2007年12月29日

The Catcher in the Rye 読了

ひぇぇぇ〜今年も残すところわずかとなりましたね。
大掃除してたんですが、ちょっと逃げて、コーヒー飲む間だけ.....と言い訳しつつブログ記事更新します。(^_^;)
たぶん、今年最後の更新になるのではないでしょうか。
つたないブログですが、お付き合いくださったみなさま、どうもありがとうございました。
来年も、おもしろそうなネタがあったら書いていきますのでまたおつきあいよろしくおねがいしますm(__)m

****************************

The Catcher in the Rye 読了


HP6読了後、続きをハードカバーで買うかどうか迷って、やはりペーパーバックが出るのを待つことにした。
その間、少し読んだだけで本棚に放置されている他のペーパーバックたちを読んでいくことにした。

で、選んだのがこれ。



読んでる間、かーなーり、気分が落ち込んだ。
主人公の気持ちがよくわかるだけに。
なんでもかんでもに批判的な態度は自分に重なるし。

途中、主人公の親の気持なったりもして、もうホールデン何やってんのよ、とやきもきしたり。
そのうち主人公側にどっぷりつかっていたけど。

さいごのほう、主人公がどうなってしまうのか、不安な気持ちでいっぱいでした。
読んでる間ずっboy this is depressing!!と思ってましたが、読み終わったら不思議なことになんともすがすがしい気持ちになりました。

本の中で、印象に残った言葉。

主人公の恩師がどこかの心理学者かなんかの言葉を引用したもので、

"The mark of the immature man is that he wants to die nobly for a cause, while the mark of the mature man is that he wants to live humbly for one."

というもの。

自分の若いころを思い出して、今の自分と比べると、つくづくそう思う。

実はこの本、買ったのはなんと18年も前。まだ16歳の時でした。最初の数ページにのわからない単語に鉛筆で下線がひいてあって、そのあとはキレイなままなので、速攻読むのを挫折したのでしょう。自分の16のときの英語力でこの本を読もうとは....そりゃ無理だ(^_^;)
日本語で読んだとしても、主人公のホールデン君の16歳と精神的にかなり幼かった私の16歳では偉い違い。理解できなかっただろうな。


  ↑
当時は、読み終わったら売るかも...なんてことは考えもしなかったのだろうな、裏表紙をめくったところに、買った日付とサイン(もちろん旧姓)がされてました。
紙の端がかなり茶色くなってます。


そんなこんなで、18年たってようやく読み終わったのでした。この作品、やはり名作と言われ未だに読み継がれている理由がわかる気がしました。
posted by あきやん Angie at 15:52| Comment(6) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

Proud という言葉についてちょっと考えた --- 息子の質問から

CTPのCharacter buildersのCDを子供たちと聞いていたら、息子が、
Make yourself proud.
というところを、どういう意味?って私に聞いた。
自分に誇りを持ちなさい、ってことやな〜。
って言ってから、うーん、誇りっていってもわからんよな。
自分に自信を持ちなさい、自分が正しいことをしてるって思いながら行動しなさい、とかかなぁ、っていい直した。(あとで辞書ひこ、と思いながら....)

"Make yourself proud." なんて、英米のママさんたちはしょっちゅう子供に言うんだろうな。でも日本じゃそんなの言わんわな、「自分に誇りをもちなさい」とか、「自分に誇りを持てるような行動をしなさい」とか....

そういえば、アメリカの親たちは子供をほめるときしょっちゅう、"I'm proud of you!!"って言ってたなぁ。
日本語だったら、すごいわねとか、えらいね、とかかな。

proud
英英辞書を引いてみたら、一番最初に来る意味は、
feeling pleased with your achievements, family, country etc because you think they are very good
例、 ◇You should see them with the baby - they're so proud!
◇Jane's very proud of her new car.
◇we are proud that a pupil from our school has won a prize.
◇She was proud to be part of such a prestigious project.

そういえば、アメリカにいると、アメリカ人たちがしょっちゅう、We're (またはI'm) proud to be American.って書いたり言ったりしてるのにでくわす。
はぁよござんしたね、アメリカ人であることを誇りに思うってさ〜、なんて白々と見てたけど、どっかで聞いたのだけど、too proudなんじゃなくて、lucky to be American って感じもある、って。
ふむ、なるほどね。

誇り、
あんまり普段の生活では使わない日本語だなぁ。
proud = 誇りに思う、ってガチガチの翻訳で考えてたら、自分が英語で話すときに、proudって言葉が使えなくなるなぁ。
上の例の、Jane's very proud of her new car.なんて、車を誇りに思うなんていわないもんねぇ。

あと、ポケモンの歌でニャースが歌うやつに、おいら一人で哲学するのにゃ〜って歌詞があって、また息子に哲学って何?って聞かれて.....

長くなるのでこのへんで。
子供の質問、勉強になります。
posted by あきやん Angie at 10:49| Comment(5) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

Harry Potter and the Half-Blood Prince 読了

読み終わってしまった。
やっぱしおもしろかったわー。
特に後半、えぇぇぇーという展開であった。
次でおしまいなんて、大丈夫なのか?!

続きが読みたいのだが、このHalf-Blood Princeをもう一度、今度は辞書を引きながら読んでペーパーバックが出るのを待つか、
ちょっと高いし、かさばるけど、ええい、ハードカバーを買ってしまうか、
迷うところだ.......。

でも、夏にでる日本語版の値段があまりに高いのに驚いてしまった。
(アマゾンで見たら、新品でUS版2600円、夏にでる日本語版3990円)
2600円が安く見えるではないか......
中古で買っても送料がかかるからあんまりかわらんなぁ.....

買っちゃおうかなぁどうしようかなぁ
posted by あきやん Angie at 23:53| Comment(6) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

おもしろ〜い!! 20Q

英語学習ポッドキャストのhttp://www.betteratenglish.com/で聞いたのですが、20Qというおもちゃがあるそうな。
あるものの言葉を思い浮かべてから、機械のオモチャの出す20の質問に答えたら、あら不思議!答えを出してくれるのですって!

googleで調べて見たらサイト発見。
ネットでもためしに遊んでみられるようになってました(*^_^*)
英語しかないと思ったら、日本語はじめいろんな言語があるんですね。
私は英語でやってみました。

最初、dinosaur、って思ってやったら、ずばり正解!
その後だんなに参加してもらったけど、wallet, clock...どれも正解。

おもしろいよー!
英語でやったら英語の勉強にもなりますね(^_-)-☆

http://www.20q.net/
posted by あきやん Angie at 22:37| Comment(16) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

トホホな日(LingQのディスカッション参加できず)

今日(もう日付が変わったので、昨日ですが)LingQのディスカッションに申し込んでいたのに参加できなかった。
夜11時からの、JulieのRead Aloudに参加する予定だったのですが。
短いお話を、参加者が音読して、先生が発音を直してくれたり、内容について話したりするという内容のdiscussion.

24時間前に、音読に使うお話がメールで届くはずなのに、前日の夜も来ず。
朝メールチェックしても来てない。
その日は幼稚園の参観日で午前中から忙しかったので、JulieとLingQのサポートの両方にメールが届いてない旨のメールを送って出かけた。
時差のせいで、すぐには返事はこないことはわかってたけど。

午後、帰ってメールチェックしたけど当然来てない。

その後、4時ごろからは主婦の一番忙しい時間到来。買い物、ご飯したく、片付け、子供を風呂に入れ、子供の歯を磨いて、ベッドで子供に本を読んでやって....
メール届いているかなぁと途中ちらりと思ったけど、そんな暇もなく。

そしてあろうことか、子供を寝かしつけながら私も眠ってしまった。
起きたら午前2時前。
あ〜あ。ディスカッション終わってるやん。

そのまま起きてパソコン立ち上げ、
メール着てるわ、午後5時。
遅いわ。

寝てしまった私も悪いけど、メールがちゃんと事前に届いていたら、がんばって起きていたと思う。
Julie先生はそういうとこちゃんとしてる人だと思っていたのでちとショック。なんだかオフィスを引越ししているそうで?普通の状況ではなかったようですが。

ともかく、残念です。

目が覚めてしまったので、もう起きておこう。

あーあ。(−−〆)
500ポイント損したわ。

もう夜遅いディスカッション参加するのやめよう...........:(
posted by あきやん Angie at 02:48| Comment(15) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

時間の使い方

今日は2週間ぶりにLingQのディスカッションに参加しました。Allison先生の"A Balanced Life"というものです。
自分の生活の中で何のバランスをとりたいか?という質問に、私は、自分自身のことに割く時間(英語の勉強、まだ今はしてないけどこれからしたい仕事)と子供たちと過ごす時間、または家事などに割く時間、と答えました。
私が、時間がない時間がないというのに対し、先生は24時間を時間のブロックにわけた表をつくってそこに予定を書き入れ空き時間を把握するべきだとアドバイスしてくれました。
そして、日ごろ私がしている一日の予定表はとてもアバウトなものだということにきづきました。
Allisonは、私と同じ子供二人のお母さん(子供さんはうちより小さい)で、いろいろなことに共感できます。
そしていままで参加した3回のディスカッションすべてにおいて有益な助言をくれました。

24時間のタイムテーブル、睡眠時間もちゃんと書き入れて、もっとちゃんと空き時間を把握してみよう。
何かが開けそうな気がしてわくわくしています。

discussionの最後に先生がくれた一言、

"Success in life depends on how you invest 24 hours you are blessed with each day."

人生における成功というのは、あなたが一日一日天から与えられた24時間をどのように使うかにかかっている。

(investの訳をどうしようか迷いました....翻訳家にはなれそうもないなぁ(^_^;))

しかし、ほんとにそうだなぁ。

昨日までなんだかぐじぐじしていた私ですが、また気分をあらたに生きていこー。
posted by あきやん Angie at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

Discussion @ Lingq

今日は私と同じくLingqで英語を学んでおられるなぼむしさんに誘っていただいて、ディスカッションに参加させてもらいました。
私はまだ新参者ゆえ学習者グループなるものには参加してないのですが、今日はなぼむしさんのグループのメンバーさんに都合が悪い方がでたので、私がその代わりに参加させてもらったのです。
とっても楽しかったです!
前もって各人がもちよったトピックについて話し合いました。
勉強仲間がいるってのはいいことですねぇ〜。

最後に、なぼむしさん今日はお誘いいただいてほんとありがとうございました〜!

あと、英語を本気で身に付けたいと思ってる方、Linguist(今はLingq)はか・な・り、オススメです。
(私は全くもって関係者でもなんでもありませんが)
内容は豊富、勉強方法は的確、そして格安料金。
まだ始めて3ヶ月ですが、Linguistに会えてよかったなぁ〜と思います。これからもお世話になるでしょう...。
めざせ、full fluency!!

↓ブログランキングに参加してます。応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
posted by あきやん Angie at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

Lingqに英作文提出

早いものでLinguistを初めて3ヶ月近くたちました。
が、提出した英作文はまだ1つだけだった(^_^;)
昨日久々に新しく書いた英作文を提出しました。

1ワードごとに添削料金がかさむので短くせねば〜と思いつつも内容は削れない。結局455語になりました。
昨日の朝提出して、今朝には添削されていました。
添削についてたメッセージを読んでびっくり、えっ、添削後の文章を先生が読み上げてくれたオーディオファイルもつくの!?
さっそくダウンロードしようとしたけど、ファイルが見つからない。
カスタマーセンターにメールしたら、すぐに返事が来て、オーディオファイルについては今後できるようにするけど、まだ今は使えないので、まだどのメンバーもオーディオファイルは受け取ってない、とのこと。
そっか。
でも、今後この機能が使えるようになったらすごいですね!


↓ブログランキングに参加してます。応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
posted by あきやん Angie at 09:59| Comment(4) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

今日のLingq

新システムのLingq,なんだかバグありまくってるように思えますが、ログインするたび少しずつ改善されているようで、それに関しては好感が持てます。

今日は夜10時にdiscussionに参加しました。
今日は、英検1級の2次試験形式のような、与えられたお題から一つ選んでスピーチをする、というものでした。
私のほかに生徒は二名。カスタマーサービスでお世話になっているwestenderさんともう一人はオランダ人の方でした。
みなさんしっかりとした英語を話されていてさすがーと思いました。

それにしても、まだまだ言いたいことが英語でちゃんと言えない........
言いたいことはだいたい言えてるのですが、日本語で言うときに比べたらかなり内容をそぎ落としてしまっています。
full fluencyへの道は遠いです........

英検は終わったことだし、この手のスピーチ系discussionは当分いいかな〜。(^_^;)
あ、でも、英検1級2次越えをめざしてがんばっている方にはこれ、超オススメです。

Lingq使い始めて二日目ですが、Flashcardのしくみがなんだかよくわからない........
どないなったらどないやねんな〜!?
わからんのは私だけ?!
どっかに説明あるんかな....

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
posted by あきやん Angie at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

よい刺激 @ The Linguist

新システムのLingqに移行する真っ最中で、ただでさえ新参者の私にとってはなんだかよくわからない現在のThe Linguistですが、
今日、discussionに参加しました。
タイトルはage.
人にとって何歳が理想的か、60〜65さいでの定年退職は必要なのか?などなど話し合いました。

今日の参加者は私のほかにもう一人日本人の女性。
かしこそうな人だなぁ、英語も上手だなぁと思っていたら、
なんと職業はお医者様だそうな。
落ち着いた知的な話し方をされるかたで、話す英語も私よりずっときれい。
なんていうんでしょう?言葉選びから知的さがただよう.......
私ももっとたくさん読んで聞いて書いて話して、がんばろう〜、と思わせてくれた今日のLinguistでした。

今からPrison Break season2のつづきを夫と見ます。
これもまた楽しみながら英語の勉強.....(*^_^*)
(Prison Breakのシーズン2といえば、Invasionの警官役やったおっちゃんが重要な役で出てきたのでビックリ!!あのおっちゃん(?っていうほどおっちゃんじゃないが!)味があって結構好き。)

あ、Linguistのdiscussionといえば、次回は、
Wednesday, August 08 - 11:00PM
タイトルはずばり"Pet Peeves"にサインアップしました。
今のところ私しかいないようす.....どなたかよければご一緒くださいませ。
posted by あきやん Angie at 23:30| Comment(3) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

英検1級の結果

旅行から帰ってきました〜。
東京ディズニーランド&シー、楽しかったー!
この報告は別エントリーに。

本題の、英検1級の結果でました。

合格してました。

やったーーーー!ばんざーい!

今日家に帰ってきたら結果の通知が届いていました。
でもそれよりまえの18日にネットで結果が見れたのですでに見ていました。
ちょうどディズニーシーにいるときで、晩ご飯を食べ終わって席についていたとき。
まだ旅はあと2泊あるし、もし落ちてて気分が落ち込むのもいやだし、と一瞬見るのをやめようかとも思ったのだけど、どうにもこうにも落ち着かなくて、夫のザウルスを借りて結果を見ました。

うれしくてキャーキャー言いました。
家族も喜んでくれました。
その後、シーの夜のショー(花火と水と光のショー)を最高の気分でみられました。

100点中83点とれていました。合格点の60点よりもだいぶとれていたのでさらにうれしかった。

得点の詳細はこんなでした。
Section 1 ... Short Speech 24/30 (80%)
Section 2 ... Interaction 27/30 (90%)
Section 3 ... Grammar and Vocabulary 16/20 (80%)
Section 4 ... Pronunciation 16/20 (80%)

Section 2のInteraction(受け答え)が一番高かったのは、やはり大阪のおばちゃんに半分なりかけてるからでしょうな。

ほんとうにほんとうにうれしかった。
がんばったね!とこういう形でほめてもらえるのはほんとうに励みになります。

これからも英語の勉強は続けて、full fluencyめざしてがんばるぞぴかぴか(新しい)
posted by あきやん Angie at 00:40| Comment(30) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

ちょっとしたカルチャーショック

☆英検1級の2次。
日曜日に試験を受けてから二日間経った。
落ち着かない.......
受けた直後の感想は、「微妙」。
その後面接のことを何度も思い出しては、どんどん自信がなくなってくる。
昨日の晩も、突然、あぁやっぱしあかんわ!とか言って、だんなに、まだ言ってんの!?と言われた。
結果が良くても悪くても、早く結果を知りたい〜!(いらちな私)

☆The Linguistのdiscussion
子供もとっくに寝静まったあと、テレビを見ている夫に別れを告げて(おおげさ)別の部屋にノートパソコンを持って移動。
昨夜11時から12時の間ディスカッションに参加しました。
先生と私のほかにもう一人生徒さんがいました。
先生は、アメリカ人でアリゾナにおり、
私は、日本人で兵庫県は尼崎市におり、
もう一人の生徒さんはフランス人のおっちゃん(60歳)で南仏にいました。
Skypeでみんなで話しました。
インターネットってすごいねぇ.....
議題は、Differences between old people and young people.
内容もさることながら、少々カルチャーショックがあった。
そのフランス人のおっちゃん、フランス語の訛りがきついきつい!
何箇所も、まったく何いってるかわからないところがあった。
ようやく慣れてきたころには60分のディスカッションも終わりかけ...。
でもけっこうおもしろい内容のディスカッションでした。
フランス人のおっちゃんが、数字データをたくさん持ち出すのが興味深かった。
私は、普段なんでもめっちゃ高い!とか、めっちゃ多い!とかで済ませてるもので...(^_^;)
途中から移民の話になって、おっちゃんがアフリカからの移民がなんぼ、ムスリムがなんぼ、とか、若者の失業率がなんぼ、とかばしばし数字を出してくるのがおもしろいなぁと思った。
私もこれからもうちょっと数字に気を遣ってみよう。。。
(それにしてもフランスの若者の失業率の高さにはビックリ仰天した。おっちゃん曰く20%だと。年寄りが若者を養わねばならん状態になってるとゆーてた。)
あと、あと、もう一つのショックが...
そのおっちゃん、Skypeの会議中にぴーひゃらぴーひゃらと他の人からコールがあると、アロ〜、ってコールにでてフツーにでっかい声で話し始めるのでした。
日本人ではそういうことするの考えられなくない?
そのおっちゃんが特殊なのかもしれんが......多少は国民性はあると思う。
いろんな意味でおもしろい昨夜のディスカッションでした。
posted by あきやん Angie at 14:21| Comment(13) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

英検1級2次受けてきました

ついにその日がやってきた.....
英検1級の2次試験。
今日受けてまいりました。

結局ついてから1時間以上待った。
待ってる間の受験者のみなさん、私のように何もせずボーっとしてる人も多少はいたが、ほとんどが、試験対策の本を読んでいたり、英字新聞を読んでいた。多かったのが、用意してきたスピーチ原稿に目を通してた人。
けっこうな数を用意されていましたー。すげー。
私は結局そういうの一切やらず。
前日の夜、夫と日本語で模擬面接(!?)をやってもらったくらい。
あ、あとThe Linguistで、環境問題のディスカッションを一度やったのと、環境問題の記事を少し読んだくらいだなぁ。

受験者の年齢はさまざまであった。20〜40代とおぼしき人が圧倒的に多かったが、おじいさんもいれば、高校生や、もしかして小学生かも?って子もいた。帰国子女かな〜やっぱ?
中学や高校で英検1級とってしまうのか〜。すごいなぁ〜。

試験が始まってすぐの世間話で何話そうかなぁなどと考えてるうちに、順番がやってきた。

試験が終わってすぐの感想...
...びみょー...

絶対あかんわ!とも思わんが、大丈夫ちゃうか!?とも思わない。

大したことは何も言えなかったが、沈黙にはならなかったし、とんちんかんなことも言わなかった(と思う)。
途中ちょっとえ〜っとえ〜っとってなったけど、試験官の先生がにっこりと笑顔で、いいですよ、続けて、って言ってくれて、リラックスした。
そう。試験官の方(外国人と日本人それぞれ一人ずつ)がとてもやさしかった。
とくに外国人の方が。初老の男性で、常ににこやか〜に聞いてくださった。

言いたいことはそこそこ言えたと思う。
トピックも、自分の関心が深い環境問題に関することを選べたし。

でも受かってるかどうかは、ほんと微妙。
微妙だ.........。

帰ってきた今、頭ががんがんするー。
ちょっと昼寝したい。

まともかく、第1回目の英検1級2次試験がおわってほっとした。
ほぇ〜。
posted by あきやん Angie at 14:15| Comment(7) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

夕立、英語でディスカッション

☆ぬれねずみ

今日息子は幼稚園の後お習字だったので、4時に幼稚園の裏の託児所へ迎えに行った。
家を出るときいかにもあやしげな暗雲が見る見るうちに広がった。かすかに雨が降り始めたようだったが、つい希望的観測で、ちょっと行って帰ってくるくらいは大丈夫、と思った。
娘を自転車の後に乗せ、出発。

先生にさようならして、お友達にもさようならして、
さぁ帰ろうと歩き始めたら、ざぁぁぁ〜〜〜〜っと来た。

降るわ降るわ、私、息子、娘、びしょぬれ。
どしゃぶりの夕立。
まぁ今までクソ暑かったからすずしくていいワイ、と開き直ってそのまま雨宿りもせず帰った。私は自転車をついて、息子は歩き。娘は自転車の後ろの座席。(所要時間10分)

私はこんなに雨にぬれるのは久々でけっこうおもしろかったけど、息子はぜんぜんおもしろくない、なんで傘持ってこーへんかったん?と少々怒っていた。(息子よ、母はまたいつもの希望的観測の失敗をしたなぁ〜すまぬ。)

☆The Linguistのdiscussion
午前中、The Linguistのdiscussionを1時間、スカイプを通してした。
お題はEnvironmentalism。
先生のほかにはもう一人日本人の女性。けっこうしっかり準備されていたようでエライな〜と思った。
私は特に準備はしなかったのだが、昔から環境問題のことを考えると本当に夜も眠れなくなり、一歩違う道にそれたらエコテロリストになっていたかもしれないくらいだったので(!?)、色々と話すことはつきなかった。
こういうdiscussionを何度も何度もやってたら、英検の2次のスピーチでも色々話すことができるだろうなぁ〜。
そのうちだんだんは苦手なトピックも選んでみようと思う。
discussionで、生徒の話した英語が不自然だったり間違っていたりしたら、先生がチャットの画面で訂正してくれる。
discussionが終わった後にゆっくりチャットのログをみて確認した。
すごく楽しい1時間だった!

☆2次試験対策
妹の中高時代のお友達で英検1級をとってる人がいて、その人から2次へのアドバイスをもらった。
実際受かってる人から聞くのはありがたい!
彼女がいうに、2分のスピーチはうまくいかなくても大丈夫。(最初と最後に結論さえしっかり言えれば。)
あとの質疑応答のほうを斟酌してくれるそうな。
スピーチがボロボロでも質疑応答で巻き返しが図れるというのを聞いてとっても気が楽になった。
2次対策に私が読んでいる本(英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング
)も彼女のオススメと一緒だったしさらに安心した。(しかしながらまだ半分も読んでないが。。。)
まぁこういうのは直前にどうこうできるもんでもないので、今回1発で受かってやろうとか思ってあせってもしかたがない。
The Linguistという頼れる助っ人も現れたし、毎日少しずつやろう。
1年以内に受かるかなぁ。。。
posted by あきやん Angie at 01:47| Comment(2) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

英検1級1次合格

今日の夕刻より、1次試験の結果がネットで確認できることになっていました。
4時前に、そろそろかな?とログイン。

合格していた!

スコアは89点でした。合格点は82点だったので、ギリギリだなぁ(^_^;)
気になっていた作文は、28点中14点でした。

1次通過、とてもうれしいですが、
次の2次はかなり敷居が高く、恐ろしいです.......

1次試験受けた直後はあかんやろ〜と思ってて2次の日程をろくに覚えていなかったのですが、
7月8日!
って、あと10日しかないやん!!!

ひぃ〜〜〜


posted by あきやん Angie at 16:00| Comment(19) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

英語学習、新たな一歩(The Linguist)

今月受けた英検1級で痛感したこと。
英語の勉強の仕方が不十分だ......。
今回受けた1次がもし通ってても、次の2次は全く自信がない!

ここ3〜4年、全くの独学で英語学習を続けてきましたが、ついに、人の助けを請うことにしました。
それは、オンライン英語学習システムのThe Linguist

ずいぶん前にechat Vancouver(←私のお気に入り英語学習podcastの一つ)で、The Linguistの創設者の方のインタビューを聞いて以来、これは絶対いいはず、とずーっと気になっていた。
そして、ついに始めました。今1ヶ月の体験中。
始めてから1週間がたとうとしています。
思ったとおり、すご〜くいいです。

何が良いかというと、

とにかくたくさんの英語を読んだり聞いたりできること。
その英語は学習者向きに作ったものではなく、本物であること。
新しく知った単語や、自分でも使いたいと思ったフレーズをシステムに保存し、効率的に復習ができること。
先生(カナダの会社なのでカナダ人の先生たち)にメールなどで質問ができること。
作文を書いて添削が受けられること。
先生との1対1の会話、または生徒が4人までの会話をSkypeを通して受けられること。
(低料金なのもうれしい。)

あくまでも基本は自主学習によるインプットであるが、
十分なアウトプットができ、それに対する訂正が受けられる、
というのが理想的だと思いました。

外国語を身につけるって、人に教わることじゃないのだよね。
自分から読んで、聞いて、まねして吸収して...
自分でどれだけやるかなのだ。

結局は自分自身なのだ。
だけど一人で勉強してると時々自分が正しい方向に進んでいるかどうか不安になる。
でも、先生に相談したり、作文を添削してもらったり、どれくらい自分の実力が伸びたか測ってもらえたら、すごくいい励みになる。

外国語の先生のすべきことって、
教えることじゃないのだよね。
どうやって学ぶか、を教えるのだよね。


以前に、テレビ番組で、ノーベル賞をとった学者さん(名前忘れた。けっこうお年を召されている)が科学好きの中学生たちに授業をするというのを見た。その番組の最後にその学者さんがおっしゃったことで印象に残ったことがある。
よい先生というのは、
その先生自身が学び続けていること。
学ぶことをやめず、学ぶことを愛しており、ずっと追求していること。
(正確にどうおっしゃったかは覚えていませんが、こういう意味のことをおっしゃっていた。)

先生の知識をただ上から下へ教えるだけではつまらない。
どうやって学べばよいのか、ということや、
学ぶことには忍耐や努力も必要だけども、学ぶことで次の次元へとのぼっていく楽しみを教えられることが大切なのだろう。
そして、何よりも大切なのは生徒と一緒に自分も学び続けることができる、
ということだろうなぁ。

話は私の英語学習に戻ります。
私がめざすのは、ずばり、full fluency。
今現在、私が英語で人と話すとき、相手のいってることはほぼ全部わかるし(わからないところは、それってどういう意味?って聞くから、結局はわかる)、自分の言いたいことも伝わる。
だけどね、私が日本語で普段話しているように、大人の英語母語話者同士がフツーに話してるのを聞いてたらやっぱりわからないことだらけなんですね。
The Linguistでの近いゴールは語彙が1万5千語。
(ちなみに英語圏で大学教育を受けた人の平均語彙は5万語だそうです。)

実用的な、自分の興味ある読み物をたくさん読んで、聞いて、書いて話して、full fluencyめざしてがんばるぞ〜。
posted by あきやん Angie at 14:04| Comment(4) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

新たな遠〜い目標...まぁ気長に

あんまり後ろ向きなことは書かないほうがいいかなぁと思ってしばらく書いたり、消したりしてました....

英検1級の2次のスピーチ、今の自分には無理だわ....

いくつかあるお題から一つ選んで、2分間のスピーチを作成。
例題を見てみるも、
日本語でさえまとまらんわ。

英検のHPにのってた例題
(カッコ内の訳は私がつけましたのであしからず)

1. What role should the United Nations play in international politics?
(国際政治において国連はどのような役割を担うべきか?)

2. Do the rich have a responsibility to help the poor in society?
(社会的に、金持ちは貧乏人を助ける義務があるか?)

3. Is tradition always worth preserving?
(伝統は常に守り残していく価値があるか?)

4. Should students be asked to evaluate their teachers?
(教師の評価をするにあたり、生徒にもさせるべきか?)

5. "Honesty is the best policy" --- in all situations?
(「正直は最善の策」...ってどの状況でも!?)

むむぅ.............
実際の試験では、1分間で5つのうち1つのお題を選び、2分間のスピーチを練る。
で、2分間のスピーチの後、二人の試験官(英語母語話者と日本語母語話者)による質疑応答。

むむぅ..............
考えただけで胃が痛い。
無理よ、無理無理。
なんて感じてるうちは、英検1級受かる資格もないんだろ〜な〜

とても1ヶ月でできるようになるとは思えない。
日ごろから、新聞記事なりニュースなりで気になったものに対する自分の考えをまとめておくということを習慣づけておかねばならないなぁ。

こういう訓練は一月やそこらでどうにかなるもんじゃない...

でも、前向きに考えると、これって挑戦のしがいがとてもある。
硬い話題に関してでも自分の意見をまとめて発表できるようになれば、英語力がぐーんと上がるだろう。
(英語だけに限らず、大きい意味での言葉そのものの運用能力が上がる)
それってすごいな〜

遠い道のりだが、新たな目標ができたことはよかった。
あせっても仕方ない。
ぼちぼちやっていこう....。
posted by あきやん Angie at 15:14| Comment(6) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

受かったかも

回答速報、さっそく見ました。
自己採点したところ........

受かってるかも.....

エッセイが何点とれるかによるのですが。

113点満点中、合格ラインといわれる7割の点が、79点。
自己採点で、エッセイ(28点)を除いて75点取れていました。
お粗末なエッセイで、結論も書いていないのですが、5点はさすがにあるのでは.....
そうなると、ギリギリ合格になる...。

二次試験の面接!
ひゃーーーーーー。
今度こそマジでスピーチの訓練せねば。
(受かってるかどうかは微妙とはいえ)

ちなみに、点の内訳、
筆記(エッセイ除く)が、51点満点中43点、
エッセイ、28点満点中?点、
リスニングが、34点中32点。

でした。
ほぼ壊滅と思われたセクション1の語彙が一番出来が悪かったものの、25点中18点取れていました。

ううううむ。
二次の面接かぁ.....
新たな壁です。

スピーチの本がんばって読まねば。
posted by あきやん Angie at 14:10| Comment(11) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

英検1級受けてきました

疲れました........

試験の時間、休憩なしの2時間18分。
きつかった........ほんまきつかったわ......
TOEICの時もけっこう長かった気がするが、問題が英検1級とは比べものにならんほど簡単なので、そうしんどくはなかった。

まずいきなりの爆撃。語彙をテストするセクション1で、こんな単語日常会話のどこで使うねんな!?の単語が25問。ほぼ全滅と思われる。

次に、次から次へと続く長文。
まぁこれはなんとかわかるものの、しんどい。
しんどい!!!
途中で頭がぼーっとしたり、眠くなったり、ほんまに家に帰りたくなった。

が、なんとかがんばる。
最後、エッセイ。
40分近く残っていたので十分時間があると思っていたら、
気づくとあと15分くらいになっていた。
あせりながら時間は過ぎていった。結論のところは清書しながら考えよっと思っていたら、パラグラフ4つを書き写すのにもかなり時間がかかり、手がじんじん痛くなりつつ書いて、案の定結論を書く前に時間切れ。
がーーーーん。

ちなみに、エッセイのトピックは、"Has modern society become too dependent on technology?" (現代社会はテクノロジーに依存しすぎているか?)

次リスニング。
リスニングは、その前の筆記試験に比べたら信じられんほど簡単だった。

合格ラインは7割らしい。
無理やな。。。

セクション1で壊滅的打撃を受け、エッセイの結論も書けず。

勉強不足でした。

というか、受けてる間、「もう二度と受けたくない」とまじで思った。日常生活でこんな英語知らんでも何も苦労せんわ〜。

でも、やっぱしTIMEとか読んだり、大人同士で知的な会話を交わすにはわかってないといけないんだな。

あまりに疲れたので、もう次回は受けない......と思ったが、
桑田がメジャー昇格とか聞くと、やっぱ私もがんばろうと思うのだった。(単純なやつ)

●○●今回気づいた、今後の改良点●○●

1.普段の生活に英語を取り入れる量が絶対的に不足している。学習教材だけでなく、TIMEなどの雑誌、または自分の興味のある分野の読み物を読んだり、英語の番組を見るなどする量を増やすべき。

2.英語を書く訓練が不足していた。これからは毎日英語で日記を書こう。

3.母国語でよいので、幅広いトピックについて自分の意見をまとめること。(例:夫が政治の話をしたときなどに、あ、そ〜、ふ〜ん、とかで済ませないこと)

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

次回受ける受けないにかかわらず、英語の勉強は一生続けていくので、今後の勉強する姿勢を修正するうえで今回英検1級を受けたのはとても有意義なことでした。
7500円無駄ではなかった。

明日回答速報がでるそうな。
楽しみです。(受かってないのはわかっていても)
posted by あきやん Angie at 19:59| Comment(9) | TrackBack(1) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

英検1級申し込みました

連休明けの昨日は、一日中眠たくてしんどかった....

今日は息子が幼稚園の遠足。
お弁当作って送り出しました。
今日は私も体調戻りました。
で、締め切りも近づいてきてようやく英検1級の申し込みしました。
7500円、高い!(しつこい)

試験は、下の子の予定日1ヶ月ちょい前にでっかい腹をかかえて受けたTOEIC以来なので、3年ぶり。
子供を置いていくので、夫にことわっておかにゃ〜な。

まぁ受からんでしょうが、受けんことには先へ進めぬので、がんばりまーす。ぴかぴか(新しい)
posted by あきやん Angie at 10:45| Comment(8) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。