味あるかたはお気軽にご連絡くださいね。

ミクシィのコミュニティで詳しい内容や参加費などごらんになれます。
ママの子連れ英語サークルin尼崎
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4015817

教室のほう、紹介するホームページを作りたいと思いつつ時間ばかり経ってます....
そのうち作らんと...
posted by あきやん Angie at 00:31| Comment(7) | TrackBack(0) | 親子英語サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

英語サークルを存続することにした

先日、このブログに、親子英語サークルを終了、という旨のことを書きました。
実際二つサークルをやっていて、そのうちの一つである幼稚園から小学生とそのママのサークル(教室)が終わったことをきっかけに、もう一つの、未就園児や赤ちゃんとママのサークルを今までのサークル形式ではなく、私が先生としてレッスンをする「教室」にすることに決めたのでした(来月から)。

サークルと教室の違い、いまいち私もよくわからないのですが、以下は私個人の定義です。
サークルは、仲間が集まって、何か活動をする場所。
講師役の人、リーダーがいるにせよ、その人だけが教えるという立場ではなく、みながそれぞれ学びあうという感じ。
会の参加費は、当然ながら安い。
(講師を他から招く場合は少し割高になる)
一方、教室は、講師が主導権をもってレッスンをする。参加費(授業料)はサークルよりは高くなる。
その分、講師が責任をもってしっかり指導する。

今までの私のサークルは、その二つの中間みたいな感じでした。
初級組みのほうは、私が講師としてレッスンをしてたので、どちらかというと教室。
中上級組のほうは、私が講師になって教えることもあれば、英語がすごく得意な人が来てくれた場合は、みんなで発信しあう、という感じ。
どちらも、サークルの段取りや運営は私が一人でしていました。
また、私の子供も一緒に参加してました。


で、今後教室にしていくにあたって、初級組は残して、中上級組のほうは、中級組にすることにした。
上級の人はわざわざ私に習いに来ることはないので^^;

でも、ここですごく心にひっかかることが......

教室にしてしまったら、もう英語が得意な人には来てもらえないんだ。ってこと。

英語が好きな人、得意な人、英語でそれぞれ色んな経験があって、今も英語を学び続けてる人。
そういう人が、小さな子供を連れて集まって、一緒に学びあえる場って、あんまりないと思うのですよね。
(実際なかったから私がここで作った。)

この場をなくしてしまうのはさみしいなと思った。

でも、実際のところ7月の時点では、中上級組の参加者がぐっと減ってたので、このまま続けても仕方ないのかなと弱気にもなっていた。

しか〜し。
8月に丸々一ヶ月お休みしている間、サークルに関する数件の問い合わせが。
そのうちの何人かが英語がかなりできそうだったり、海外経験が長かったり、とにかく、英語に関して普通じゃないぞ!って人だったの。

で、実際先週2人の方が来てくださって、
ほんとに英語が上手で、びっくりした。
私が講師役、というのもちょっとはばかられるようなお二方。

あ〜
やっぱ、いるんやん、こういう人。

地道に活動して行ってたら、続けてたら、ご縁があるんや、って。


やっぱ、サークル続けよう、と思った。

それで、英語を一緒に学びながら、子育ての話したり、実際その場で子供たちを遊ばせたり、子供へのバイリンガル教育について語ったり、子供と実際その場で絵本を読んだり、手遊びしたり、歌を歌ったり。
英語を使って、真のコミュニケーションが図れる場、英語が好きな人の出会いの場になれば、これ以上うれしいことはありません。


というわけで、初級と中級のクラスは、教室として運営していくことにして、
それとは別に、ママの子連れ英語サークルとしてこれからもサークルを続けていこうと決めたのです。

もちろん、子連れじゃなくて単身の参加でも大歓迎です。
英語がめっちゃ得意じゃなくても参加していただいてもちろん結構です。
ただ、サークル中は基本的に英語オンリーです。
(といっても、うーん、これは英語でどういうんだろ!?とか言う時は日本語が飛び交いますけど、それはOK.)
日ごろ英語を学んでいて、それをアウトプットして、実際のコミュニケーションとして楽しもう、というのが趣旨です。

あ、あと、英語のペーパーバックを精読するので、日本語訳がでます。
でも、これは毎週開催の今月だけで、
来月からは回数を月一か月二に減らすので、本の1章を丸々読んできてもらって、その内容について英語で話し合おうと思ってます。
一方で、教室の中級組では、今まで通りこの本をしっかり和訳しながら精読していこうと思います。
子育て中のママにとってとても興味をもてるし、学ぶことの多い内容なので、英語を勉強しながら子育てや人間関係についても学べて一石二鳥だと思います。

本はこれです↓


Children Learn What They Live: Parenting to Inspire Values

(うぇ〜〜ん、残念ながらKindle版はありません。Kindle版求む!!!)


サークルとは別の、教室のほう、初級組では、英語に苦手意識を持っている人の苦手意識を取り除けるように。語彙をたくさん増やせるように、英語を話す訓練ができるように、と思っています。
中級組では、今ひとつ英語学習に関して伸び悩んでいると感じている方の勉強法を改善するお手伝いができればと思います。初級、中級両方とも希望があれば、TOEICや英検対策もしたいと思います。
クラスの前半では、ママの英語の勉強。後半では、子供と一緒に絵本を読んだり、手遊びしたり、英語の歌を歌ったりします。

子供に英語ができるようになってほしいというお母さんの多くに、
自分が英語で苦労したから、自分が英語ができなかったから、という方がいらっしゃいます。
英語が重要だということはわかってる。だから子供には英語ができてほしい。
私はできなかったけどね、って。

その考え方はもったいないと思います。

子供と一緒に本物の英語を学ぶことで、お母さんの英語力は飛躍的に伸びるはずです。
そして、子供さんの英語学習を常にお母さんがサポートしてあげることで、子供さんの英語は確実に身についていくと思います。
(週に一度英会話教室に行っただけではとてもじゃないですが、英語は身につきませんよね....)

お母さんの英語力をまずは伸ばす!というのが長い目で見ると子供さんの英語力向上に決定的な役割を果たすと思います。
お母さんが自ら学ぶことで、子供の英語教育に関して何をすればいいのかが見えてくる、とも思います。


いかん、また長文になってしまいました(><)

そういうわけで、

英語がある程度以上できる人の出会いと交流の場、英語を実際使う場、そして英語学習に関する更なる自己研鑽の場、として機能する「サークル」

と、

親子で英語を学びつつ、ママの英語力向上に重点をおく「英語教室」

の二本立てで来月からは行こうと思います。

やってる内容は、今までとそう変わらないのですがね。
私としては、自分のやることがはっきりしたので、よかったです。


来月からもがんばります。

参加してみたいな、というかた、お気軽にご連絡くださいね!

ここへのコメントでもけっこうですし、メールでも、ミクシィからでも何でもけっこうです。
メールはakikotsu☆gmail.com です。
(☆をアットマークにかえてください)

サークルの普段の意見交換や参加表明などは、ミクシィのコミュニティを使っています。
参加承認制になってますが、よろしければご参加ください^^

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4015817


またもや長文すみません。

でも最後にもう一つだけ付け加えさせてください。


外国語がすでにできる人はよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜くわかってると思いますが、


言葉って、
人に教えらてできるものではないんですよね。


自ら、たくさん聞いて読んで、吸収して、真似して、そうやって自分の言葉になっていくのですよね。


英語の勉強法なんてのも、何も難しいことはない。

ただ、たくさんその言葉に触れて(文化や、ちゃんと意味のある内容をともなった素材を使って)いく中で、自分が理解できる、自分が使える語彙を増やしていく。

それと同時に、各言語を超えた、人間同士としての、コミュニケーションの術を学んでいく。


誰かにあつらえてもらった教材をしたり、先生の講義を聞いたり、
それだけじゃ、ぜったいその言語は身につかない。


自分から求めないと。
自分からその世界に入っていかないと。
自分で学んで、吸収して、大きなルールなどを見つけて初めて身につくのだと思います。


学ぶのは、本人です。
本人しか学べない。

そして、私はその学びのお手伝いができれば、と思っています。


情熱と、時間と労力をかければ、誰でも英語はできるようになると思います。
そういう私の英語は完璧じゃないけど、少なくとも毎日いいほうに進化しています。
これからも学び続けていきます^^

ここまで長文読んでくださった方、ありがとうございました。
posted by あきやん Angie at 01:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 親子英語サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

大きい子組親子英語サークル終了

あっという間のような、ものすごーく長いような4年間でした。

私の思い出いっぱいの英語サークル(大きい子組)、本日終了しました。


4年前、長男が5歳、長女が2歳の時、親子で英語を学んでいる人たちはいないのかな?そういう人たちが集まるサークルが近所にないのかな?と探したものの、見つからなかったので自ら立ち上げました。

紆余曲折、試行錯誤、失敗したり、成功したり、泣いたり笑ったり。

たくさんの出会いもありました。
多くの人に支えてもらって、ここまで来ることができました。

私も、英語はまーそこそこできますが、教えるということは素人。そんな私が、英語を教えるということについて、我流ながら色んな方法を考えたり、調べたり、みんなを実験台に(!?)試して、うまくいったり失敗したり... そうやって私自身学ばせてもらいました。

メンバーさんもすばらしい方に恵まれ、私ってなんて幸せだったんだろうって思います。

特に、最後まで一緒にがんばってくれたみちさんとまみっちさん。
みちさんは4年前のまさに第1回目から来てくれました。
まみっちさんは会場をうちの自宅に移してすぐのころからずっと。
二人ともほんとうに今までありがとう。
どれだけ感謝してもしきれません。

お二人以外のみなさんもほんといい人ばっかりでした.......

サークルを終了することになったきっかけは、まみっちさんが卒業を決心されたこと。
まみっちさん自身英語がよくお出来になり、おうちでもすごく親子英語をがんばっておられて、私も特にこのごろは、わざわざうちに来てくれなくてももう大丈夫だよなぁ〜とは思ってました。
で、娘さんも来年幼稚園年中で入園だし、習い事も他に忙しくなるし、そろそろうちは卒業、自分たちでやっていく、ということになりました。
これは、ちょっとさみしいけど、ほんとにうれしいことでした。
そして、まみっちさんが抜けて、みちさんとうちとこになるのですが、それだったら、もうサークルは解散ということで、それぞれが、それぞれの子供にあった内容でしていこう、ということにしました。
私はみちさんのお子さんには、今まで続けたことを無駄にしないためにも、ネイティブの先生のレッスンを今後は受けたら良いと思ったので、そう提案しました。多分そちらに進まれると思います。

そして、うちは、小3長男と幼稚園年長の娘の英語力の差がかなりあるので、それぞれ別々に私が教えることにしました。

みんなこれからは別々になるけど、それぞれががんばって時々経過報告しようって約束しました。
そして、時々同窓会しようね!って。
今日の最後のレッスンは夏休み中なので午前中にしました。
前回やったことの復習を少し最初にやった後は、リクエストデーと称して、今までやった歌(もう、ほんとに今まで何曲やったんだろうね!?!?!?数え切れないんじゃない!?)をいくつか歌ったり、好きなゲームをやったり、楽しみました。
英語だけでみんなかなり理解してくれて、英語で答えることもかなりできました。
みんなの成長を感じて本当にうれしく思いました。

レッスン後、みんなでマクドナルドでお昼を食べました。
その後、またうちにみんなで歩いて帰るときに、なんと、教室に少し前まで来てくれていたともちゃん親子にばったり!! なんという偶然。

ほんと、絶対同窓会しなきゃ、だね。

今までこられてた方、ここ見てくれてたら、ぜひ今後同窓会する時には来てね!


さぁて。
これで我が家の上の二人の英語学習のペースメーカーとなってくれていたサークルがついになくなってしまいました。
これからは、私自身のself-disciplineでやっていかなければ.....!!!!

あ、それから、午前中にやってる、ママと赤ちゃんや小さい子の英語サークルはずっと続けて行くつもりです。でも、こちらも10月からは、サークルという名称ではなく、親子英語教室、という名称に変えます。
私自身、「サークルで講師役をやってるあきやん」ではなく、「親子英語教室で講師を務めるあきやん」に変わります。
私の気持ちの問題ですが。
10月からの詳細が決まりましたらこちらでも報告(宣伝)させていただきますので、興味のある方はぜひ連絡くださいね^^



話がまた元に戻りますが、
今日はみちさんとまみっちさんのお二人からゴージャスな花束をいただきました。
まさかそんなサプライズをいただけるとは思ってもみなかったので、もうびっくりしてしまいました。
レッスンを(といっても、リクエストデーでかなり遊んでましたが)必死のパッチでしてたので、その緊張感が続いていたせいか涙は出ませんでしたが、胸がいっぱいになりました。ありがとうしか言えなかった。

来週の木曜日が近づいて、あ、教室の準備、って思って、あ、ないんだった、って思った時くらいに涙でるんだろか...


ともかく、
今日は私の英語サークル人生において、大きな節目の一日となりました。
一生忘れないだろうな。
posted by あきやん Angie at 20:28| Comment(9) | TrackBack(0) | 親子英語サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

うちの英語サークルで読んでいるペーパーバック

うちでやってるママの子連れ英語サークル。
初級と中上級の二組に分けています。
どちらの組でも、毎回お題を決めて英語でおしゃべりしたり、英語の絵本を読んだり、絵本の朗読(ネイティブの...CD音源)を聞き取りしたり、英語の歌を子供と歌ったり、手遊びをしたり....などなどしています。
それプラス中上級の方では、ペーパーバックの精読をしています。

その本はこれ。

Children Learn What They Live: Parenting to Inspire Values


「子供が育つ魔法の言葉」という題名で邦訳が出ているのでご存知の方も多いかと思います。これの原書を読んでます。
子育て真っ最中のママにはとてもためになる本です。
サークルでは、毎回2ページずつくらいのゆっくりペースで進めているのですが、その短い範囲でも毎回なるほどなぁとうなずいたり、己を省みる機会を得たりします。

子育て(そしてそれはつまるところ自分育て)、子供や家族への接し方、などすごくためになると同時に、英語の勉強もできてしまう。
またこれが、いい英語表現が満載で。
あぁ、ネイティブはこういう言い方をするんだなぁ。この言葉はこんな風に使われるんだ。私もこの言葉使ってみよう、などなど、いつも新たな発見があります。

ちなみに私は以前に一度この本を多読式に辞書なしで読んでいるのですが、今回しっかり辞書を引いて、あいまいなところがないように読んでいるので、一粒で二度おいしさを味わっています。
サークルのメンバーさんが時々するどい質問をしてくれるので、しっかり読んでいかないと(^_^;)
緊張感をもって予習できるので、参加してくださる方々はもちろん、進行&
講師役を務める私にもとても勉強になります。

この本はもちろん英語圏の読者向きに英語で書かれた本です。
学習者向けに作り変えられた英語ではありません。
本物の英語ですが、題材が子育て中のママには身近なものなので、理解がしやすいと思います。英検2級レベルで大丈夫と思います。(最初はちょっとしんどいかもしれないけど、慣れてくると思います^^)
また、章ごとに話が完結しているので、新しくサークルに加わった方が、最初から読まないとわからない、ということもありません。

というわけで、尼崎近辺で英語サークルをお探しの英語好きなママさん、うちのサークルに参加しませんか?
子連れ参加OK!(ママの子連れサークルってのが名前ですから当たり前ですが)、子供さんが幼稚園や学校へすでに行かれていてママの単身参加もOK(実際そういうメンバーさんもいらっしゃいます♪)。

このブログでメンバー集めはめったにしないのですが、中上級組の人数が少ないので、ここで募集させてもらうことにしました。
英語のペーパーバックを読んでいる、英語でディスカッションしてるとか書くと、うわっ、難しそう!と思われて敬遠されてるのかなぁ〜。
ペーパーバックの予習では、わからないところがあれば、印をつけておいて、サークルに来て質問してもらえばよいのです^^
また、参加者の方は、英検準1級の方もおれば、2級の方もおられます。若干レベルは違えど、みなさんがそれぞれ何か得るものがあると思います。
難しそう!?と思わずに、だまされたと思って(!?)一度お気軽に参加してみてください!

初級組のほうは、中上級組ではちょっとシンドイ!と思われた方に参加してもらってます。こちらもみなさん英語に対して積極的で毎回盛り上がってます^^

というわけで、興味をもたれた方はコメント、メール、mixiメッセージなどください(*^_^*)

サークルのmixiコミュニティはこちらです。
(子供のことなど私的なことも書いていますので、一般公開はせず、承認制にしています。)
[mixi] 子連れママの英語サークルin尼崎
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4015817

ちなみに、8月いっぱいはサークルはお休みです。
9月から再開します。

新しいメンバーさん増えて、それぞれがもっともっと良い刺激を受けあえたらいいな〜♪
posted by あきやん Angie at 01:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 親子英語サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

うちでの「英語で遊ぶ会」をひとまず休止

私、英語サークルを3つ主宰しておりました。
一つは、ママと未就園児のサークル(ママの勉強が主体)、もう一つは4歳〜小3までの子供とママが参加する親子英語サークル(教室)、そして残る一つが、「英語で遊ぶ会」。

この遊ぶ会を無期限で休止することにしました。
このサークルのMixiコミュニティも、たたむなりなんなりしないといけないな、と思いつつ何ヶ月も放置状態でした。

もともとこのサークルを立ち上げたきっかけは、ブログを通じて知り合ったまりやんさんが、熱心に親子英語をされていて、二人のお子さん、特に上の幼稚園児の息子さんの英語がかなり高いレベルにあったこと。そして、まりやんさん親子がうちから電車の駅一駅の近くに住んでいたこと。
英語を家庭やスクールで学んでいても、なかなか実際に使う機会がない、と思っていた私とまりやんさんは意気投合!
せっかくだから、サークルを立ち上げて定期的に親子英語をしている人たちで集まろう、ということになりました。

しかし、実際集まってみると、しっかりアウトプットの段階に達している子供たちはなかなかいない。。。
また、けっこうアウトプットができる子でも、英語がほとんどできない子供たちと遊ぶとなると、どうしても英語のスイッチは入りにくい。
あと、私の大きな発見は、「うちの子、まだアウトプットするレベルに達してないや〜ん!!」

そうこうするうち、集まりは数回で終わり、私自身がこの遊ぶ会のサークルに対する情熱と、サークルをやっていく意味を失っていました。

私自身は、「自分の子供はまだまだアウトプットの段階に来てない、まだまだ地道なインプットをしていこう。アウトプットはあせらなくていい。」と思うようになりました。
(詳しく言えばまだまだ書き足りないのですが、大まかに言うとそういう感じ。)

で、今回サークルの休止を改めて発表させてもらいました。
こんな結果になったことが少々寂しいですが、よいこともありました。一つは上にも書いたように、自分の子供の英語レベルをある程度客観的に見られるようになったことと、子供の英語習得に関して少し持っていた、あせりのようなものがなくなったこと。
もう一つは、このサークルを通じて新しい出会いがあり、それが新たなサークルの誕生に結びついたこと。
まりやんさんの他にmimuさんというとても熱心に親子英語をされている方がこのコミュに参加してくれました。
うちでの遊ぶ会ではまりやんさんとmimuさんは実際に会うことはなかったのですが、最近になってお子さんともども会われました。
どちらのお子さんも英語をかなり発話されます。お子さん同士が会って遊んだら、英語発話のみが出てきたそうです!
これぞ英語で遊ぶ会ですね。やっぱりこのレベルではないとやる意味がないと思います。
今後もまりやんさんとmimuさんたちは定期的に遊ぶ会を続けて行かれるそうです。
阪神間で親子英語をされていて、子供さんがせっかく学んだ英語をアウトプットする場がないと思われている方、いらっしゃったらコメントください。まりやんさんとmimuさんにご紹介させてもらいますよ。

話は少し変わります。
今回改めてこの遊ぶ会のコミュを休止したことで、我が家の親子英語に対して色々考えました。
それと同時に、英語指導者としての自分についても考えました。

もし、この遊ぶ会に英語の母語話者がいればどうだったか?
英語をたくさん発話して、ぐいぐい子供たちをひっぱっていってくれたはずです。
まだ大してアウトプットの段階にない子供たち(特にうちの子供たちのレベル... けっこうわかるけど、積極的に自分からは英語を話さない。でも英語で問いかけられたら、なんとか答えるはず。)
しかし、私にはこれができなかった。
日本語のほうが楽に通じる子供たちやママたちと一緒にいて、どうしても英語のスイッチが入らなかったのです。
うちのメインの二つのサークルの場合は、私が英語を教えるという立場にあるので、びしっと英語のスイッチが入るんですが、先生の立場でもなんでもない「遊ぶ会」においては、どうしても、単なるK君Aちゃんのママ(日本人)、になってしまって。

私はこうやって英語サークルを主宰して、曲がりなりにも英語を教えさせてもらってます。
でも、英語教育に関する教育は何も受けていません。
頼っているのは自分自身。海外生活での経験や、自分自身がどうやって英語を学んできたかということと、今も、この先もずっと試行錯誤しながら学び続けて、自分の英語を上達させようとしていること。
その中から、英語が苦手な人や、伸び悩んでいる人がどうするべきか、助言や助けができると信じています。

しかし、私の英語力、やはりどうしたって、母語話者からは程遠い。

でも、できるだけ母語話者に近づきたい!って今回改めて思いました。
もちろん私のアイデンティティは日本人です。
今までどおり、自分の学習経験やこれからもがんばるということをいかしつつも、もっとネイティブに近づけるように、どんな場合でも英語のスイッチが入れるようになれるようにがんばろう!と思いました。
日本人だからこそできるニッチなところがあると思います。
one and onlyで、indispensableな先生になれるようにがんばるぞ!!!

新しい目的ができました。まだまだ先は長いけど、がんばります!!!

こうやって新しい目的が見つかったことも、友達とのかかわりのおかげ。まりやんさんmimuさん、ありがとう!!
今は私たちちょっと通る道筋は違うけど、目指す目標地点はきっと同じ!これからもよろしくお願いします!
がんばろうね^^

追伸:
自分の子供たちとの家での英語への取り組みに対しても、新しい目標というか、やり方が見えました。これについてはまた改めて書きたいと思います。
posted by あきやん Angie at 14:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 親子英語サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

子連れ英語勉強サークル初級組、第2回終了

私がうちで開催しているサークルの一つに、ママたちが子連れで参加する英語勉強会があるんですが、参加者の英語レベルがかなり高いので、英語に苦手意識がある人にはなかなか参加しづらかったようです。

そこで、初心者クラスを新しく作りました。
それの2回目を今日開催しました。

今日は4名参加と、こぢんまり、わきあいあいと開催しました。

楽しかったです♪

前半ママの勉強タイム、後半は子供と一緒に英語で歌ったり、手遊びしたり、体を動かしたり。

ママの勉強タイムでは、ディスカッション(っていうと難しそうに聞こえるけど、要は、英語でおしゃべり、です。できる範囲の英語で。わからない時は日本語も交えてOKです。)と、絵本をじっくり読む(CTP絵本を使って、まずは音声から聞いてもらい、ディクテーションののち精読しました)、子育て表現コーナー(こんな時どういう?!)。

みなさん、学ぶ態度が積極的!すばらしい。
私は教える側の立場ですが、毎回私も何かしら学ぶことがあります!

参加者のみなさんの英語、どんどん伸びそうな予感です。
初級組、思い切って作ってよかった。

この初級組サークルですが、参加者枠にまだ空きがありますよ〜
尼崎市で開催していて、主に尼崎の方が参加されてますが、隣の西宮市や大阪市からもいらっしゃってます。
サークルの詳細や、メンバーの意見交換はmixiを使って行ってます。
興味をもたれた方、参加ご希望の方はmixiのコミュニティをごらんになってください。
Mixiコミュニティ:子連れママの英語サークルin尼崎
posted by あきやん Angie at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 親子英語サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

ボケ多発

私に実際に会ったことのある友達はみなさん良くご存知だと思いますが、
私って、かなりの、ボケです。

そのボケがこのところかなり悪化してます(-_-;)

毎回英語サークルで何かしら忘れてます。

昨日は午前のママのサークルで開始時間を15分早めることになっていたのに、すっかり忘れていた。

今日は、午後の親子教室で、メンバーさんが曜日振り替えをするのが明日と思い込んでいた。明日振り替え来るやんな〜?と聞いたら、メールで連絡したよ......と言われ、え?メールに私気づいてなかったんかな?と言うと、ちゃんと返事もらったよ。かなりちゃんとした内容の返事を....

ぞーーーーーーっとしますな。

携帯を見直したら、おぉ、このメール読んだ読んだ。返事もした。

忘れてたんかい、わし!

ぞーーーーーーっ。
脳みそ腐っとるのかも(汗)

やさしいHちゃんママは、忙しいからですよ〜と言ってくれたが(ありがとう)

脳みそのメモリがすくないですな〜〜〜!
パソコンやったら、RAMをさっとさしたいとこですけどもねぇ。
(いまどきそんなことせーへんか)

いやはや。

これからこういうことは、色ペンで、レッスンプランや実際やったことを書いてるクラス別のノートにちゃんと書いて目立つようにしとかなあかんわ。

そういうわけで、ワタクシ、以前にましてかなりボケが入っていますが、私が何か忘れていることに気づいた方は、教えてやってくださいね.....

ちょっと、このところ、生活が乱れとります。
ママサークルを一日増やしたので、サークルの準備時間とサークルの時間が必要になってくる。それ以外の分をうまいことまわしていかんと!

友達は、あきやんさん忙しいのにごめんねーとか気を遣ってくれることが多いのですが、
けっこう、暇な時間もあるねん。
だらだらネットしてたりするし。

なので、もうちょっと時間管理をうまくやればまだまだいけるはずだ!
で、ボケな失敗を減らさないとなぁ(^_^;)

唯一の利点は、あ、こんなアホな人でも英検1級受かったり、TOEIC950取ってたりできるんやったら、私にも絶対できるわ!と思ってもらえることかな。うん。
みなさん一緒に「楽しみながら」がんばりましょうねぇー。
posted by あきやん Angie at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 親子英語サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

ママの子連れ英語サークルin尼崎 初中級クラス新設

う〜〜〜ん、書きたいことがいっぱいあるんですが(LingQのこととか)まず最初にこの告知から書かせていただきます。

うちでやってるママとちびちゃんの英語サークル(どちらかというと重点はママの勉強に置かれてます、んで、正式名称は、ママの子連れ英語サークルin尼崎)の、初中級者向けのクラスを新設しました。

というのもですね、現在まで毎週火曜日に開催していたサークルに参加希望の方が増えたのです、ありがたいことに。

で、今までの参加者の方、英語がかなりできる方が多いんです。
なので、英語に苦手意識のある人にはなかなか参加しづらいところがあったようです。

でも、私は、英語に苦手意識のある人の苦手意識打開のお手伝いがしたい!!!だって、正しい方法で学んだら絶対英語できるようになるもん。
苦手なままいるってもったいないよ。
しかも、その人たちはみんな親子英語をすでにしていたり、これからしようとしている人ばかり。

だったら、なおさらもったいないやん!
ママも英語得意になろうよ!

というわけで、週1回初中級クラスを設けました。
まだ空きがあると思いますんで、興味あるかたは、mixiのコミュをのぞいてみてくださいね〜。
mixiしてない方は招待状送りますのでお知らせくださいませ。

ちなみに、3月は金曜開催で、4月からはたぶん月曜開催になると思います。朝10時〜11時15分です。
posted by あきやん Angie at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 親子英語サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

人気絵本:Walking through the jungle

子供たちの食いつきがよかった絵本(*^_^*)


Walking Through the Jungle (Sing Along With Fred Penner)


Walking though the jungle.
What do you see?

I think I see a lion,
ROAR, ROAR, ROAR!!
chasing after me!

ジャングルにライオンはおらんやろ、ライオンは草原やろ?と小学生の息子が突っ込むがまぁそれも計算済み?

ジャングル、海、山、川、砂漠......と
女の子がいろんなところを探検して、いろんな動物をみつけます。
それぞれの動物に追いかけられて、最後のオチもかわいいです。

What do you see?
って聞いたそのページの絵がどれもカラフル!
そして、I think I see a lion.とか、主人公の女の子が言う動物以外にも、見開きページには他にもたくさんの動物が!
子供に質問をなげかけると(←本文自体が質問形式だからね。)、絵をみた子供が、○○もいる!△△もいる!とたくさん答えてくれます。

とっても楽しい絵本です。
子供との対話が弾みます。

私が買ったのはCDつきのもの。
この歌が、メロディーがまたキャッチーで、繰り返しが多く、子供たちも大人も自然と口ずさんでしまいます。

買ってよかった!と思う本の一冊です。おススメです(*^_^*)
posted by あきやん Angie at 11:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 親子英語サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

親子英語サークル(教室)、参加者募集のお知らせ

うちでやってる親子英語サークル(親子英語教室と呼ぶかどうかいまだに迷っている(^_^;))のメンバー募集です。

毎週木曜日の4時〜5時のクラスなんですが、
一家族、引越しされまして(T_T)、欠員がでましたので、新しいメンバーを募集しています。(1、または2親子)
子供の対象年齢は、幼稚園年少〜年長です。
(この中にうちの小2の息子も入ってるので、一応小学校1,2年生でもOKと思います。)

参加の子供たちは1年来てくれてる子もいれば、サークル発足当時から3年も来てくれている子もあり。
レッスンの内容は、特定の教材を用いず、私がおもしろいと思ったものをいろいろと取り入れながら実験的にやってます。(歌だったり、TPR的なものだったり、絵本だったり....いろいろです!私は英語のネイティブスピーカーではありませんが、子供のインプットには、かならずネイティブスピーカーによる音声を用いることにしています。歌や、絵本の朗読など。そして、それらの教材は、英語学習者向けに作られた、作り物ではなく、英語が話される国の子供たちが実際に読んだり聞いたりするものをなるべく使うことにしています。)
英語に触れるのがはじめての子でも、数年勉強してる子でも、それぞれが得るものがあると思います。

なので、参加される子供さんの英語のレベルは特に問いません。
興味ある方は一度体験してみてください。

ただ一つ参加条件があります。
それは、

うちのサークルは、ママと子供が、親子で参加するものです。
参加してくれるママには、子供だけ英語ができるようになったらいいや、と思わず、むしろ子供より自分のほうが英語をもっと学びたい!または、すでに英語が得意な方でも、もっと英語が上手になりたい!と思っていていただきたい、ということです。

子供は正直なので(^_^;)、ある日はとてもノリノリでサークルに参加してくれても、別の日にはしんどかったり、気分が乗らなかったりで、その辺に寝転がってたりすることもあります...(-_-;)
そんな時には、ママがしっかりサークルでやったことを覚えて帰って、家で子供が機嫌のよいときにやってみてください。
また、サークルでやったことを、幼稚園や保育園の行きかえりだったり、お風呂に入ってるときだったり、寝る前だったり、ふとしたときに、口に出したり歌ったりして復習してみてください。
週1回レッスンにでて、はい、終わり!じゃなくて、こうやって、日々の暮らしに英語をとりいれて、親子で楽しみながら英語を吸収していくことができる、というのが、親子参加型の一番の利点です。

興味をもたれた方は、コメントまたはメールにてお問い合わせ下さい(*^_^*)
hanaikaoru2☆hotmail.com
(☆を@に変えてください)
場所や費用など、詳細はメールにてお知らせします。
posted by あきやん Angie at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 親子英語サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

出会いいろいろ

先週から今週にかけて、ネットで親しくなった人とついにご対面〜!がありました。

○出会いその1

まずは、まりやんさん親子。
今月、めでたく第1回が開催された、新しいサークル(英語で遊ぶ会)を立ち上げるきっかけになってくれた方です。
残念ながら長男君の風邪で第1回には来られなかったのですが、先週、うちの別のサークル(英語のレッスンのほう)に遊びにきてくれました。
ネイティブの先生にマンツーマンでレッスンを受けてるだけではなく、おうちですごく熱心に英語をされてるまりやんさん家。(ママだけでなくパパも熱心というのがすごい!)
長男君はうちの真ん中娘と同い年。
英語の本も読むし、英語をけっこうしゃべるということで、私だけでなくサークルのみんなも興味津々で、早く会いたい〜!って思ってました。

会ってみて...
うん、たしかに!
私が英語で話すことを良く理解して、英語で返してくれる。
初対面でちょっと恥ずかしいところもあったと思うけど、そんなことはなんのその〜
日ごろのおうちでのママパパの努力の結晶ですね〜
感動しました。

同じく、最近サークルにきてくれているkanaさんとこのお嬢さんもすごい。赤ちゃんの時から英語育児されていただけあって、かなり積極的に英語をしゃべってくれます。

遊ぶ会をひっぱっていってくれそうな二人です。この先が楽しみだなぁ〜。

○出会いその2


LingQ仲間のみなさ〜ん。
私、今日Leonieさんにお会いしましたよ〜ん。

いつもLeonieさんの、関西弁ギャグ満載おもろ文章を読ませてもらってて、勝手にLeonieさんのイメージを作っていたのですが、ぜんぜんちゃうかった...!
すらりと知性的な素敵な女性でございました。
どないしたらLeonieさんの長男君みたいにかしこい子が育つんかなと思ってましたが、なるほど、Leonieさんに実際お会いしたら、それもうなずけるな〜。

そして、シドニーさんにも今日お会いしました。
Leonieさんと同じく今日うちの子連れママ勉強会にお越しくださいました。
以前に一度お会いしたときからなんと3年もたっていてびっくりしました.....!
サークルの間、私は英語を話しつつもついつい日本語が出てしまうのですが(^_^;)、シドニーさんは徹底して英語を話されるのですごいと思いました。


今日の子連れママ英語勉強会が、今年最後のうちの英語サークルとなりました。

親子英語サークルをはじめて3年以上たちましたが、今年の2月に、ママと赤ちゃんの英語サークルを開始して、それが、子連れママ英語サークルに発展、そして、今年最後の月になって、日ごろおうちで英語を学んでいる親子が集う, 英語で遊ぶ会を発足し、全部で3つのサークルをもつことになりました。
3年前には想像もできなかったことです!
サークルを主催させてもらって、すごく楽しいです。
良いメンバーさんが集まってくれてありがたいです。
毎回サークルを終えるたびに、あぁ〜、もっと英語上手になりたい!もっと英語を学びたい!と思います。
毎回良い刺激をもらって、私の英語学習のやる気アップにつながっています。
来てくれるみなさんにほんと感謝感謝です。

来年も、ぼちぼち、進化していきたいです(^0^)
posted by あきやん Angie at 23:28| Comment(9) | TrackBack(0) | 親子英語サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

教室でJazz Chantsを導入してみて気づいたこと

Jazz chantsネタが続きます。

少しずつ、自分の子供たちや、自分の英語教室で導入してます。

やってみて思ったこと。

1. 子供の記憶力はやっぱすごいなぁ〜(若いっていいなぁ)
2. ちょっと難しいんじゃないの?って私が思っても、子供には意外とOKだったりする。
3. レッスン中にイマイチな反応をしたと思った子供が、実はよく聞いていた。

以下、説明を加えますと、

1.の、子供の記憶力はやっぱすごい。
これは、言わずもがなですね。
英語の知識はアタリマエですが、私のほうがずっとたくさんもっていて、英語を話す能力はもちろん私が上です。
が、新しいことを吸収する能力は、子供たちがだんぜん上。
よく覚えてます。
チャンツ、Jazz Chantsの本からじゃなくて、英語教室のレッスンで使ってるLongmanの赤のpicture dictionary (young children向きの)の、unitごとに、チャンツが入ってるんですが(Carolyn先生のね♪)、それ、ただ名詞を羅列してるだけって感じのものがほとんどなのです。
そんな無秩序に並べられても、あたしにはその順番は覚えられないわよ....なかなか.....
しかし、子供たちは覚えているのですね〜
感心しました。
私が見ることのできる、子供たちのもつ可能性がまたひとつ広がりました。

2. Jazz Chants の、"Shoes and Socks"。
"What do you wear on your head?" - "A hat!"
というようなかけあいが続くのですが、この質問部分は子供たちにはなかなか覚えられないだろうと思っていたのですが(子供たち、うちの8歳と5歳)、意外とすんなり覚えて暗誦してました。
へぇ〜。
ちなみに、1,2,3,4と手拍子しながら、What do you wear, what do you wear, what do you wear...と前半だけ続け、
次に on your head, on your head, on your headと後半を歌い(歌ではないか...), なれたところで、what do you wear on your head? と一文一気に行きました。

3. レッスン中にイマイチ反応の悪かった子供が、実はよく聞いていた。
うちのレッスンに来てくれているY君(5歳)のエピソード。
先日レッスンでShoes and Socksをしたとき、ぜんぜんのってきてくれなかったので、あ〜、ちょっと難しすぎたんかな?いきなりやったかな?一回目やし、ま、徐々になれていったら乗ってきてくれるかな〜、くらいに私は思っていた。
そしたら、あとでY君ママが教えてくれたのだが、家に帰って、ママが、
"What do you wear on your head?" って言ったら、
"A hat!"って続けてくれたんだと。
聞いてたんだね〜(*^_^*)
続けて"What do you wear on your hands?"
で、"Glove"
って言ったから、ママが手袋は二つの手にするから、二つあるからGloveSだよ、って直してあげたそうだ。
すばらし!
これこそが、親子レッスンの最大の強みなのですね。
レッスン中に子供が理解できていなかったり、注意が他に向かってしまってたりした場合、ママが学んで帰って、家に帰ってから次のレッスンまでの間、ママが先生になって(っていっても、さりげなく、ね♪)フォローしてあげることができる。
外国語習得なんて、真似してナンボ、繰り返してナンボ。
家でさりげな〜く、何度も繰り返して自然と復習。それができるのは、ママ(またはパパ)。
週に1度会う先生だけじゃとてもできません。
先生と親の共同作業で結果がぐーんと変わると思う。

そして、レッスンの時に、あるママが「次回には、それぞれ自分のhatとgloves持ってきたらどう?」って提案してくれた。
私がレッスンの時、hatとglovesをひとつずつ用意して、うちの娘に付けさせて実演したのですが、そのとき、うちの娘がとても楽しそうだったから、次はみんなでそうしたらいいんじゃない?って思いついてくれた。
そういう意見をくれるんです、うちのメンバーさんは。ありがたいわぁ。
あ、あと、メンバーさんで思い出した。
この、Shoes and Socksを初めてやったとき、レッスン後にママたちと話していて、私が、このチャンツ難しすぎたかな?スピードが速すぎたかな?って聞いたら、みんな、そうでもないかもよって言ってくれて、一人元児童英語講師だったママが、「子供は早いの好きだからね〜」と言った。
そういわれれば、ほんとそう!
こちらが、これはちょっとchallengingなんじゃないの〜?と思うものも、子供は意外と順応して行くのです。
はぁ〜。
まだまだ英語を教える立場では未熟者の私、日々発見、日々精進です!


で、話は変わりまして、我が家の親子英語。
我が家では、ここんとこ、お風呂が英語タイムです。
サークル(10月から、お月謝制にしたのでもうサークルではなく英語教室になったのだけど、未だにサークルと呼びたい。)でやったことを思い出す場にしてます。
内容は、もっぱら歌!
歌はいいわぁ〜。何度も歌えるし、速さがあるから、自然なリズムが身に付くし。
以前も、お風呂の時間は英語を話そう!とか思ってたのだけど、私がどうも気分が乗らない時がある。子供はもちろん自然体は日本語だから、私が英語で押していかないと子供は英語モードにはとてもならない。
でも、歌やチャンツを声に出していくと、自然に英語モードになれるんです。
で、英語モードになったら、しぜんと会話が英語になる。
お風呂場は他に気が散るもののない閉鎖空間だから、英語復習の場に持って来いだなぁ、と最近改めて思いました(^^)v

ここんとこずっと言ってますけど(^_^;)、もう一回言わせて。
音楽はいいわぁ〜。
posted by あきやん Angie at 22:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 親子英語サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

ジャズチャンツって良いですねぇ

今日は、生まれて初めて、英語の先生向けのワークショップに参加してきました。
ジャズチャンツのセミナーです。
午前10時から午後4時半までの、充実したセミナーでした。

ものすご〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜く楽しかったです。
キャロリン先生ももちろん、ジャズチャンツユニオンの先生がたのプレゼンテーションもとっても勉強になりました!!
先生方からパワーをいただいた気がします。

子供が当日熱だして参加できなくなったら参加費がもったいないなぁ、とか、一日離れて末っ子は大丈夫だろうかとかいろいろ考えて、参加を躊躇してましたが、参加してよかった!!

ジャズチャンツって、すごくいい教授法だなぁと思いました。
音楽ってほんといい。
英語は、特に話すときのリズムが大切だから、音楽を使うことがとても効果的だと思いました。
楽しいし、頭に残るし、正しい発話につながる。

私のサークルでも導入していきたいと思いました。
教える側のアイデア次第でいろんな使い方ができると思いました。

子供にもいいけど、大人にもいいなぁ。

自分のサークルでどうやってレッスンするか、これから頭をひねらないとな〜〜

ワークショップ終了後、キャロリン・グレアム先生を囲んでお茶会があって、すごく参加したかったのですが、子供たちは明日学校だし、まだ乳離れしてない末っ子が気になるし、で、涙をのんで帰宅しました(T_T)

帰ったら、子供たち私がいなくてもぜんぜん大丈夫だったらしい。(夫と母曰く)

夜、下の二人とお風呂に帰ってきたときに、ジャズチャンツらしきものを作ってみました。

真ん中娘がおならした音がしたので、

1, 2, 3, 4 と手拍子しながら、
Did you fart?
(は?何と娘が日本語で聞いたので、おならした!?といってから、再度 Did you fart? といったら、Yes. と答えたので、
Yes.の答えにかぶせて、Yes, I did. と言わせた。

もう一度、
Did you fart?
で、娘が、 Yes, I did.

Yes, you did.
Did you fart?
(娘に言わせる→)Yes, I did!
Yes, she did! (末っ子が言ってるようにみせかけ私が言う)
Did Aska fart?
Yes, she did! Yes, she did!
I'm glad it didn't stink.

って、こんなものしか思い浮かばない私、小学生男子か?! お下品でごめんちゃい。(^_^;)

あと、湯船につかっているとき、時々英語で1〜100を真ん中娘と数える
のですが、最近、Let's count to 100 in English! っていうと、いや、って言われてたのです。
が、ジャズチャンツ風に、one, two, three, fourとノリノリでしてみたら、(お湯の表面をパシャパシャしながらリズムをとって)、娘もノリノリで数えてくれました。
末っ子もついでにsplash, splashしながら喜んでました。

ジャズチャンツ導入で我が家のお家英語もまた活気付くかしら!
最近の停滞も私の問題だったので、良い方向に進むのではないかと思っています。

あ〜ほんと行ってよかったな〜!
posted by あきやん Angie at 23:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 親子英語サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

新サークルのmixi新コミュ立ち上げました

夜更かししてますたらーっ(汗)
明日、小学校の登校時にあいさつ運動に立たねばならぬのに.....
ま、少々の寝不足くらい大丈夫でしょ〜

お待たせしましたexclamation×2
えー、前に少し言及しました、新しい英語サークルのmixiのコミュを立ち上げました。


英語育児(←そもそも英語育児って定義がイマイチわかってない私ですが.....)されてるかた、とにかく、親子で英語を学んでいる方が、日ごろがんばっているインプットとは他に、アウトプットする場を持つためのサークルです。

要は、英語だけを話しながらみんなで遊ぼう!っちゅーサークルです。英語アウトプットの場、または、日ごろの親子英語の取り組みへの情報交換など.....

また、mixiのコミュでは、遊ぼう会に参加できない遠方の方、または時間の都合で参加できない方などにも参加していただきたいです。親子で英語を学ばれている方ならばどなたでもコミュニティでいろんなお話しましょうグッド(上向き矢印)
(一応、管理人の承認要にしてます)

みなさんで色んな意見交換ができればいいなぁぴかぴか(新しい)と思っています。

ピンときたかたはお気軽にコミュに参加してくださいね〜揺れるハート
(mixiのアカウントお持ちでない方は、私にメールくだされば招待メールをお送りします。)

新コミュはこちらです
親子英語 in 尼崎
posted by あきやん Angie at 02:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 親子英語サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

うちの親子英語サークルの近況

10月になって、うちの親子英語サークルは、英語教室になりました。
名前はサークルのままなのですが、今までの、参加したときだけ参加費をいただくシステムから、月謝制に替えて、参加費も実質値上げさせていただきました。(ようやく、本やCDなどたくさん買っても赤字にならなくなります。やった〜!)

サークルですることの内容自体は大して変わらないけど、毎週CDのこの曲を聞いておいて、とか、CDを聞きながらPicture Dictionaryの今やってるところを復習しておいて、とかといった宿題を出すことにしました。あとは、前々からはじめてたアルファベットの塗り絵と字を書く練習のプリントが宿題。
してきたら、がんばりカード(←勝手に命名)にシールをはってあげます。
(英会話たいそうのおかげで、多くの子は、"Can I have a sticker?"って言えるようになりました。(*^_^*))

その親子英語サークルが水曜と木曜。
その他は、これまでどおりにママの英語勉強会(英語でわいわいおしゃべりしながら勉強もしちゃおうという楽しい会 :P)が、週1回で毎月だいたい3回。
というわけで、火、水、木と、週に3回私は英語のクラスを持っています。

いつも、次は何をしよう、とネタを考えています。
まだ新米先生なので、ネタのストックがないので、ひらめいたネタをネタ帳にかいたり、ネットで調べたり、本で調べたり、ああ、つぎは何をしよう、とずーーーーーーっと考えています。
一日のかなりの時間をその思考に使ってる気がする。
(だからあの人ちょっとボーっとしてるのね!と納得されるかも(^_^;))

サークルの準備は、加速がついてくると、アイデアがぽんぽん浮かんでくるのですが、連休などで1回とんだりすると、なんだかペースがどっと落ちます。
そして加速がまたつき始めるまで、休み明けの回の準備をするのは苦労します。
これがもうちょっと経験を積むと、たくさんレッスンのアイデアやら、プリントの原本などたまってきて楽になるのかなぁ〜と思います。

先生の私はさておき、生徒であるサークルの子供たち。
長い子は3年通ってくれています。
そろそろ、ずっと前にまいた種が芽を出し始めたような感じがします。発話が少しずつですが増えてきました。心臓がドキドキするほど興奮します。
私のサークルの影響もあるでしょうが、毎週子供と一緒に通ってくれて、お家でも色々積極的に英語を学んでいるママの努力の成果です。
目に見えた結果というのは、数ヶ月に1回、下手したら1年に1回とかそういうゆっくりしか見えないものですが、続けていくことでゆっくりでも成果が現れるというのはほんとうにうれしいことです。

ママの英語勉強会も、学びたいという積極的な人たちが集まってくれて、主催する私もよい刺激を受けています。
毎回ディスカッションを終えるたびに、あぁ、もっと英語が上手になりたい!!と思います。もっともっと聞いたり、読んだり、たくさん英語に触れながらがんばろうというやる気が起こります。
毎回の準備にあたっては、いろんな記事やポッドキャストをLingQにインポートして聞いたり読んだりして、あとは、LingQのチューターさんとのディスカッションの回数を増やしてネイティブスピーカーの意見をたくさん聞いています。(今月からLingQのメンバーシップをplusからpremiumにかえました。)今週はなんと4回スピーキングにサインアップしました。
うち1つは気心知れた方たちとのディスカッションで、残り3つは1-on-1です。
グループディスカッションは、メンバーに慣れてくるととっても楽しいのですが(今毎週日曜日のメンバーがそう)、初めてのメンバーだと、自分がしゃべりすぎていないかとても気を使うので、今は1-on-1のほうが自分に向いているなと思います。
学生時代とか時間があるころなら、長い時間参加できるグループディスカッションのほうがよかったかもしれませんが、大人になった今は時間が限られているので、短い時間でも好きなようにしゃべれて質問できる1-on-1が向いているなと思います。

話は英語サークルに戻りますが、実はもうひとつ英語サークルをたちあげるつもりです。
名称は、英語育児サークル?にしようか.....考え中。
これは、子供と英語を学んでいる、お家で英語を積極的に子供と学んでいる(子供に学ばせている、とはあえて書きません)親子が、アウトプットの場を求めて集まる場所にしたいです。
できるだけ日本語は使わず、英語のみでゲームをしたり、クラフトをしたり、自由に遊んだりする場を提供しようと思ってます。
ここでは私は特に講師役にはならず、ただ子供たちやその親たちと一緒に英語で話しながら遊ぼうと思います。
自分も、英語の母語話者ではないので、どこまでできるのかイマイチよくわかりませんが、できる範囲でやっていけたらいいな〜、子供たちが日ごろ学んでいることを実際使う場を作れたらいいな〜と思ってます。
これもまたmixiのコミュニティーを立ち上げてそこでメンバー間の交流を図ろうと思ってます。
ただいま準備中です。サークルに実際来れない方でも、親子英語、英語育児をされてる方には自由にコミュニティに参加してほしいなと思ってます。みんなで色んな意見交換できたらいいなぁ〜と思います。
コミュたちあげたらまたこのブログで報告しますね。

その、英語育児サークル、英語で遊ぶサークル(名称未定〜)で、うちの子たちが実際どれだけ英語を理解しているのか、英語を使えるのかを見てみたいと思います。
英語育児されてる方って、実際親子間以外ではどうなんだろ?うちの子どこまでわかってるんだろ?って思いません? ママとの受け答えや、教室の受け答えはできていても、もっと自由に何かをするときはどうなんだろ〜? って.....
う〜ん、楽しみ......
posted by あきやん Angie at 22:08| Comment(5) | TrackBack(0) | 親子英語サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

arrogant & short-sighted?

一つ前のブログ記事に対して、早速私の至らなさを指摘するコメントをある方からいただきました。
もっともな指摘だと思います。

「無駄な出費」といわれたのは、送料のことだったかもしれないのに、私がそうとは思わず、こういうきつい反応をして、相手の人がかわいそう、と。

確かに。

でも、その後のやりとりで、もし送料のことを言ってたのなら、そう反論してくれたんじゃないかしら?
私なら絶対誤解を解く。

いや、がつんと言われてもう何も言いたくなくなったのかも。ありうる。


ともかく、自分のえらそうな態度をビデオにとられて、そら見てごらんって見せられた気がしました。

そんなことを言われたら相手の人がどう思うのか、どれだけ傷つくか、私はあまりに考えなしだったと思います。


先の記事を削除してしまおうかとも思ったけど、でもやっぱりあれが正直な気持ちなので置いておきます。


なんか、すごく恥ずかしくなったので、
しばらく、おとなしくしてます。

あ、日本語ポッドキャストするんだっけ。
こんな内容は読めないわぁ〜、さすがに。
またそのうちね。

しばらく、ブログしてる暇があったら、他の事します(^_^;)


追記

どうでもいいっちゃどうでもいいんだけどね......

やり取りのスレッドを読み直したら、
無駄な出費、 じゃなくて、 「不必要な買い物もしなくていいと思いますが」ってかかれてました。

やっぱ送料のことじゃなかったわね。


いずれにせよ、私がえらそうなことを書き連ねていたのは確かだから、悪いのは私であります。

以上!
posted by あきやん Angie at 13:50| Comment(10) | TrackBack(0) | 親子英語サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親子英語サークルを変革 その2

少し前に、ママと赤ちゃんの英語サークルを、子連れママの英語(勉強会)サークルに変えたことを書きました。

次は、もうちょっと大きい子供たち(幼稚園〜小学校2年)とママのサークルで起こったことについて書きます。

今まで、自由参加で、参加したときのみ会費をいただくシステムにしてました。3年前にこのサークルを立ち上げたとき、私の頭の中に描いたものは、英語育児っていうのかな、家で親子で英語を学んでる人たちが集まって情報交換したり、英語のアウトプットをして楽しむところでした。
しかしながら、いざ人集めしてみたら、そんな風に英語をやってて、アウトプットの場を求めてる人をみつけることはできませんでした。大半は、英語は苦手だけど子供にはできるようになってほしい、英語と楽しく親しめたら良いな、という方でした。
例外的に一組の親子だけ、おうちで英語してる人がいました。たくさん絵本やビデオをもっていて、おうちで親子で見ておられました。その人は3年たった今でも来てくれてます。でも、当時はまだ子供さんが2歳だったから、アウトプットにはとても達しない、日本語ですらまだおぼつかないころでした。

そんなこんなで、私も考え直して、では、このサークルを楽しく英語に触れて、インプットする場、そしてそのインプットしたことをアウトプットして楽しむ場にしようと思いました。私が講師役になって、絵本を読んだり(正しい英語の音に触れるために本と一緒に朗読のCDを購入して使ったり)、歌を歌ったり.... 

でまぁ色々試行錯誤しながら進化してきて今に至ります。
現在はサークルでやってる内容は、英語教室といってもいいと思う。
メンバーさんにはなるべく休まず来て下さいといって、CDつきのPicture Dictionaryをテキストとして採用したり、インプットにも力を入れるようになりました。

やってることは親子英語教室なんだけど、サークルと呼んでます。
自由参加で、毎週ミクシィに今週のサークルあります、ってトピたてて、そこに出欠表明してもらってました。休むのは自由。
参加したら終了時にその回の会費をいただきます。休んだらなし。
なんでこういうシステムにしてたかというと、自分も3人の子の母で、いつなんどき自分の子供の病気などで休みにするかわからないという理由からです。講師は私一人だし。
それに、サークルは自分の子供が英語を学ぶため、というのが一番の目的でした。なので、子供が病気で参加できないときに開催する意義が低かった。

でも、思い返してみると、土壇場で休みにすることってめったにないのよね。

ママの勉強会のほうのサークルについてでも書いたけど、わざわざ行くか休むか書かせること自体、休んでもいいのよ、って言ってるみたいだし。
開催日のカレンダーを長期のもので作成して、それをしっかり守ることを条件に(子供が病気の時は子供抜きで開催、やむを得ない休講のときはどこかで振替する)、月謝制に移行すべき時期に来ているのかナァとは、はっきりとではないものの、思っていました。
私も気合入れるし、参加者にも気合入れなおしてもらう。

そしてある日、ついに決心するきっかけがあったのです。

以前私は自分がたくさんもっている子供向けの英語の歌の入ったCDから、サークルに使うものだけより出して編集してCDに焼いてメンバーさんに配ってました。CD-ROMの実費100円だけもらって。
しかし、これメンドクサイ。
3枚目くらいまでしたけど、もうそれ以降はしんどくてやめました。
この曲はこのCDに入ってますよ、ほしい人は自分で買ってね、って、情報だけ教えることにしました。人が苦労して作った良いものだから、その対価を払って購入するのが当然です。
購入は自主性にまかせました。

けど、やっぱり、全員何か共通のCD(歌詞ののった本とともに)持っていて、週に何度かでもおうちで聞いて練習して歌えるようになってほしいなぁ、と思って、共通のテキストを導入することにしたんです。
ここでも、ケチケチ主婦の私、コストパフォーマンスばっちりの、Wee Singの1冊を選びました。
で、いつもサークルの連絡と意見交換に使っているmixiの掲示板に、そのテキストを買っておいてねって書いたんです。
wee singの本は安いから、アマゾンが送料無料になる注文1500円に届かないけど、何か他の英語絵本を買うなり、お友達と一緒に注文するなりしてね、って旨のコメントも付け加えました。

そしたら、一人のメンバーさんが、私か誰かが取りまとめ注文すれば、友達と一緒に注文とかできない人でも、無駄な出費をせずにすむんじゃないですか、って書いた。

その人は、もうすでにその本を持ってたので、持ってなかったら自分が取りまとめ注文したんだけど、っていう善意から書いたんだろうとは察します。
そのメンバーさん、いい子なのよ。
気持ちはわからんではないのよ。

だけどね、

「無駄な出費」ということばに私はカッチーンと来たわけ、
英語の絵本を1冊買うことが、無駄な出費なんだ.........って、その部分に、私は奈落の底に突き落とされたような気分になったのでした。
おおげさですか?
いえ。ほんとにショックだったのよ。

私なんか、まぁ好きで自分のために買ってるといえばそれまでだけど、サークルでかけてるCDに、絵本にと、かなりお金使ってます。たくさん良質な英語の絵本を買って、みんなが見れるようにサークルの部屋に置いているのです。

そのメンバーさんの書き込みに、急に英語の本を自分で選んで買えといわれても何を買ったらいいかわからない、とも書かれていたのですが、

私、サークルでももう何冊も絵本を読んできました。
あの人はそのうちの1冊でも手元におきたい本はなかったのかしら。って。

あぁ...........

なんだかひねくれた捉え方、と言われてしまうかもしれないけど、それが正直な感想でした。もうそういう気持ち(英語の本を買うことが無駄な出費?)が深層にある人はもういいやって思った。
人に頼るだけでなく、自分から積極的に親子で英語を身に付けていこうという熱意がある人だけ残ってくれればいいやって。

普段から私、お金をかけずに英語を習得しようってブログにも書いてるけど、全くかけずに済むわけないでしょ?
スクールの高い月謝は払えなくても、自分からよい教材(作られた教材ではなく、英語圏の子供向きにかかれた絵本だったり、アニメだったり、歌のCDだったり。。。または大人の勉強ならLingQとか)を探して買い求める積極性くらいがなくてどうするんだい?
うちのサークルにきてるのはただ参加費が安くていつでも休めて来やすいから?とまで思った。

もう半分ボランティアみたいなことはやめようと思いました。

で、参加費を上げて(っていっても一般的にいってかなり安めと思いますが)、さらに月謝制にすることにしました。
まだ継続についての解答は全員からもらってないけど、参加者は半数近くに減ると思う。

これでよかったわ、と思う。
いい機会でした。

サークルの名称も、もう教室に変えたほうがいいかなと思ったけど、それはやめました。
私一人が先生ではなく、ママみんなが先生、みんなで積極的に学びあう、これまで以上に良い刺激を受けあいたいと思ったから。

さぁ〜〜これから、子供たちにもママにもたくさん良い英語を吸収してもらって、これまで以上に楽しみながらコミュニケーション能力をつけていくぞ〜

やるからには、私たち親子も、来てくれる親子たちも、みんなで英語の力をつけて、結果ださないと!
よ〜し、がんばるぞ!

実はこの話には続きがあります。このブログを通じてある方からメッセージをいただきました。それがきっかけで、私が3年前に思い描いていたサークルを実現できる!と思ったのです。
それについてはまた次回書きます。
posted by あきやん Angie at 09:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 親子英語サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

親子英語サークルを変革 その1

ふぅ〜
どこから書いたらよいかな......

今週は自分が主催する英語サークルを大きく変革しました。

これでほんとにいいのかな?いや、こうしよう、ああしよう.....比喩ではなく本当に頭が痛くなるほど考えました。

きっかけは一つではなく、些細なことが積もり積もっていました。
そして先週から今週にかけて、自分の背中を押されるできごとが、ぽんぽんぽんっと起こったのです。
(なんか、運命を感じます。)

まず一つ....

うちの親子英語サークル、現在2種類しています。
一つは子供の年齢が幼稚園児から小学校低学年対象のもの。お母さんと一緒に参加して一緒に英語使って遊んだり、学んだりしようというもの。

もう一つは、赤ちゃんとママのサークル。こちらは、時間の前半は赤ちゃんと歌を歌ったり(赤ちゃんはまだ歌は歌えないけどね)、手遊びをしたり、英語でママと赤ちゃんが触れ合って遊ぼうというもの。
後半はママの勉強タイムで、子育てや家事などママの興味のあるような記事を英文で読んだり、子育てに必要な英語表現を一緒に学んだり、あとはママが興味あるようなトピックに関して皆でディスカッションをしたりします。

両方のサークルで、私がリーダーというか、講師の役を務めています。

どちらのサークルも、やってる私も楽しいし、参加者のみなさんからもおおむね好評をいただいてます。
しかしながら、まぁ、ちょこちょこ問題が出てくるわけで.....。

一つのきっかけは、参加についてのこと。
幼稚園児以上のサークルでは、わりと出席率は良いんだけど、赤ちゃんサークルのほうの出席率がまちまち。
熱心に来てくれる人は半分近くいるんだけど、元々私が、小さい子もいるし色々あるだろうから、無理なく参加できるときだけでいいですよ、って言ってました。
子供が熱出したとか、そういうのね。
けど、あんまり重要じゃないんじゃない?ってときでも休みの人がいるわけ。
あ〜、なんだ、私のサークルって、そっちの用事より重要性が低いんだ〜って、残念に思うわけです。
あと、新規で参加したいというメールをもらったりするのですが、現在定員一杯なので、と参加をお断りしてるのが現状。
前日夜とか当日に、お休みしま〜す、とかって連絡もらうと、あぁ、このイマイチ熱心じゃない人たちがお休みの分、私が参加をお断りした人が来れたのにナァ〜ってこれまた残念に思ったり。
あと、参加費を参加ごとに500円にしていて、巷の英語サークル(もちろん講師付きのですよ)に比べたら安いんじゃないかナァと思います。ここも、ありがとう!!って思ってくれてる人もいれば、まぁ、安いから参加しとこか、いつでも休めるし、って、悪く言えば軽く見られてるのかなぁって思ったり。
または、私がいつでも来られるときだけの参加でいいです、って言ってるから、よけいにいつでも休めるという考えを助長させてるのかな、って思ったり。

で、結局、参加費を参加ごとではなく、月会費でしかも値上げしていただこうということにしました。
そしたら、出席率上がるかな、不真面目な人はやめるかな、って。

でも、なんか違うなぁって思った。
それを決めた日の夜、もやもやした気分でした。
(あ、結局眠れましたけども)

考えてみると、
自由参加はやっぱり続けたい。
今まで参加してくれてた人で、仕事に復帰したり、引越ししたりしてサークルに来られなくなった人に、いつでもまた来れるときに遊びに来てね、って私言ったけど、
そういうのも無理になるやん。

あと、参加してくれる人の中には、英語が上手な人もいる。そんな人に値上げしてお金もらうのは気が引けるわね。
そして、そういう自分で勉強頑張ってる人や、海外経験のあるような上手な人も来てくれると私も学ぶことがあるし。

やっぱ今のままがいいわ....

考えて思いついたのは、
毎回参加定員を設けること。
そして、定員いっぱいになった時点でその回の募集はしめきり。
そしたら、サークルに新規で入りたいといってくださる人もどんどん入ってもらえる。
みんな都合のいい日だけ来てもらえる。
いつも、サークルの数日前に、今週のサークルあります、という名前のトピックをミクシィにたてて、そこに出欠表明してもらってました。出席の表明はうれしいけど、欠席しますっていうのを見ると(しかたないんだけども)、私の気分がちょっと暗くなるのね..... 特に直前のはね。
サークルの準備って、意外と時間がかかるんです。
この曲をかけて、このトピックでディスカッションして......って。
新しいシステムでは、参加する人だけに書き込みをしてもらえます。これで、良い書き込みだけ目にすることができる。
(私ってけっこう繊細やなぁ.........ややこしいやっちゃ)

思えば、これって、LingQのスピーキングのサインアップするシステムと基本同じやん。
あぁ〜、もっと早く気づけよ、ってかんじですね。
今まで私の中では、サークル、みんな仲間でみんないつも一緒でって思い込みがあったのですね。

これで、サークルの参加者の門戸も開けるわ。ばんざ〜い。

あと、このサークルを続けていくうちに、赤ちゃんとママの英語タイムよりも、ママの勉強タイムのほうに比重が傾いてきたこと。
もともと、子供よりも自分の英語がうまくなりたい、と思ってるママさんだけ来て下さい、と言ってますので、やる気のある人ばかり来てくれてるんだけど。
毎回みんな何かしら吸収して帰ってくれるのがうれしくて、私もやりがいがある。
メンバーは英検準1級ホルダーもいれば、3級の人もいる。
あえてレベル別にはわけてないんです。それぞれが何か学べると思っています。たとえば、ちょっと英語苦手な人が、ここがわからない、というときに、得意な人が英語で説明してあげる、とか。(どうしようもなくなったら日本語で助け舟出しますけども)
質問した人は新しく知識を増やせるし、説明した人は英語のスピーキングの練習になる。
みんなで助け合って勉強していけると信じてます。

でも、どこで質問していいかもわからないほど内容が難しすぎる、来ても結局ちんぷんかんぷんで終わってしまった!と感じる人が増えれば、初心者だけ参加の日も作るかもしれません.....。自分の中国語のレベルを鑑みると、そうなんだよね。まだインプットだけが重要な時期なので。中国語でアウトプットはまだほとんどできない。(中国語を勉強しているのは、もちろん中国語が話せるようになりたいからですが、同時に、英語を教えるにあたって、自分が忘れてしまった、英語の初級学習者の気持ちを理解するためでもあります。)
インプットはなんぼでも一人でできると思うんだけど、そんな人ばかりなら、あんなにたくさんある巷の英会話スクールも、存在できないだろうし、誰でも英語が流暢になってるでしょう。で、現実は違いますね。
初心者のクラスを作るとなると、インプットの勉強をする仕方を教えてあげる(もちろん、LingQを使いなさいよ〜とすすめるのです。私はLingQエバンジェリストです。)、また、その勉強の伴走をしたり、助言やはげましを与えてあげる、そんな、インプットのお手伝いをして、初級から自分で勉強することのできる中上級に押し上げてあげる、というクラスになります。
(あぁ、書きながら、なんかこっちもやらねばいけない気になってきた....(^_^;))


で、サークルの名前も、ママとbabyの英語サークルin尼崎から、子連れママの英語サークルin尼崎に改称しました。
参加する子供も、最初は赤ちゃんばっかりだったんだけど、だんだん年齢層が増えて2歳、3歳と、未就園児になってたし。
これからは、ママの勉強がメインになるので、もうその時間には子供が幼稚園や小学校に行ってたらママだけで身軽に参加してくれてもいいし、もう子供は成長して手が離れた方でも参加してくれたらステキだな、って思います。

そんな感じで、今まで定員いっぱいでお断りしていた午前のサークル、メンバー募集再開しました。
今後は、いつでも好きなときに、月に1度だろうが、二月に1度だろうが、けっこうです。
これを読んで、私も参加したいわ、と思ってくださったアナタ、ぜひぜひ私たちのサークルの仲間になりませんか?
詳細はこちら♪

子連れママの英語サークルin尼崎
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4015817

mixiのコミュニティです。
mixiに参加されてないかたで、紹介が必要な方、紹介いたしますので、私にお知らせくださいね。
posted by あきやん Angie at 16:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 親子英語サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。