2009年09月20日

Hooked on Phonicsのカセットテープをmp3化

今8歳の長男がまだ0歳で、私たちがアメリカに住んでいた頃、ケーブルテレビの子供向けチャンネルでしょっちゅうHooked on Phonicsの宣伝を見ていた。 文字通り、phonicsの教材で、字が読めない子が読めるようになる、というものである。

まだ乳児だった長男が本を読むようになるのははるか先のことであるが、宣伝を見ているとどうにもこうにも欲しくなってしまった。また、子供はともかく、これをやったら自分の英語の発音も正確になるはず、とか思って、数日迷って、購入。

当時、音源はCDかカセットテープを選べたのだが、私はついカセットテープのほうを選んでしまった。
インターに通ってた頃、いつもリスニングの宿題で渡されたのがカセットテープ。ちょっと巻き戻しに、先生がピュルピュルと音をたてながらするのが記憶に強烈に残っており、CDって少し音を戻すのがやりにくいから、絶対カセットテープよ、と思ってカセットテープを選んだのであった。(今のインターの宿題って、何で渡されるのだろうな。メモリーカードとか?ネットでダウンロードとか?あぁ、時代を感じるわ....当時はまだパソコン通信の時代だった....Japan Timesを買いにわざわざ駅の売店に歩いていったなぁ。インターネットで、英語圏の情報が音声も文章もあふれるように手に入る今って、外国語学習(特に英語)するのにはほんとに恵まれた時代になったなぁ....。)

あ、話がそれました(^_^;)

で、Hooked on Phonicsの教材の入った段ボール箱が家に届いた。とりあえずレベルごとに箱に別れているものの、レベル1だけをちらっとみただけで、クローゼットにしまいこんで、そのうち長男が2歳になる直前に日本へ帰ることになり、日本へ引越しの荷物とともに送った。
これが2003年のこと。

その後日本で2006年に、突然思い出したか、封をあけ、カセットテープなんぞ使ってられん、とパソコンにとりこんでmp3で保存しようとする。
しかし、カセットデッキが壊れてしまい、作業中断。

そして、その3年後の今、2009年、また思い出して、mp3化。
ちょうどちゃんとしたカセットデッキが手元にあるので、今のうちにmp3化しておこう、と。

で、実際に自分の子供やサークルで使おう、と思ってる。
どのように導入するかは未定。

これって、英語がしゃべれるけど、読めない、って子向けだよなぁ。
日本の幼稚園の子や、小学生が字を読み書きしだす頃と同じかんじで。。。
まだうちの子たちは英語ほとんどしゃべれないしなぁ...まだ早そう。

でも、まぁ、文章が読めるようになったらそれはそれで楽しくなるだろうから、ぼちぼち導入していこかな。
先に読めるようになったって悪くはないわね。

しかし、実際の導入までには、また数年かかるかもね(^_^;)
そのうちに勝手に読めるようになってるよな気もするな、子供たち。
自分も、特にphonicsの勉強せずに読めるようになったしなぁ。

ま、とりあえず、mp3化しときましょ。
せっかく買ってはるばる海を越えて来たんだからなぁ〜。

ちなみに、教材の中に入ってた、ゲーム形式になってるCD−ROMは息子が気に入って今までに勝手に何度も遊んでいた。
アルファベットの小文字は主にあれで覚えたような??

ん〜。
テープはあと14本くらいあるが、気長にしよっと。
posted by あきやん Angie at 01:37| Comment(10) | TrackBack(0) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

今日読んだ、見た、英語の絵本、ビデオ

昨日はうちの長女(真ん中の子)の幼稚園の運動会。
一生懸命がんばる園児たち、かわいねぇ。
お遊戯もかわいかった。
かけっこもたまいれもがんばっていた。
今年はダンナが午前だけ見て午後から仕事に行ってしまったので、私が親子競技に出た。
ふぅ〜。ひとつ仕事終わった〜。
次は小学校の運動会だ〜。

☆英語の絵本
新しく買った英語の絵本、子供たちに読んであげました。
"If you give a mouse a cookie"
LingQのチューターのJillisaさんに、おすすめの英語絵本を数冊教えてもらったのですが、そのうちのひとつ。
息子、お母さんに怒られるんちゃうん......といいながら聞いてました。
とってもかわいくて笑える絵本でした。
ちなみに、息子も娘も、英語だけではちょっとわからないところが多かったので、最初に英語で読んだあと、二回目をすべて日本語にして読んでやりました。

If You Give a Mouse a Cookie 25th Anniversary Edition (If You Give...)


☆親子英語サークルで読んで楽しかった本
Ten Little Ladybugs
かわいい〜。
てんとう虫が、立体的に飛び出していて触れるようになっていて、ページをめくるごとに1匹ずつ減るしかけ。
うちの1歳の娘も、5歳の娘も、8歳の息子も、みんな好き。
サークルで読んだら、ずいぶん前にPiture Dictionaryで覚えたbugsがたくさんでてきて、楽しみながら復習できました。
カラフルな楽しい絵本。

Ten Little Ladybugs


☆今日みた英語のアニメその1
録画しておいた、Dora the explorer.
お昼ごはんのときに、家族で見ました。
普通にcartoon networkとかでやってるアニメの音声を英語にかえようとすると、子供たちからブーイングを食らうのですが、Doraだけは文句言われません。(^_^;)
Dora やBootsが、子供たちにたくさん質問をなげかけてくれて、発話をうながしてくれます。
1番組中に何度も子供たちが口を開いて英語を話すという、我が家では超貴重な番組。

☆今日見た英語のアニメその2
英語サークルのお友達が貸してくれた、Richard Scarryのビデオ。Richard Scarry's Best ABC Video Ever

Richard Scarry - Best ABC Video Ever [VHS] [Import]


Richard Scarryの絵本は何冊か持っているのですが、ビデオはまだ見たことなかった私に、お友達が貸してくれました。ありがと〜、みちさん。
早く見たいと思いつつも、子供たちがそろってから一緒に見よう、と数日経過。
今日、学校が休みなので、子供たちみんなと見ようとしたら、真ん中の娘が、他のテレビ番組みたいから、それ、いや、という。
むっ.....そんなこと言うんなら見せてやらんわい。
その日の夜に私が一人で見始めると、何何〜?と子供たちが集まってきて、一緒にみた。かわいいし、楽しいし、子供たちとてもよろこんでいた。
結局、朝見るのを拒否した真ん中の娘が、もう1回見たい、といって結局みんなで2回見ました。



posted by あきやん Angie at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

私の財布の紐がゆるい分野は...

私、ここ数年は、服もあんまり買わないし、化粧品はドラッグストアで買う安い系のやつだし、美容院はメチャ安いとこでカットしかしてないし(シャンプーカット1500円のとこ)、長男がすごく食べるようになってからは外食もあんまりしないし(子供たちが大きくなるにしたがって、外食するとかなり高くつくようになってきた!)、けっこう質素な(けちな)生活を送っております。
(なんかねぇ、美容院くらいはもうちょっといいとこに変えようとは思ってはいるのですがねぇ......)

私が、財布の紐がゆる〜い分野があります。
それは、パソコン関係......黒ハート
でもあるのですが、それよりも、なによりも、
英語関係黒ハート黒ハート黒ハート
自分と自分の子供用、または、英語のサークルとに使う絵本とかCDとか教授法に関する本とか、良さそう!と思ったら、だいたいすぐ買います。(^_^;)

英語サークルで得た収入は全部それに消えてます。
こないだは、ついにGenki EnglishのCDたちを買ったのと、ScholasticのTime-to-Discover シリーズを買ったので、帳簿は赤字に。
いつも、どかっと本を買うと赤字になる。で、そのうちまたちょっとたまって、またどかっと買う.....
こうやって好きな教材を買うことで私はストレス解消してるのかも〜
実際役にたってるしね。

Genki EnglishのCDは、サークル用に買った。
今まではSuper Simple Songsで大満足!こと足りてたのですが(Super Simple Songs大好き!!最高!!)、そろそろだいぶこなしてきたので、新しい、おもしろい曲が欲しくて。
さっそくこないだのサークルの終わりかけに、Left and Rightの曲で踊った(体操した?)ら、みんな汗だく。(^_^;)
子供たちもママたちも、I'm hot...... I'm dizzy.....
でも楽しかったです。
私、このLeft and Rightの曲がとっても気に入ってCDまとめて買うことにきめたのでした。ぴかぴか(新しい)

Time-to-discoverは、うちの長男(8歳、小学2年)用に買った。
CTPのレベル1と2もほとんど読んだし、どうも飽きてきたので、心機一転サイエンス系のを読ませてやろう、と思い、シリーズをどかんとまとめ買いしました。本とCD.(Snow and Iceのパッケージだけ品切れだったので、それ以外全部買った。)
Mum's Englishさんが私が探した限りでは最安値だったので、CTPの時と同様Mum's Englishさんで買いました。)

届いて、さっそく、Billions of Bugsのパッケージを開けて読んでみました。買って正解!
おもしろい、fun factsがたくさん、写真もきれい!
虫の超どアップの写真とか、嫌いな人には気持ち悪いだろうけど、私も息子も、すげ〜すげ〜と言いながら読みました。
これからしばらくおうち英語教材には困らんな。
ちなみに、このTime-to-discoverシリーズ、幼稚園児の娘にはちょっと早い感じがする。私の感じたところでは、小学1年生以上がいいんじゃないかな〜。

Time-to-discoverシリーズ、3冊読んでみたけど、息子の英語だけの理解は、半分くらいかなぁ......
わからん!という時には日本語で解説してやってます。
今は、英語だけにこだわらず、内容を楽しむことを重視しています。
文章が読めるようになってきたら、また改めて多読したらいいと思ってます。

楽しいな〜

(追記)
最初、同じくscholastic社の本をあつめたone hundred Englishというシリーズを買おうと思ってました。
が、これは、サイエンスと同じくらい国際理解などの項目も多かったです。うちの息子の今の成長段階では、まだ国際理解よりも、サイエンスだけのほうが興味を示しているようなので、サイエンス系ばかりあつめたtime-to-discoverのシリーズを買いました。

じわじわ読んで行こうっと。
あ、これから夏休みだから英語に割ける時間が増えるな〜。
楽しみだな〜。
posted by あきやん Angie at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

ゆっくりした1週間

休校、休園の1週間が終わり、ようやく明日から学校再開。

1週間を振り返って.....
部屋がぐっちゃぐちゃになったり(子供たち、部屋の中でダンボールハウスとか作るから....ごみがごみを呼び、すごい状況(-_-;))、何度か私の雷も落ちたけど....(でも、家中で一番散らかってるのは私の勉強机だから、人のこと言えないのだけどね)
全体的には、親子ともゆっくりした1週間でした。
どこも出かけられないけど、家の中でけっこう色々遊んだ。
まだ勉強のない真ん中の子(幼稚園児)はともかく、小学生は、学校もない、習い事もない。長男はのびのびしてました。

普段なかなかゆっくり時間をとることができない英語ですが(←たまに、寝る前にCTPのCDかけながら絵本を読んだりするくらい)、この休み中、ちょっとだけしました。こんなかんじです。

ABCフラッシュカード+コストコのABC壁掛け
自作のABCフラッシュカードを床に広げて、私が指示したものを子供たちが取る。
取ったら、子供が、"A, a, alligator"と読む。
あと、以前にブログに書いた、コストコで買ったABC壁掛けですが、これも使いました。
まず、各ポケットに入ってる人形。なくさないようにポケットに紐で縫い付けられているのですが、この紐を全部切って、人形(?人形ではないが...わにとか、木琴とかやからね....)をそれぞれバラバラにしました。
で、それらを床に広げて、alligator! で探させたり、A! で探させたりしました。
とった人形(?)は、壁掛けのAのポケットにしまわせる。
単純な遊びですが、兄妹で楽しそうにやってました。(赤ちゃんは横で邪魔しつつ参加)
兄は余裕なので、普通にやると兄が買ってしまい、妹がすねたり暴れたりするので(-_-;)、兄のほうは、私が読み上げたあとで、one, two, three, four, five!と数えてからカードや人形をとるように、ハンデをつけました。

abcflashcard.jpg
A4で印刷してから、半分に切りました。
先週ついにラミネーターを買ったので、これからカード作りにしばらくはまるかな!?

090520-145132_s.jpg


大文字、小文字あわせ
小学二年長男、アルファベットの大文字はバッチリですが、小文字がまだあやしい。
洗って広げて乾かした牛乳パックを使って、大文字、小文字のカードを作りました。
ごちゃごちゃにならないよう大文字と小文字で書く色を変えました。
で、カードを全部一緒くたにして床に広げて並べ、Aとa というように大文字と小文字のペアを作ってもらいました。
けっこう楽しそうにやってました。
1回だけで終わりにしました。
(もっとやりたいな、と思わせるくらいでやめとくことにしています。(^^)v)
ちなみに、それは今朝、幼稚園児の娘がプリキュアを一生懸命(?)見てた間に、廊下で息子一人だけでしました。

090524-084339_s.jpg 090524-084820_s.jpg

英語で遊ぶことですが、普段学校の宿題があったり、習い事があったりすると、なかなか時間をとることができていませんでした。
今回やってみると、なんてことはない、こういうゲームは少しの時間でできることばかり。
これからもうちょっと気楽にしたらいいなぁと思いました。


あんまり関係ない、追伸。

新しいiPod. 私の所有iPodの中で3台目。
今回は青いnano 16Gにしました。
090519-125425_s.jpg

毎週土曜か日曜にはショッピングモールでカードゲームする息子と娘。
まだあまり人ごみには行きたくないので、今週は、なし。
090509-204704_s.jpg
posted by あきやん Angie at 10:09| Comment(3) | TrackBack(0) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

最近買った英語の絵本

最近買った英語の絵本です。
3冊とも、カルデコット賞受賞作品ですね。



前々から読みたいと思ってて、日本語訳の「かいじゅうたちのいるところ」をまず図書館で借りようかなと思いつつ、機会を逃していたのですが、ついに買いました。
独特の不思議な世界。
絵本っていいなぁと思いました。
ちなみに、英語はちょっとむずかしくて、簡単な英語ならけっこうわかるうちの小学2年の息子も、ちょっとわからなかったみたい。
でも、絵を見てれば話の内容は十分わかるんですが。
最初の、主人公の男の子が、はげしいいたずらをして、お母さんに、今日は晩ご飯抜き!で自分の部屋にいって寝るように言われたところだけは、日本語で情報を伝えてやりました。
wild thingを、状況ごとに、どう日本語にするか迷いましたが、とりあえず、wildの一番大きな意味は、wild animal のwildだよ〜、とだけ教えて、あえて日本語にはしませんでした。
何度も読みたい絵本です。




Where the wild things areは、子供たちみんなで読もうとおもったけど、こちらは小学2年の息子を意識して買いました。
ちょうど、1年生の教科書の最後だったかな?に、この短編集の最後の"The Letter"の翻訳、「おてがみ」があったのです。
毎日毎日学校の宿題で音読して、暗記もしている。
いつもは夕食の後片付けでもしながら、適当に聞いて聞きましたのサインをする私ですが、ある日の宿題では、趣向が変わり、子供ががまくんとかえるくんの台詞で、いつもは聞くだけの親が、ナレーションの部分を読む、というのがあって!
用事しながら聞けへんやん(^_^;)
って、そのときは私もマジメに読みました。
なので、私もこの「おてがみ」はほぼ暗記しています。
内容はばっちりわかっているので、英語そのものを堪能して読めるかな?
Frog(かえるくん)とToad(がまがえるくん)のやりとりがほのぼの、かわいいお話です。絵もかわいい。



こちらは上の二つとは違って、ほとんど文章はありません。
Good night 誰々(動物の名前)の繰り返し。
でも、とっても味わい深い、これまたかわいい本です。
しかし、文章がないといっても、さすがに11ヶ月の娘に見せたら、本自体を奪って、かってにめくったり放り投げたりしていました(^_^;)
あとで、末っ子が寝てるときに、上の二人と楽しみながら読みました。
posted by あきやん Angie at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

CTPやったよ表

以前自分の学習記録用にやったよ表なるものを作っていたが(その記事はこちら)、最近子供のCTPやった記録用にCTPやったよ表なるものを作って使っています。

一時からWindowsケータイの中のエクセル表に記録はしてたのだけど、それだと私だけしか見ないのでおもしろくもないし、けっこう付け忘れる。

なので、紙媒体で、子供に自分でハンコを押させることにした。
いつやった、いつはやらなかった、この本は何回読んだとか、あとで見えて楽しい。(何回も見てはにやにやしてるのは私だけだけど)
自分でハンコ押して記録するのは子供にも楽しいみたいです。

最後のページは空欄にしておいて、CTP以外の本を読んだときに、手書きで本の題名を書き加えていっています。

CTPやったよ表、こんなんです。

CIMG2174_s.jpg

表紙にやった日。

CIMG2175_s.jpg

CIMG2176_s.jpg

CIMG2177_s.jpg

1冊、息子がやたら気に入って何度も読み(聞き、歌い)、ついにはハンコが欄外に押された本。

CIMG2178_s.jpg


Character Builderで、内容はかなり説教くさいのだが、こんなんが好きらしい....。(CTPでの息子のお気に入りはcat and dogシリーズ。)
Think before you act. Eat healthy food so you'll grow. Mind your parents, oh oh oh... と続く。これが歌になってる。
さすがに何回も聞いて歌って、息子完璧に覚えました。


はんこ。兄ちゃんは恐竜。妹はプリキュア5。
CIMG2082_s.jpg

CTP character buildersのセットはアマゾンで買いました。
今小学1年の息子にちょうどぴったり。幼稚園年少の娘にはちょっとだけ早いかな?というかんじです。
そのうちセット2も買う予定です。




親子英語
↓ブログランキングに参加してます。応援クリックいただけると、更新の励みになります揺れるハート
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

posted by あきやん Angie at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

またまたアマゾンでお買い物

子供の英語本、また色々買いました。

まずは、


最近、うちの小1の息子が英語の本を自力で読みたがっています。
フォニックスでじわじわ.... とも思ったけど、フォニックスって元々しゃべれる子が読めるようになるためのもの、という気がして、家では導入しきれていませんでした。
まずは手っ取り早く(!?)最重要ワードのsight wordsを攻略すればかなり読めるようになるハズ!
ということで、助っ人本、購入!
よさそうです。また使用後感想報告しますね。

次、

良さそうです!


元々こっちを持ってました。
  ↓


青いほう。うちでやってる親子英語サークルで使おうと思って。
でも、まだ英語はほとんどしゃべれないサークルの子達(我が家の子も含む)には、ちと難しく、使えていなくて、月日は一年以上経ち....
で、つい最近young children版を発見!
青本は小学生向きってかんじだけど、赤本は幼稚園向きっぽい。
これこれ、これが欲しかった!
これならサークルで使えるわ!
これもまた使用後感想報告します。
赤本してから青本にいけばいいね(^0^)

次は、絵本。


独特の不思議な世界〜!
私は好きです。
まだ私一人で読んだだけ....子供の反応は未知です。
どんな反応示すか楽しみ...!

posted by あきやん Angie at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

Reading

年明けてから、CTPを子供と読むの、それなりに続いている。
少しずつ。毎日読めればいいけど、いいとこ二日に一回くらいかな。
一回に読むのは、1冊か2冊。

こないだ息子が読んだ本。

090206-141507s.jpg

夜9時までに寝ないと学校の「がんばりノートに」ペケがつく。
9時まであと10分!ってところで、ちゃんちゃんちゃちゃちゃんしたいけど無理かな!? (ちゃんちゃんちゃーんちゃちゃん(ドレミで言うと、ソミミーレドー)、って音、CTPのCD持ってる方はなんのことかわかりますよね(^_^;))
というので、おおっ、自主的に読みたいのか!と親としてはうれしい驚き。
本棚から1冊何でもいいからpick upして!というと、息子、さっととったのがこれだった。
プレイヤーでかける暇もないから私が読むわ!といって読んだ。
ごく最近のことだが、息子、聞きながら字を目で追うことに気づいた。

で、次、息子が、次は自分が読むという。

まじすか!?

たぶん、文章を覚えてしまってるのもあるだろうけども、
読んだ。
sidewalk という単語だけがうろ覚えで、つまったけど。
1ページに1行だけで、たった8ページの本だけど、
読んだわ。

へぇー 読めるんや。

Hooked on Phonicsとかも家にあるんやけど、特にまだやってなくて、いつかやろうと思ってたけど、まだちゃんとやってない。
(息子が赤ちゃんのときアメリカで買って、わざわざ引越しのとき日本に送った!)
他にもちょこちょこPhonics系のものも買ってるんやけど、イマイチやってない。おもしろくないのか、のってこないのだ、うちの子。

うーん、とりあえずは、CDなり私の読むのなりを聞きながら文字を目で追ってたら読めるようになるんちゃう?って思った。
で、それと平行して時々phonicsのやつをやるというのがいいかなと思った。

なぜ突然読み出したか、息子。それにはわけがある。
先日、洋書の分厚い恐竜の本を買ってやったのだ。それが自分で読めるようになりたいらしい。
絵だけ見て満足でもいいかって思ってたけど。
うーん、何がきっかけになるかわからんもんやなぁ。

我が家の親子英語、新展開したみたい。
こういううれしいことが年に一度?いや数年に一度?あるんですね。
ま、またすぐhit a plateau すると思いますが、気楽に気楽に.......
posted by あきやん Angie at 16:13| Comment(4) | TrackBack(0) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

最近の我が家の子供英語事情

最近の我が家の英語事情....
子供英語はボチボチ。ここ1週間、上二人の子供たちが寝る前にCTPを1冊ずつ読んでます。(CDの朗読を聞くのが主で、たまに音声が手元にない場合私が読む。)CTPは本棚に並べた96冊から子供たちが1冊ずつ選びます。
本当は1週間くらい同じのを読み続けてっていうほうがいいかな?とも思いますが、子供たちが毎回違うのを読みたがるので、本人たちのしたいようにしてます。
CTP以外では、私が気が向いたときにAmazon.comで買う英語の絵本を読んだり。
一番最近に買ったのはこれ。
  ↓



公園にサメ?奇想天外なタイトル。アマゾンのおすすめリストにあって、おもしろそうだなーと思って買いました。我が家での子供受けは、まぁまぁかな。途中ででっかい声を出して読む箇所があって、そこで、うちの赤ちゃんはびくっとしていました(^_^;) うちでやってる英語サークルでも今度読んでみようと思います。
子供用(って、絵本はみんなそうか...)の絵本って、同じ型の文が、キレイな韻を踏んで繰り返し繰り返し出てくるので、読んでて楽しい。
大人にとっても使える英語表現として血となり肉となっていくのを感じてうれしいです。
   
あと、うちの子供英語で人気なのは、Dr. Seusse. 何回読んだかな?! 朗読のCDも買ってあって、効果音が入ってるのでそれはそれで人気なんだけど、私がおおげさ〜に読むのも子供たちは気に入っている。そしてさらにお気に入りが....
DVDを買ったのです。実写版の映画。マイク・マイヤーズが猫なんですね... うふふ... 私は1回みて、子供たちはもう2回みた。
今、DVDの精読じゃないな、精視聴!? 同じシーンを何度もじっくり見てスクリプトも確認して... ってのを何かの映画でやってみようと長らく思ってたのですが、なかなか大人向きの映画では子供たちが邪魔してくるし、かといって子供が寝た後ではこっちも眠いししんどいし....ということで、このThe Cat in the Hatを子供も一緒にじっくり見ようと思いました。ちなみに、これ、邦題が、「ハットしてキャット」。
日本語タイトルはただ英語をカタカナにしただけのものが多い昨今、なんと涙ぐましい.....このタイトルがなかったら買わなかったかも(^_^;)



じぶん英語状況についてはまた改めて書きます。

posted by あきやん Angie at 15:37| Comment(4) | TrackBack(0) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

息子の基礎英語1 その後

ん〜と、まだです。(~_~;)

明日は1週間に一度となった妊婦検診に行ってきます。
なんだかちょっと赤ちゃんが下に下がった気もします。
今日は幼稚園のお迎えで下の子を自転車の後ろに乗せて帰りました。
歩くより楽なので....

産科に通っている病院まで約3キロ。自転車で行ってるのですが、明日も雨が降らない限りまたきっと自転車でしょう。
車で行ってもいいのだけど、自転車なら陣痛きても、電話で家族を呼ぶなりタクシー呼ぶなりすりゃいいけど、運転してて陣痛来たらアブナイので...。

話題は変わりますが、
以前に、小1の息子にNHKラジオの基礎英語1を聞かせる、という話について書いたのですが、その後の報告をば......
結果は....
続いてません。早々にやめました。
5月号テキスト買ったのですが、4月号の途中でやめた。
やっぱり、ラジオ講座は、ある程度の年齢になった子が自らやろうと思って独習するためにありますね。
(あ、そりゃそうやん〜、って声が聞こえる!? 前に書いたときにそう思われました!?)
とにかく、まだ早い、というか、もっとauthenticなもの(英語圏の絵本やら、歌やら....)にたくさん触れさせるのがよいなぁと思いました。はい。

で、ここんとこネットで少々散財した英語関連資料の最後の便が今日届きました。
うちのサークルで大活躍のwiggle wiggleの本でもお世話になってます、有名な松香フォニックス研究所から出てる「英会話たいそう」DVD。
歌と振り付けで、サバイバル的英語表現を身につけてしまおうという主旨。
子供たちが帰ってきて息子と娘に見せてみましたが、最初、そんなん見〜へんわ、とか言ってたけど、だんだんとなかなか食いつきがよい様子に。
やっぱし、歌で、体で覚えるのはいいなぁと思います。
歌といえば、以前、Chinesepod(中国語学習ポッドキャスト)で、新年おめでとうの歌があったのですが、それが耳について耳について、私が数日間ず〜っと歌ってたら、息子も釣られて歌っていました。
もう数ヶ月たったのですが、先日私がぶつぶつ中国語を言ってたら、息子が例の新年おめでとうの歌を歌いだして、短いとはいえ、ちゃんと全部覚えてたのでびっくりしました。やっぱ歌の力は大きいなぁ!と感動しました。

新年おめでとうの歌
   ↓


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ



posted by あきやん Angie at 23:57| Comment(0) | TrackBack(1) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

TPRの本 第2回目注文分到着

2月からちんたらちんたらと読んでいる、Dr. AsherのLearning Another Language Through Actionsもあと残すところ少しとなった。
次はさらに実践的な本が欲しい!!と思って、ネットで2冊注文(ここからです。
アメリカから届きました。わ、早い、と思いました。注文してから1週間もかからずに届いたと思う。



Learning with movementsのほうは、子供向けにTPRを使ってレッスンする具体的な例がのっています。(大人にも使えるし。)
写真からもわかるように、手作り感いっぱいの本で(コピー機でコピーしたのをがっちんとホッチキスでとめたような......)ほほえましい。
赤ちゃんが生まれてもしばらく親子英語サークルはできないので、それまでうちの子供たちで実験??予行演習しておこうと思います。

The command bookは、文字通り、commandがいっぱいのってる。
色んな基本的な単語に対して、TPRの命令の例がのっています。
TPRの辞書みたいなもんですね。これは必携だと思いました。
今後、英語の絵本を読んであげるときに、読む前に(1度目でも2度目でも、いつでもいいのですが)、出てくる単語に関してTPRのコマンドで体を使って理解して、それから読んであげたらおもしろいのではないかと思いました。
これもまた実験してみます。

TPRは、ただ、Jump!とかRun!とかいって体を動かして、って、それだけではなくて、だんだんと文章が複雑化していくし、また、読み書きにもつながっていきます。
この先には、TPR storytellingという手法もあるし、どこまでも可能性は無限に広がってそうです。
TPRのことを知れば知るほど、ほんま、これしかないんちゃう!?(とくに小学校英語なんかは....)と思います。

ん〜、また実験が進んだら、経過報告します。

話は変わって私の経過....
日曜日の朝4時半、腹痛で目が覚めました。
もしかしたら陣痛??と思いましたが、そこまでは痛くない。
その日は一日中お腹がめちゃくちゃ張って痛かったですが、陣痛は来ませんでした。
お腹が、さらに大きくなったみたいです。
先々週の赤ちゃんの推定体重が2150gあったので、もう今はけっこう増えてるはず.....来週で37週だし、もう出てきても良さそうです。
(というか、小さめで出てきてほしい〜!)

どきどきです。
posted by あきやん Angie at 22:13| Comment(4) | TrackBack(0) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

親子英語サークルしばらくお休みします

mixiにもトピをたてましたが、こちらでもご報告を....

親子英語サークルしばらくお休みします。
ギリギリまでやる!と思ってましたが、予定日まであと1ヶ月と2週間、おなかもかなり出てきてそろそろ限界を感じました...。
出産後どれくらいで復帰できるかちょっとわからないのですが、落ち着いたらきっと再開しますので、そのときにはメンバーの皆さんまた来て下さいね。
ご迷惑をおかけしますが、サークルがお休みの間もおうちで英語やってみてください。おもしろそうな遊びなどがあったらトピたてしますね。
英語に関する質問がありましたら、トピたてしてください〜。
また、よそで親子英語サークルなどがありましたら、ご遠慮なくそちらに参加してくださいね。

またあの出産の痛みとその後の寝不足と格闘しないといけないと思うとちょっと気が遠くなりますが、(-_-;)がんばってきます!
See you again!!

posted by あきやん Angie at 14:02| Comment(6) | TrackBack(0) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

Dr. Seusseの本、その後

今日は息子無事に小学校へ行って来ました。
すっかり元気になって、ほっとしました。
娘も、体調を崩すことなく、今日は初めての幼稚園の遠足に行って無事帰ってきました。よかったです(T_T)

私は今日歯医者で歯のクリーニングをしてもらい、でかい腹をして仰向けに寝ていたら苦しくて、途中気分が悪くなり、トイレに行こうとする途中頭から血の気が引いて目の前が真っ暗になり、やばかったですが、なんとか持ち直しました。
あぁしんど。
クリーニングしてもらったら虫歯が一本見つかりました。ツワリ時の不摂生がたたった....

で、本題に。以前買ったことをご報告したDr.Seusseの本で進展がありました。

***************

数週間前のこと、息子を習い事に送っていくとき、一緒に歩いていたら、息子が突然こう言った。
「せまいゃー(む)の話おもしろかったね」

は?

「あの、うっじゅー、くっじゅー、っていうやつ」

ん?
あぁ、あぁ、あぁ、Would you? Could you?ね、
Sam-I-am ね!
Dr. SeusseのGreen Eggs and Hamのことね!

私が読んだのと、CDの朗読と確か両方聞いて、2回ばかり読んだはず....。
息子どうやら気に入っていたらしい。

また読んでね、といわれた。

数日後、思い出した息子に頼まれて読んでやったら、楽しそうにページをめくりながら聞いていた。Sam-I-amしつこいなぁとか言いながら。

で、昨日熱が下がったけど一日寝ていたときに、
「今度は猫のほう読んで」というので、The cat in the hatを読んでやった。
最後までちゃんと聞いて(見て)いた。

おぉ〜
3歳の娘(幼稚園年少)ではとても最後まではもたぬ集中力。(息子は小1)
息子は、前回は終始金魚の立場でヤキモキしていたが、今回はすでに最後にハッピーエンドが待ってることを知ってるので余裕で聞いていた。

ライムがいっぱいで、読んでるほうも楽しい。

うーむ、さすが名作..........

やっぱ、絵本はいいなぁ。
絵をみりゃ何のことか一目瞭然だから、辞書なんて引かなくていい、いちいち日本語にしなくてもいい。
(もちろん意味を尋ねられりゃ日本語でちゃんと答えてあげるけど、わざわざ逐語訳することはまずない。)

あと何回読んでと頼まれるかなぁ〜?
やっぱし、子供のほうから気に入ってまた読んでといってくれるような本じゃないとだめなんだなぁ。。。。





ちなみに、娘のほうは、兄ちゃんが英語の本を読んでもらっているのをみて自分もと思ったか、以前にサークルでも何度かとりあげたCTPの "I can't sleep"を寝る前に持ってきて読んで〜と言ってきたので読んであげた。
親のほうから、英語しよう〜といっても、いやっ、と言われたりもするが、こんなふうに子供のほうから、読んで〜といってくる日もあるんだなぁ〜。
おもしろいなぁ。


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
posted by あきやん Angie at 22:38| Comment(10) | TrackBack(0) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

久々のNHKラジオ英語講座

私、NHKラジオの英語講座の大ファンであります。
一体いつ聞き始めたのだろ?
基礎英語から始めたはずだから中学1年?いやもっと遅かったかな.....??

ここ1年ほど、Podcastばかり聞いていたので、NHKラジオ英語講座から離れていました。
Talk Masterを買い換えたのに使わないのはもったいないなぁと思いつつも.....

そして四月!新年度到来。
またNHKラジオ英語講座にお世話になることに。
しかもそれは、これまた新鮮な、基礎英語。

息子用です。(この4月から小学校1年。)
トークマスターで録音して、月曜、火曜と二日分聞きました。
先生とアシスタントのネイティブの先生方がもりあげてくれるので、息子も楽しそうにやってました。
今日は台所、ダイニング、リビングにあるものの名前。kettleがでてきて、こないだ英語サークルの、hotなもの、のなかででてきてたので、hot kettle!! hot kettle!!と叫んでました(*^_^*)
ネイティブの先生が、テキストの絵にあるものの名前を読んでくれて、それを聞こえたとおりに子供が繰り返すのですが(しかも、私らが聞いてたころにはなかったような、チャンツ方式で♪)、息子はRとLの音も混同することなくちゃんと聞き分けて口から正しく再生していたし、今までやってきたことは(大したことはやってないけど)、間違ってなかったな〜とうれしかったです。

途中で娘が寄ってきて、一緒になって言ってました。(門前の小僧式でどこまでいくのか、こちらも興味深い。)

それにしても、NHKの語学講座、良いですね。放送は(受信料のことは考えないとしたらですが...)、ただで聞けるし、テキストは毎月たった380円。
語学学習するなら、NHKのラジオ講座、使わないなんてもったいないわ〜。
基礎英語、子供さんが高学年になるまで、または中学あがるまで待つことなんてないない。
小1でもじゅうぶん聞ける。字が読めなくても聞けるからね。

高校の時、すごく英語の得意な友達がいて、彼女はビジネス英語(当時は「やさしいビジネス英語」...やさしくないけど...の...)を聞いてた。私は大杉先生の英会話か上級基礎がせいいっぱいだったけど...。


さて、息子とのラジオ英語講座どこまで続くかな〜

ちなみに、今日聞いてて私も発見があった。
plateとdish
で、plateは普通のお皿で、dishは大皿(深皿?)のことだって。私は両者の違いを考えたことがなかったので、ふ〜ん、そうなんや〜と思いました。

この先どんな展開になっていくのかな?楽しみです。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

posted by あきやん Angie at 11:01| Comment(15) | TrackBack(0) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

外国語学習、「まずは耳から!」の大切さ

昨日は、うちでやってる英語サークルの日でした。
サークルでは、英語の絵本を読み聞かせしたり、歌歌ったり、踊ったりして子供たちと遊ぶのですが、最後にママの英語のお勉強コーナーをやっています。

子供とお母さんが英語で話している短いダイアログを流して、メンバーのママたちにディクテーションをしてもらいます。
いつもやってて思うのですが、
やっぱり、外国語を耳から学ぶってものすごく大事だ。

ママ英語のコーナーは、文字に書かれたものを読んだらきっとみんなわかるだろうなって内容なんですが、これが音だけでやるとけっこうみんな苦戦しはります。(^_^;)

昨日は、子供の台詞で、Oops, I dropped the cup. (あぁっ、コップ落としちゃった)ってのがあったのですが、意外なことにみんなdropが聞き取れなかった。
またこの子供がいかにも子供なしゃべり方でかつぜつが悪いんですが....でも、どう聞いてもdropなんですね。
ってことは、みんなが思ってるdropって音が間違ってるってことなんですね。
カタカナにしてしまうとドロップ、ど、ろっ、ぷ って3音節だけども、実際の音はdropって一音節。一気に発します。
それより問題が、子音の重なり。drがひっついて、みんな、Jの音に聞こえる!っていってました。
うん、そうかも。
で、そのあと、フォニックスのくぎりで、D(dogのd、カタカナにするのは無理だなぁ...)、下を後にそらせたR(うるる....)とやってもらってdropと発音してもらったら、みんなちゃんとできてた。
これがdropの音なんですね〜

つくづく思うのは、自分が正しい発音を練習して、できて始めて、人が言ってるのも聞こえるってこと。
あんまり発音にこだわってネイティブみたいに〜!なんていいすぎるのはどうかと思いますが、やっぱり基本的なところを押さえておくのは大事だなぁ。

まず最初に文字を見てしまうと、脳が文字で処理してしまう。次に聞き取りをしたときも、実際発音された音のままではなく、自分の中で文字と一緒に自分風の読み方で処理してしまうのですね。
だから、音声の教材があってそれで勉強する場合は、とにかくまず最初に、文字を見る前に聞く、わからなければ何度も聞いて、これって何っていってるのかなと考えて、脳の中にハテナ??のタブを作っておいて、そこで始めて文字を見ると、言葉が記憶によい形で定着すると思います。

ちなみに、私の超初心者レベルからの中国語学習、もちろんまずは耳から、でやってます。(前にも書いたChinesepod.comのポッドキャストで。)
中国語の音の種類は多いですねぇ。日本語にはない音がたくさん。
とてもおもしろいです。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
posted by あきやん Angie at 11:39| Comment(4) | TrackBack(0) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

来た〜、Dr. Seuss

Green Eggs and Ham (Beginner Books)

The Cat in the Hat

The Cat in the Hat and Other Stories (Dr Seuss)


長らく欲しいなぁと思いつつも、絵が気色悪いという理由で買っていなかったDr. Seussの本。
でも、アメリカの子供およびかつて子供だった大人たちはみ〜んな知ってるDr. Seussの本、避けて通るわけにはいかぬ。
英語の文章(大人向きの)を読んでても、よくDr. Seussの例えが出てくるし。
たとえば、Interesting thing of the dayで、こないだPalais Ideal(昔のフランスの郵便配達夫が自分でたてた奇怪な建物)についての記事を聞いて読んでたら、こんなふうにでてきた。" And yet, the final product―a pastiche though it may be―has an odd sort of coherence that evokes (or possibly even inspired) Dr. Seuss."

はぁ〜
ついに買ったわ。
"The Cat in the Hat"と、"Green Eggs and Ham"、あと朗読の入ったCD。今日、アマゾンから届きました。

奇しくもChinesepod.comの昨日配信されたnewbie lessonのタイトルは"Chinese Green Eggs and Ham"!!
What a coincidence!!!
http://chinesepod.com/lessons/chinese-green-eggs-and-ham


アマゾンから届いた段ボール箱をさっそく開けてまず読んだのはGreen Eggs and Ham.
んんん?
そんなに気色悪いとは思わないぞ.............???
昔、やたらめったら気味が悪いと思っていたのだけど。
Cartoon Networkで気色悪いアメリカのアニメを子供たちと見てたからだろうか?(ビリーアンドマンディーとか)
気色悪いといえば、私たちがアメリカにいるころ始まったSpongebob Squarepantsを初めて見たとき、なんって気色の悪い絵なんだっ!!と思ったけどいつの間にかなれて、げらげら笑いながら見てた。
慣れるのね................
それにしても、アメリカのアニメの気色悪い絵のやつって、Dr. Seussとか子供のころから見てた下地があるせいなのでは?って思う。

子供たちどういう反応示すかなぁ?けっこう長いけど途中であきないかなぁ?
まぁ、子供たちが喜ばなくても、自分が喜んでるのでいいのだけどね〜

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ



posted by あきやん Angie at 13:20| Comment(19) | TrackBack(0) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

音楽はすごい

音楽ってすごいわ.......
改めて思った、今日のサークル。

子供たちの集中力が切れてきて、うろちょろし始めたら、音楽付きの活動へ移行!
うろちょろしてた子供たちが戻ってきて、ノリノリになる。

3つのHOT (熱い、辛い、暑い)なアイテムの絵カードを見せながら前回の復習....と思ってたんだけど、どうもテンポが悪かったみたいで、子供たち特にちびっこがフラフラと離れていって勝手に遊びだした。
こりゃいかん、とhot songsをかけて、曲にあわせて絵カードを繰っていったら、ちびちゃんたちも戻ってきた。みんな楽しそう。
楽しい音楽付きの教材、大好き黒ハート
歌で覚えると、記憶によく残るし。楽しいし、ほんといいです。

うちのサークルで大活躍です
   ↓↓

The Wiggle Book CD付絵本

The Hot Book CD付絵本

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

posted by あきやん Angie at 22:20| Comment(8) | TrackBack(0) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

久々の親子英語サークル / TPR

ようやく、我が家で週に1度の親子英語サークルを再開することができました。
残念ながら上の子は風邪が完全に治っていなかったため別部屋に隔離(>_<)
早く英語の教室またやってね!とずーっと私を押していたのは息子なのにねぇ...。というわけで娘のみ参加。

前回からなんと4ヶ月近くたっていました。
だけど参加してくれたみんな、長いお休みのギャップを感じさせぬノリで....楽しく進行できました。みんなありがとう。

お休みしてる間、英語サークルのことをよく考えていました。
次は何しよう?って。
で、先日聞いてたAJさんのポッドキャストでTPR(Total Physical Response)という外国語習得法について、改めて気になった。
これをうちのサークルに応用せぬ手はない!
Total Physical Responseというのは、早い話が、体全体を使って外国語を習得しようというもの。耳で聞いて、体で反応。そして、生徒にすぐに発話を求めない。
赤ちゃんや小さな子供が言葉をだんだん学んでいくのと同じ。自分の子供のことを思い出すと、あの長い沈黙期の間、彼らはずーっと聞いていた。親や他の人たちの色んな反応を見ながら。

思えば、"Wiggle Wiggle"の歌にあわせて踊ったり、Jump! Stand up! Sit down! Run!などといいながら暴れたり、まぁTPR的なことはたくさんしていたが....
いかんせん、その次をどう深めるかがようわからん。

ので、勉強しようと思って、さっそく本を注文した。
アメリカから送られてくるのだが、どれくらいかかるんかなぁ〜
届くまで、ネットで他の記事を読んでおこう。

[補足]

TPRについて

AJさんについて(←LinguistでAJさんのことを知って、ポッドキャストアーカイブをぼちぼち聞いています。熱い!熱い先生ですね。自分の英語力がもっと低いうちに出会っていたらぜったいにAJさんのEffortless Englishに入会していただろうなぁ〜と思う。(まぁ今からでも決して遅くはないんだが....)楽しく、効果的に、英語を使う本当の力が身につくと思います。)

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

posted by あきやん Angie at 08:10| Comment(4) | TrackBack(0) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

親子英語サークル再開します!!!

サークルのみなさん、お元気ですか!?
長らくお待たせしてスミマセンでした........
ついに、サークル再開します。
1月後半といってたのですが、無理でした(-_-;)...
再開第1回目は2月6日水曜日、いつもの時間です。
詳しくはmixiのコミュをご覧くださいませ〜。


これまでにもまして、のんびり楽しく、こぢんまりとやっていきたいなぁと思ってます。
長いお休みの後だったんで、メンバーのどれくらいが戻ってきてくれるかな?
新規参加、見学ご希望の方がいらっしゃったらお気軽にコメントにてお問い合わせください。
posted by あきやん Angie at 11:08| Comment(6) | TrackBack(0) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

正しく、自然な英語の習得について考えた

新聞にのってた、共通一次、じゃなかった、センター試験の英語の問題を解いてみました。晩ご飯の用意をせねば〜と思いつつやってたので、途中までしかやってないのですが、まぁまともな問題だと思いました。

なんというか、単語集やら問題集にかじりついて丸暗記なんてしなくても、自然に、正しい方法で英語を身につけていったら、楽に解ける問題だと。
(まぁセンター試験は二次に比べて簡単なのでしょうが.....でも難しい二次こそ、正しい学び方をしてないと太刀打ちできないのでは、と思います。)

私自身、学生時代に英語は得意と思ってました。学校でも英語の成績はよかった方です。が、入試問題やら宿題やらをいざ解くときに、難しい長文なんかは、みるだけでいやでした。
他の科目よりは好きでしたが、やはり英語の勉強もしんどかったです。心から得意ではなかったんだなぁ。今思えば。

若いころ、今みたいな自然な学び方をやってたらよかったろうなぁと思います。が、そんな方法は知る由もなかった。


今6歳の息子に、英語やろうな〜と言ってます。
私のツワリ以来、英語のサークルもお休みしてるし、自宅でのCTPなどを使った英語の読み聞かせや遊びもほとんどやってないのですが、また再開しようと思ってます。
(サークルのみなさん,すみません....1月下旬にはと言ってたのに........でも、二月には必ず!!)

今の息子の夢は、恐竜の研究をすることらしいです。
外国の荒地で恐竜を発掘したいらしい。
海外で学術にかかわるとなるとやはり英語ができないといけないよ、と夫と私が言うと、息子も英語できるようになりたい、といいました。
あと、過酷な環境で発掘するには一にも二にも体力なので、体も鍛えないとなぁ〜、と夫が言うと、納得してました。

なんか理由がないとやる気もでないですもんね。

で、
前述の自然な方法、ですが。
なんやねんそれ?と思われたでしょうか。

私が今まで試行錯誤を繰り返してきて結局たどり着いた方法は、
1) まずは耳から。読まれたものをたくさん聞く。同じものを何度も聞く。
そしてそれは、簡単なものから。
簡単すぎると思えるものから始める。
子供用の絵本や、ノンフィクション。
考えてもみてください、3、4歳の子供が話す日本語だってけっこうなものでしょう。同じく3、4歳の英語圏の子供が話すことってのもたいしたもんです。
よく受験勉強で難しいものを読まされたりしますが、あんなの、基礎もないのにやったって、苦痛なだけでなにも身につきゃしません。

2) よく読む。これまた簡単だなぁと思えるものをたくさん。そして芯から内容を理解する。自分自身でもそこにでてくる表現が使えるようになる。

3) ゆっくり、ゆっくりレベルをあげていく。

4)とにかくインプット、インプット!聞いて読んで、英語の表現をどんどん頭にためていく。自分のものにしていく。

5)十分インプットがたまったら、作文をしたり、英語でおしゃべりしたりする。でも、これはやりたきゃやる、でよい。
インプットが十分すぎるほどたまってきたら、イヤでも口をついて出てくるから。


で、その読む聞くの素材ですが、自分の好きなもの、自分の興味あるものだけを用いる。
こんなの興味ないや、と思ったものは、やらない!
内容が知りたいなぁ〜これってどんなことが言われてるンかな?ほぉ〜そうなんやぁ〜、おもろいなぁ〜、って思えることだけやる。
英語自体を勉強するんじゃなくて、英語を使って、何かおもしろいことをする。
昔は英語の素材を手に入れるにもお金がかかったり、そもそも入手不可能だったりしたけど、今の世の中インターネットで英語の音声も、書かれたものもほとんど無料で手に入りますもんね。ありがたや。

で、このように若いうちからこういう正しく自然で健全な方法で英語に触れてたら、受験のころには、もう苦痛なアホくさい英語の受験勉強なんかしないでいいのです。
面白そうな自然科学の雑誌でも読んでりゃいい、おもしろい英語のドラマでも見てりゃいい、ネットで海外の子と文通するのもいい、

苦痛な勉強、アホクサイです。

タイムマシンにのって中学生のころの自分に会って教えてあげたいです。
無理なんで、自分の子供や、よその子供や、英語できるようになりたいけど、しんどいって言ってるみなさんに、
ちょっと見かたをかえてみましょうよ、って言います。言わせてください。

まずは一番身近な自分の子供に、自分が辿り着いた、"正しく、自然な方法"で英語と関わらせていこうと思います。
自分なら自分の意思でこうと決めたら動けますが、自分の子供とはいえ、なんせ自分とは別個の人間.........思い通りにすんなりとは行かないでしょうが、ま、やってみます。
英語なんかやらんわ、他にもっと時間を割きたいことがある、と息子が言い出して、もっともなことならば、それもよし、とします。

そういう私自身も、もっともっと英語に触れて、英語で遊んで、英語で楽しんで、もっと英語をよく知りたい。もっと英語で理解できる、表現できるようになりたいです。

そのうちまたおもしろいことがあったら書きますね。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
posted by あきやん Angie at 15:40| Comment(17) | TrackBack(1) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。