2010年05月13日

CTP絵本など、セットの絵本の良さについて

英語サークルのレッスンプランを準備しながら思った。
(普段からよく思ってること)
セットでどかっと買う絵本の良さって、その内容の多様さにあるんだなぁ、って。

例えば、CTP絵本については、5年ほど前に96冊セットで買いました。効果音や歌も満載の朗読CDも一緒に。
これを当時は最初から少しずつやっていきました。

最近は、毎晩寝る前にCTPを順番に読んでいくというようなことはしていません。かごに並べて入れて、子供に好きなのをとらせて読んだりします。
あとは、サークルで毎週1冊読んでいます。
これが、96冊もあり、fun and fantasy、science, math, social studiesの4つのカテゴリーに分かれており、内容が多岐にわたっています!!

他のもので学んだこと(wee sing、Genki English, super simple songsの歌だったり、picture dictionaryだったり、はたまた別の絵本だったり)をまた別の角度から子供たちに触れさせたいと思った時に、CTP絵本の中からどれか一つは該当するものがあるのです。

例えば、old mcDonaldを歌ったあと、CTPのdown on the farmを読んだり。Genki EnglishのHow did you get here?をアクション交えて歌ったあとは、CTPのBarney Bear, World Travelerを読んだり。

CTPの他に買ったセット絵本は、scholastic社の"time-to-discover"シリーズ。こちらは全部scienceというのかな?生き物だったり、天体だったり天気だったり....etc
こちらはまだサークルではあまり使っていませんが、小3の息子との親子英語には大活躍しています。
今のサークルの子供たちの年齢がもう少し上がって英語力も高まっていくにつれ、こちらのほうを導入する機会も増えると思います。

サークルだけでなく、おうちで親子英語されてる場合も同じようにできると思います。

そういうわけで、子供英語のレッスンに大活躍のCTP絵本でした。
今のところCTP絵本をつかったレッスンは私の全くの自己流です。
そのうち機会があれば、CTP絵本を使ったレッスンのセミナーにも参加したいなぁ。

と、以上、CTP絵本について思ったことでした。
posted by あきやん Angie at 10:46| Comment(7) | TrackBack(0) | こども英語 - CTP絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

Pick on somebody your own size!

息子とやっているCTP絵本。
先月の終わりから、レベル2に入った。
レベルが変わって何が変わったかというと、1冊あたりのページ数が今までの倍になった!
CDをかけながら絵本を見る時間も倍になるので、レベル1の時は一度に6冊やっていたのを、3冊ずつすることにした。

で、今やってるのがlevel2のfun and fantasy.
そのうちの1冊、"Way Down South"で、私のわからない表現が出てきた。
今までレベル1を全部やった上で、知らない言葉はあったものの、意味がわからんということは一度もなかった。
ががが、しかし、このWay Down South,一筋縄ではいかなかった。

Pick on somebody your own size! という表現が.....

なんというか、ユーモアというか、ナンセンスな話なのであった。しかし、そのナンセンスなユーモアゆえ、私の固い頭が即座に理解することは難しかった....

こんなかんじの繰返しなんだけど...。


Way down south where bananas grow,


a grasshopper stepped on an elephant's toe.


The elephant said with tears in his eyes, "Pick on somebody your own size!"

Pick on somebody your own size?
あんたと同じくらいの大きさの誰かをpick on しろ?
うん?
...ここで、この絵が大きいものが小さいものをいじめていて、小さいものが言ってるせりふならばすぐに勘で理解できたはずなのだが、なにせ、バッタが象の足をstep on して(踏みつけられて、って、バッタの軽さでは言いづらい...)、弱いものいじめはよしてよ!とは思いつかなかった。

そ。Pick on somebody your own size! というのは、弱いものいじめはやめなさい、という子供を叱る決まり文句だったのだ。
英語圏の子供なら必ず何度も言われているせりふに違いない。
それを小さなバッタに向かって象が涙を流しながら言うというひねり、ユーモアがこの話にはあった。
それゆえ、頭の固い大人の私には少々理解に時間がかかったのだった....(^_^;)

やはり子供英語教材は英語圏で、英語圏の子供向けに作られた(国語として)教材を使うのがいいなぁと今回もまた思った。
日本人向けに作られた教材だと、この表現は難しいな、とかってどんどん簡単になってしまっている気がする。
たとえば、この最初の、
Way down south where bananas grow,
も、whereって関係副詞(←あってます?)、難しい、ハイ抜きましょうってなるんでは?
でも、実際関係代名詞や関係副詞はふつ〜に子供でも使うものなのだ。

Way...が、うんと、すごく、って意味もわかるし、
(way down southで、単に「南に」じゃなくて、「ず〜っと南に」なる)
泣きながら、涙を流しながら、with tears in his/her eyes
なんて表現も自然と覚えられるのもいい。

そして、CDの楽しい朗読。
とてもテンポよく、英語のリズムが会得できる。

CTP絵本だ〜い好きるんるん
posted by あきやん Angie at 15:33| Comment(2) | TrackBack(0) | こども英語 - CTP絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

CTP絵本、Level 1-2 social studies

昨日、1/29
CTP絵本、Level 1-2 social studies突入。

先週は2回しかできてなかったので、もうちょい続けようかとも思ったけど、
たろうも私もちょいと飽きてきた。

Barney Bearの話で、クマのバーニー君が何色のシャツと何色のズボンをはいてます、ってのがあるのだが、それの途中でCDを止めて、CDを聞く前にたろうに、

Barney Bear wears.......と私が言うと、たろうが
Barney Bear wears a red shirt and green pants.
とか間違えずに言ったので、あ〜そろそろ進んでいいや、と思った。

今晩はあすちゃん先に寝たし、二人でゆっくりCTPやるか!
6冊パックになってる。わくわくしながらビニールの包みをあけるたろう。

今度のsocial studiesもとても楽しい。

CTP絵本をするときは、始めたころは英語だけでとか思ったような気もするが、
今はもちろん日本語を交えている。というか親子の会話はほとんど日本語。
まだ5歳なので知識量が少ないから、これ何?なんで?などの答えにはちゃんと日本語で答えている。

英語に関しては、冠詞や、単語の単複数形の間違いはきっちり直す。
すごく大事だから。

ちなみに、今日はCTP絵本せずじまい。
寝る前には、図書館で借りた「おばけリンゴ」という絵本をよんでやりました。
(もちろん日本語。)
おもしろかったのか、あすぴもぜんぜん邪魔せず二人静かに聴いていました。
読み終わってしばらくしてあすぴが寝て、しばらくしてたろうが寝ました。

子供の寝顔を見てるのって幸せ.....。
posted by あきやん Angie at 23:03| Comment(0) | こども英語 - CTP絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

CTP絵本、Level 1-2 math

level 1-2 math開始。
子供たちの好きなBarney Bearがまた出てきた。かわいい。
私はskip countがおもしろかった。
2ずつ数える、5ずつ数える、っていうの。
skip countっていうんだね。
こんなフレーズが出てくるよ。

2ずつ数える
skip count, skip count, count by twos

5ずつ数える
skip count, skip count, count by fives

10ずつ数える
skip count, skip count, count by tens

100まで数えられるよ!
We can count to one hundred!

勉強になるなぁ〜、CTP絵本(*^_^*)
posted by あきやん Angie at 12:08| Comment(0) | こども英語 - CTP絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

CTP絵本 Level 1 Science Part 2

ここ最近CTP絵本さぼりがち。
子供たちは9時就寝が我が家のルールだが、このごろ寒くなってきたのでお風呂に入る時間が遅くなってきて、寝る時間ぎりぎりになっている。

ん〜、もうCTPする時間はないね、寝よう、って日が多い。

今日はもう9時まわっていたが、CTP絵本を3日連続やってなかったので、やることにした。

たろう 「新しいのは......あかん?」

私、少し考えて、 「いいよ。」

CTPの各CDには6冊分の朗読が入ってるのだが、今日は時間も遅いので、
1冊だけすることにした。
たろうが選んだ1冊は、アゲハチョウの絵の描かれた"See How It Grows".

少しずつでも毎日することが大事だと思うので、これからは1冊だけでも毎日しよう。

ちなみに、あすぴは、参加せず。
横にいて、本棚から他の本を引っ張り出してばかりいた。
まぁ、音は耳に入ってるかいな?程度。
posted by あきやん Angie at 21:55| Comment(0) | こども英語 - CTP絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

Level 1 Social Studies開始

10月4日(確か....)より
CTP絵本、Level 1 Social Studies開始。
たろう中心。いつもたろうが寝る前なのであすぴは眠ってしまってて2回に1回か3回に1回というかんじ。
で、Social Studies.
1冊目の"Barney Bear, World Traveler"
いきなり1文1文が長くなっている。手ごわい....
Barney Bear took a trip around the world.
He went to the airport in a taxi
and over the Pacific Ocean in a plane.
という具合に。
もちろん、Let's be the echo.のときに、たろうは繰り返せない。
a taxiとか、in a planeとか部分的に言ってる。
この先フルセンテンス繰り返せるようになるのはいつなのか........楽しみである。

で、次がまたすごくて"Pilgrim Children Had Many Chores"
Pilgrim children had many chores.
THey had to churn butter.
They had to muck the garden.
THey had to tie wheat into bundles.....
と、昔の移民の子供(?)のお手伝いの様子が次々と書かれている。
正直なところ私はchurnもmuckも初めて聞いた......。絵をみりゃわかるところがいいのだ、この本は。
大人にも勉強になるわ, I love you, CTP books!!!
最初はだまって聞いてたたろうも、日に日に、「お手伝いしてるの?」
「畑を耕してるの?」とか聞いてくる。(もちろん日本語で。私も日本語で答える。)
あ、畑を耕してると思ったが、辞書引いたら、畑に肥やしをやる(熊手でかきながら)というようなことか、明日たろうに訂正しとこ。

後に続く本たちは、難しいのばかりじゃなく、簡単な短い文章で構成されてるのもあり、よいかんじ。

今日はもう午後9時回ってて遅いので、たろうにもう今日はCTP絵本やめて寝ようと言ったのだが、やりたいと言い張るので、やってからたろうは寝た。
かなり好きみたい......。
母親と二人で英語の絵本を読むのが楽しいのかな。私も楽しいし。
う〜ん、こういうのって小学校上がってもしてくれるんかなぁ!?
まぁそのときはそのときで違う方法があるだろうね。
posted by あきやん Angie at 22:27| Comment(0) | こども英語 - CTP絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

CTP絵本、効果のほど

CTP絵本の読み聞かせ開始から1ヶ月近くたった。
子供たちへの成果は目に見てとれる!
今のところ、自分の子供と英語を学ぶときに使う教材でこれ以上のものは思いつかない。
やっぱり、外国語の教材は本物を使わないとなぁ。
英語をそこそこしゃべる大人の私にも大変勉強になる。
CTP絵本に出会えてよかったと心から思う。

最近の行動(たろう)

★今読んでいる18冊のうち半数以上は完全に暗誦している。

★替え歌を始めた。
例、Cat took the cookies from the cookie jar. を、T-rex took the cookies from the cookie jar!とか、How many legs on an octopus?を、How many legs on Asuka chan?とか。

★文章の応用を始めた。
おもちゃの電池が切れて、替えてくださいといってきたたろう。
私"How many batteries do you want?"
たろう "Four."
私 "You need to add a magic word......Four, PLEASE."
たろう "Four, please."
私 "OK, here you go."

一ヶ月も同じ本を読み続けるって、ほんとにできるかなぁ?と思ってたけど、
子供たちって繰返しが好きなんだなぁ。
思い起こせば、自分もピアノ習ってたころ、新しい曲を練習するより、もうすらすらひける曲ばっかり弾いてたなぁ......(^_^;)
posted by あきやん Angie at 15:00| Comment(3) | こども英語 - CTP絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

ちょっと速いペースだけど

CTP絵本使用のめやすよりずいぶんペースが速いようだ......
6冊全部暗誦してから次の6冊へ行くのがよいとされてるようだが、6冊のうち2,3冊暗誦したくらいで次へ進んでいる。レベル1の4セットx2のうちの、4セットが終わったらまた元に戻ってもう一周しようと思ってる。
今、18-23冊目。レベル1のScience。
たろう中心にやっている。
あすぴは、絵本の前にずっと座ってるってことができない。
次の本をどんどん持ってきて邪魔してくるが、気にしない気にしない。
それなりに聞いているようで、Who took the cookies from the cookie jar?では、"Not me!"というところで私が手と首をぶんぶん振って"Not me!!"というのがおかしいらしくて、そこでは乗ってくる。
Not me! Then who? ってちゃんといってる。
兄ちゃん中心でやってるが、あすぴは一応それなりに門前の小僧してるようだ。

先日、夫と子供たちとテレビを見てて、ティラノザウルスが出てきて、たろうが、"T-REX!"と叫んだ。
夫は、おぉ〜発音いいな、さすがアメリカ人。といったが、
ちょっと、たろうが発音いいのはアメリカで生まれたからじゃないよ、2歳前に帰ってきて英語なんてろくに覚えられなかったじゃんか!これはわたしが仕込んだんだよ!私をほめろ〜!と夫に言った。
ほんなら、えらいえらいと言ったが....(ぶつぶつ)。
でもたしかに、アメリカにいるころ、たろうが最初に発した言葉は、(ママとか除いて)"NO"である。
このNoの発音は、本当にネイティブのものだった。「んノゥ」。これはさすがに夫も私も感心した。あのまま今くらいまでアメリカにいてたらおもしろかったなぁ〜。
ちなみに、今のたろうの"No"は、普通。「ノゥ」。一時は「ノー」ってなっててがくっ!だったが、短母音と二重母音の区別はわたしがしつこく直すので、まぁ普通に「ノゥ」。

そういうたろうですが、まだ英語の先生にHow are you?と聞かれても、How are you?と鸚鵡返しにするような按配で........
以前、アメリカ人のたろうの英語の先生に、この先アメリカに戻るつもりならば、毎日2,3時間はケーブルテレビでアメリカの子供が見るテレビみさせないとね!と言われた、が、そんなの見るわけないよ。
英語学習で、今わたしがたろうにしてやれる最良のことは、CTP絵本を一緒に見て聞くことだろう。
ゆっくり、確実に、じわじわと良質の英語をinputしてやること。
昔は英語で話しかけたりもしてたけど、やっぱり私の英語の表現力など所詮貧しいものなので、やめた。

お母さんが英語で語りかけをする、というのをすすめる本とかよく見るんだけど、かなり愚かなことだと思う。お母さんがものすごぉく英語が堪能であればいいだろうけど....。
語りかけで得られるものは、親のもってる力を超えることはないですから。

あぁ、たかが英語、されど英語。
ますますはまる私の趣味です。
しかし、私は今週まだ1回しかNHKの岩村先生の講座を復習してない......いかんいかん。
英語日記はこないだ久々に1エントリーした。
日記は毎日つけてないけど、アメリカにいるペンパルとは2,3日に1度のペースでメールやりとりしている。あと、夫が夜帰ってきたあと眠くなければ一緒にディスカバリーチャンネル見てる。(奇跡の生還、毎回すごすぎるわ.....)
posted by あきやん Angie at 14:04| Comment(4) | こども英語 - CTP絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

CTP絵本開始


LEVEL1 fun and fantasy

第1回目
8月25日金曜日の夜。
たろうの就寝前。
あすぴはすでに寝ていた。
朗読、チャンツ、歌の入ったCDをかけながら絵本6冊をめくっていく。
絵がとてもきれい。たろうもなかなか楽しそう、しかし、たろうが声を出すことはなかった。

第2回目
8月26日土曜日早朝。
あすぴが5時前に私をたたき起こした。
「お水ちょうだ〜い!!」
あぁ5時前ってもう暗いのね。6月7月は、これくらいの時間には太陽ぎらぎらしてたな...。もう8月も終わりだね....。
もうろうとしながらあすぴをトイレに連れて行く。もうオムツは完全に取れた今日この頃。(^_^)v
目がさめたあすぴと私。迷わずCDかけて、CTP絵本を見せる。
あすぴはたろうのように集中してみない。少し見ては先のページをめくろうとしたり、違う本のほうを読んでといったり、いろいろ。
でも、総じて楽しそうであった。

第3回目
同日夜。
8時前にお片づけタイム。子供たちの散らかしたものを子供たちと私とで片付ける。
片付ける場所はすべて決まっているので、恐ろしくちらかっていても、もくもくとやってるとすぐに気持ちよいほど片付く。
そのあと寝室へ。ベッドの上でCTP絵本。やはり歌がついてるやつがウケがよい。
Little Green Frogでは、たろうも小さい声で少し歌っていた。


第4回目
27日夜。
片付けタイム→寝室へ→CTP絵本。
英語の内容とは関係ないが、たろうはCDに入った本の順番を覚えていた。
How manyの内容はそこそこ暗誦していたようす。
あすぴは、絵本を見たり見なかったり。いたずらばかりしていた。
他の本を持ってきたり、兄ちゃんの頭をたたいて兄ちゃんが泣いたり、途中で「お水ちょうだい!」で中断したり.....etc。
"Where do monsters live?"のmonsterをみて、こわいね〜といったり。
6冊全部終わって、まだ二人とも眠りそうになかったので、同じLEVEL1のMathも開封。
全部聞いてから、おやすみ!
夫とタッチ交代。
寝室から、あすぴが、ママは〜?ママは〜?というのが聞こえていたが、ほっとく。
いつもなら私がいなければ泣き叫んで、絶対寝ないのに、しばらくして夫が部屋に戻ってきた。
寝た?
寝た。
よっしゃ〜。
posted by あきやん Angie at 22:20| Comment(0) | こども英語 - CTP絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。