2009年05月11日

これもまた英語楽習

今、明日の赤ちゃんとママの英語サークルの準備しています。
日付が変わるまであと1時間、急げ!(といいながら、ついついブログの更新をしてしまう....どうしようもないですな)

というのも、同じ部屋で、だんながケーブルテレビでWWEを見てるのです。(アメリカのプロレス)
私はテレビ(と夫)に背を向けてPCに向かってるんですが、音声はバシバシ聞こえてくる。
(で、気になるとこだけ振り返って見る(^_^;))
レスラー同士の確執やら、大衆演劇みたい....!?でおもしろい....
レスラーもみんなめっちゃキャラ立ってて....

それにしても、これ...... すごく英語の勉強になるわぁ。
解説(?)も、マイクパフォーマンスも、めっちゃかつ舌が良く、ドラマチック!

英語の勉強は一切してないと思われる夫だが、実はこれでかなり英語の勉強になってるだろうなぁ.....
posted by あきやん Angie at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

Decade / In Patagonia

うちの息子が小学校にあがってから、すっかり戦隊モノも仮面ライダーも見なくなった。
でも一応、仮面ライダーの新しいやつが、ディケイドということは知っていた。

ディケイド? (ケイにアクセント)

私が思い浮かべた英単語は decayed.
あの tooth decay (虫歯) の decay である。

腐った?腐食した?意味がちょっと広がって堕落した。あ、今回のは悪者キャラなんかな〜?
って、ちょっと思ったりしてた。

で、先日、うちの親子サークルに来てくれているY君と話していて(こないだの仮面ライダーはこうだったと切々と話してくれる)、あ、私の考えてたのとはぜんぜん違ってたとわかった。
今年の仮面ライダーで、平成仮面ライダー(?)が10周年らしいのだ。

decade だったのだ。

あぁ〜

だったら、ディケイドじゃなくて、デケイドやん。
デにアクセントの、ケイドやん〜

その夜、夫に、仮面ライダーディケイドって、腐ったってなんや〜って私言ってたけど、あれなぁ、10年のdecadeのことやったわ!!と話した。
そんなんやったら、デケイドやんなぁ〜
ディケイドやったらぜんぜん違うやンナァ〜

と、まくしたてる私。
しかし、夫はこういうとき絶対私の味方はしない。

デケイドやったらなんかかっこ悪い響きだ、
自分が名前つけたとしても、デケイドのままにはしない。というようなことを言った。

ふ〜ん まぁそうかな

ま、いいけどさっ。

ちなみに、このdecade (10年間)という言葉、よく出てきます。
ご存知なかった方は、仮面ライダーディケイドのせいで、変な発音を覚えてしまわないようにご注意を。

デにアクセントのデケイド ですから!

今日もこの言葉にでくわした。
ちょっとわけあって、Interesting thing of the dayのアルゼンチノサウルスの記事の冒頭を読んでいたとき。

The Argentinosaurus
Contender for the world’s largest dinosaur

Argentinosaurus bones

Bruce Chatwin begins his book In Patagonia with a description of a small piece of skin in a glass case in his grandmother’s dining room. When Chatwin was a young boy, his grandmother told him that this piece of skin, covered with coarse reddish hairs and pinned to a card, was from a brontosaurus that her cousin Charley had discovered preserved in a glacier in Patagonia. This peculiar artifact so captured the boy’s imagination that decades later―long after his grandmother had died and the skin fragment had been discarded―Chatwin set out on his own adventure to Patagonia. One of his goals on this trip was to discover the true origin of the animal whose hide was such a familiar memory from his childhood―and with any luck, find another sample of skin and hair to replace the one that was lost.

このアルゼンチノサウルスの記事、ずいぶん前にも聴いて、読んでいた。(息子が恐竜好きなもので、私も恐竜好きになってしまった)そしてここに出てくる、Bruce Chatwin の著作 "In Patagonia"を読んでみたいナァとずっと思っていたのだが、to do listにのせたまま長らく実行に移していなかった。

しかし、こないだアマゾンで注文して今日届いたのです。

そして、この本を読みたいと思うきっかけになった、ITOTDのアルゼンチノサウルスの記事をもう一度読もう、と思ったところに、decadeという言葉にでくわしたのでした。
ちゃんちゃん。


☆ほんとうにおもしろい読み物がたくさん!おまけに音声も聞けるITOTD。アルゼンチノサウルスの記事はこちら。

☆Bruce Chatwin "In Patagonia"

この表紙いいなぁ。
ただのストライプなのに。
青い空、雪をかぶった峰々、砂漠に少し生えた植物、赤土の荒野....


いつかいってみたいものです、パタゴニア。
posted by あきやん Angie at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

最近の私英語事情その2

英語のほうは....

こないだ書きかけで終わっていた、携帯電話のこと。
Windows Mobile搭載のスマートフォンに戻した、の続きです....

携帯電話とはいえ、小さなパソコンみたいなもんです。
CTPなどの子供の英語関係のmp3をどどんっと入れて、子供とCTP読むときには、携帯電話でWindows Media PlayerたちあげてCDの朗読を流しています。
スピーカーがついているから便利グッド(上向き矢印)
iPodだと、いちいちスピーカーにつなぐのが面倒だけど、スピーカーがプレイヤーについていたら、場所を選ばない!

前に他のブロガーさんのサイトで、こういうのを発見して、

いいなぁ、買いたいナァ、でもiPod持ってるのに他のmp3プレイヤー買うのはアホらしいなぁとだんなに言ってたら、そんなんやったら、(私が)前使ってたw-zero3 esにmp3入れてプレイヤーにしたらいいやん、といった。
しかしな、es でかいねん!
リモコンみたいやし!
いちいち持ち歩かんわ!

で、結局、wilcom 03を買った。(夫がクリスマスプレゼントに買ってくれた。ありがとう夫)
それで、スケジュール管理もまたes使ってたときみたいに、携帯でまとめて。英語の辞書も入ってるし、便利だ〜

ただ、windows media playerが、iTunesに比べると、アホでアホでもうどうしようもないのだが、そこはまぁ、仕方ない。比べるほうが間違っておる。普段の自分が聞きたいpodcast聞くのや、家でやってる親子英語サークルの進行にはiPod nanoをひきつづき使ってます。(やっぱiPodはどうしたってindispensable黒ハート

それから、The Public Speakerとか、Mighty Mommyとか、スクリプトも後で読みたいようなpodcastのスクリプトも携帯電話に入れておいて、子供を寝かしつけるときなどに、読んだり。
(暗闇の中でこんなことしてたらど近眼がさらにどどど近眼になりそうだが.....)
スクリプトはWord文書で保存してるので、この表現使える!って思ったのや、辞書引いた言葉をハイライトしておいたり、コメント付け加えたり。
エクセルで、子供たちのCTP、今日は何を読んだかの記録つけとか。
無線LANでネットもできるし(画面小さいからめったにしないが)。
これから色々アプリ入れてカスタマイズするぞ〜♪

大活躍な、これぞまさにスマートフォンなのだった。
esと比べたらめっちゃちっちゃくなって軽くなった、willcom03、好きだ〜黒ハート
買って大正解だった。


と、携帯電話の話はここまで。

英語学習ですが、
ここんとこ、
やっぱり、またLingQ再開しようかなぁ〜〜〜〜、どうしようかなぁ〜〜〜と迷っています。
やっぱり、ネイティブの先生との定期的なディスカッションがしたい!
そこで、自分のやってる親子英語サークルのこととか相談したいなぁ...

しかし、英語は、やっぱりもう独学で十分な気もする....

と思えば、いや、やっぱそんなことはない!とも思うし....
キリがないわいな。

お財布と相談かな。
でも、普通のスクールに通うことを思えば、LingQは安い!コストパフォーマンス最高だと思う。
絶対正しい自己投資だよなぁ....

数日、悩んでみます。(^_^;)

自己投資で思い出した。
前にこのブログの記事で、入会するか考え中と書いておりました、AJセンセのEffortless English入会しました。
やっぱし良い教材です。
これは、「英語が苦手だけど、できるようになりたい。話せるようになりたい」と思う方に特にオススメです。
また、「まだまだ修行中という自己認識のある英語の先生(私を含むあせあせ(飛び散る汗))」にもオススメですひらめき

追伸:
LingQってなんぞや、と思った方、
オンラインの英語学習サイトです。
(あ、英語だけじゃないです。いろんな言語がありますが、英語がメインです。)
本気で英語力をあげたいと思ったら、ぜひLingQで勉強することをおすすめします。
膨大なライブラリデータでの自習に加え、英語ネイティブの先生とのスカイプでのスピーキングレッスンや、作文の添削も受けられます。
私はLingQのおかげで英検1級受かったといっても過言ではありません。また、初級から上級までどんなレベルの人にでも向いています。
(でも、すごく苦手意識のある人にはEffortless Englishのほうがオススメかな)

いずれにせよ、せっかく自己投資するなら、実益を回収できるものでないといけませんよねexclamation×2

LingQのサイトはこちら

(念のため、上記二つのサイト、私はすごくオススメしてますが、オススメすることで私は一銭ももらっとりません。(^_^;)ほんとにいいものなのでもっと広めたい!という私の気持ちから書いただけです。)
posted by あきやん Angie at 12:34| Comment(7) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

a !? the !?

Chinesepodのホスト、Ken先生とJenny先生がいつもおっしゃいます、
Don't over-analyze!

うん。そう思う。
文章をこまかく部品にぶった切ってあーだこーだ文法的解釈を当てはめたって、その言語を喋れるようになることにはつながらないし、余計に自然な発話を阻害するだけだ。

しかし、時々気になるんですね、文法的なことが。
中国語はまだ超初心者なので、特に何も気にならないけど、(英語みたいに冠詞や細かい時制もないし♪)、英語となると、時々疑問がわいてくる。

今回気になったのは、風邪を引くこと。

風邪引いてるの、は、
I have a cold.

なんだけど、

インフルエンザにかかってるねん、は、
I have the flu.

この a と the の違いは!?
風邪はなんちゅーことない、軽い感じで、インフルエンザだと、specificな感じがするのかしら!?

ご存知の方、教えてください〜exclamation×2

ウェブで調べてたらこんな記事みつけました

Is It a Cold or the Flu?

posted by あきやん Angie at 11:41| Comment(5) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

最近の私英語事情 その1

うちの子英語事情に引き続き、私英語事情です。

ひとことで言うと、ボチボチ....

半年前からちまちまちまちま(主にトイレであせあせ(飛び散る汗))読んでいたHarry Potter最終巻が終わりかけです。

090114-092416_s.jpg

090114-092437_s.jpg

090114-092451_s.jpg

この写真はしばらく前にとったものなので、今はさらにさらに終わりかけです。
最終巻はほんとに、おもしろかった......
今までずっと読んできたから登場人物に愛着はあるし、パズルのピースが合うように、そうだったのか...って色んな謎が解明されたり....
終わってしまうのがさみしいたらーっ(汗)

あ、一つ、これらの写真をみて気づかれたかもしれませんが、私の本の栞は「ふせん」です。
ずっと前は、普通に栞をはさんでたのだけど、付箋にしてから、ペーパーバックを読む速度がすごく上がりました。あ、日本語の本でもそうだ。
普通の栞だと、開いたときに、えっと、前はどこまで読んだかな?と、最初からまた読んでしまったりしませんか?(私だけ?)
でも、付箋だと、前に読んだ最後のところにぺたっと張っておけるのでほんとの続きから読めます。
私は自分でこの方法を始めて、夫やら妹やらに、すごいやろっと自慢しまくったのですが、あ、っそう〜と、イマイチな反応....
でも私のなかではかなり革命的なことでした....

で、ここまでが紙媒体の英語のお話。
次は、電子媒体のお話。

携帯電話、機種変しました。
また、スマートフォンに戻ってきました。これです
うちは家族でウィルコムなんですが、以前私はw-zero3 es使ってましたが、あまりにでかく、重く、いやになって普通の何の特別な機能もない小さい携帯に戻しました。
で、スケジュール管理は紙の手帳で、携帯は単なる携帯電話で、メモ書きとto do list程度だけしてました。
しかしあることがきっかけでまたwindows mobile搭載型携帯に....
長くなりそうなのであせあせ(飛び散る汗)続きはまた次回書きます〜ダッシュ(走り出すさま)


posted by あきやん Angie at 12:32| Comment(4) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

耳から学習、ばんざ〜い。愛しのiPod。

むむむ........
次女の月齢が上がるにつれ日に日に忙しさが増しているような気がします。新生児はおっぱい、ねんね、おっぱい、ねんねだけだったけど、最近はただおっぱいあげて抱っこしてるだけじゃ満足してくれない(^_^;)

今日は、息子の小学校の個人懇談に次女を連れて行って、帰ってきたら息子が学校に忘れ物したというので次女の授乳を済ませてから取りに行って(放課後子供が一人で学校に忘れ物を取りに行くことはできない。誰が学校内に潜んでいるかわからず、危ないから!ぶっそうな世の中ですね....)、それから長女の幼稚園のお迎え...
このごろはPCに向かってLingQする暇が全くありません。
子供を寝かしつけるときとか何か頭を使わずにする用事の時にポッドキャストを聞くくらい。
ポッドキャストといえば、Chinesepodの会社から、Englishpodが始まりましたね!
ためしに聞いてみたけどすっごくためになりそう。
Chinesepodがすごくよかったから、同じ方式での英語もきっといいだろうと思ったけどその通りでした。
Check it out!

Englishpod


あと、私の最近お気に入りのポッドキャスト。
Mighty Mommy
こちらは、英語学習者向けじゃなくて、普通に英語圏の人向きのポッドキャスト。がんばるママにうれしいポッドキャストです。:)

子供のことで忙しいし、親子英語サークルは再開したし、ゆっくりパソコンに向かってLingQでテキストが読めるのはちょっと先になりそうだなぁ。(とかいいながら、たまにPCに向かうと他のことして遊んでしまうのであった.....)
でも、ポッドキャスト&iPodのおかげで何かしながら、耳から学習ができるのがほんとにほんとにありがたい!!
ほんま、ポッドキャストは外国語学習の革命やわぁ〜!!!!
posted by あきやん Angie at 00:29| Comment(5) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

英語に関することで一番やりたいこと...

出産で半年くらいお休みさせてもらっていた親子英語サークルの再開の日を決めてから、再開後のサークルで何をしようかと思いを巡らせています。

布団をたたんでたり、洗濯物干してたり、買い物に向かう途中だったり、ちょっとしたときにアイデアが思いつきます。

うちのサークルの場合、私が自分の子供と英語やるついでにお友達も、という動機でやってます。

子供たちと英語で遊んだり学んだりするのは楽しいです。
でも、私が本当にやりたいことは、
大人が英語を、実用的な英語を身に付けていくののお手伝いをする、ということです。
大人、というか、若くても中学生以上かなぁ。

英語を教えるというのは私が使うには抵抗がある表現です。
私はネイティブスピーカーじゃないし、私の英語に関する知識なんてたかが知れてる。
でも、勉強法は、自己流でいろいろやってみて、これ、というものができてきている。
自分自身まだまだ、一生英語は学び続けていくし。
その経験をもって、他の人の英語習得のお手伝い、はげましたり、助言したり.... 伴走する感じかな?そういうのしたいなぁと思うのです。
要するにこれが、教える、ってことなんでしょうけども(*^_^*)

自分が海外と日本を行ったりきたりして仕事してたころ、仕事で英語使うことになって苦労した人とかけっこうたくさん見た。
自分自身も、日本にいるころ英語が得意だと思っていたのだが、アメリカに仕事で行くことになり、それまでの自信は崩壊.... 子供になったみたいだった。
今までの勉強ってなんだったんでしょ?!
通訳学校で、あと次から本科、ってとこまで行ってたのにねぇ.....
結局わかったことは、人から与えられた勉強しかしてこなかったってことだった。
自分で使う、自分が必要な英語表現をみにつけるための、自分のためにカスタマイズされた勉強をしてこなかった。

ここには書ききれないけども、私も色々くやしい思いをしたり、泣いたり、どたばた転んでは起きて、自分の勉強法を見つけてきた気がする。
それをもって、英語をもっとできるようになりたい人のお手伝いができるのではないかと思う。

で、
自分でそういう勉強会みたいなのを主催してみたいなぁと思ったりするわけです。大人向けのね。
でも、自分の日々の英語との取り組みとは違って、人に助言してする場合、実際何を、どういうふうにするのかというのは、まだ頭の中でぼやんとしかしてない。
単純なことでいいんだろうけど、お金をもらってする以上、やはりサービス業、人に喜んでもらえる方法を提供しなければ。
でも、語学の習得なんて時間はかかるし、しょせんは学ぶ本人が自主的にやってなんぼだから、実際にコーチ側としてどうするかという方法を考えると、なんだかわかったような反面雲をつかむようでもいて.....
どうしたらいいかなぁ〜と、あれこれとふとしたときに考える毎日です.......

ま、先の話なんでしょうけども....
私の英語ももっと精進せねばならんしなぁ。

まだまだまだまだ考え中です。
posted by あきやん Angie at 00:07| Comment(15) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

ようやくHP最終巻

しばらく前のことですが。

けちくさくペーパーバックの出るのを待ち...
ようやく出たのでアマゾンから買った。



ついにおろち丸、じゃなくてヴォルデモート卿との決着がつくんやなぁ〜
落ち着いて読む暇ないからどれだけかかるかわからんが... ちびちび楽しんで読もうっと。トイレにおいて...ってまたトイレに置いとくんかい!
もう読んだ人、ネタバラシしないでねぇ、おねがい〜 私もしませんからね〜(^_^;)

ふと思ったが、自分の子供たち、(あんまり熱心ではないものの)英語やってるけど、この先何歳くらいでハリポタ読めるようになるかなぁ〜
なんか楽しみだな〜

おまけ(いらん?)☆私とHPの長いおつきあい☆

1巻 → まだ独身のころ。アメリカに住んでたか、放浪の旅してるころかなぁ?原書で買うも、全部読まずに放置

その後、アメリカに住んでたころお友達のnoirさん(日本人)のお宅に日本語翻訳本があったのを借りた 1〜3?
4はnoirさんがアメリカに来てから買ったとおぼしき原書。
日本語で借りたときはそれこそ一晩で読む位の勢いだったのに、原書ではちんたらちんたら時間がかかった......
結局私ら家族がアメリカを去ることになり、日本に帰る前にアメリカとヨーロッパを放浪したのだが(1歳の息子、旅の途中で2歳になった、をつれて親子3人で5ヶ月間。アホですね。)、その旅に持っていった。
noirさんがあきらめて、もうあげるよと言ってくれたので...(その節はありがとうnoirさん)

旅の途中で4をちんたら読んでいるうちに5が出版された。
ちょうどUKにいるころ。色んなところでどでかいハードカバーを抱えている人をみた。
4を読み終わり、どでかい5を買う。ドイツのどこかの鉄道駅の売店だった。
またちんたらちんたら読み始める。
超限られた持ち物で生活していたあの旅で、よくもまぁあんなどでかい本を荷物に入れてたものだと思うが、結局日本に帰るまで読み終わらず(がくっ)

2〜3年してから、本棚で眠っていた5を手に取り読み終わる。
続けて6(ペーパーバック)買う。
このころは英検1級も受かってたころで、特にしんどさもなく読めた。

ほんで、今ついに最終巻7。
終わってしまうのがさみしいような......
posted by あきやん Angie at 10:28| Comment(5) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

少しずつ復帰....

皆様、超お久しぶりです。
これを書いている今、午前3時47分です。
授乳したあと目が覚めたので久々にネットしてみました。
今まで、たくさん自分のブログに書きたい事があったけど、暇がなくて書けなくて、そのうちPC触ることもあまりなくなって....といううちに、何が書きたかったかも忘れてしもた〜

赤ちゃんは2ヶ月過ぎました。
だいぶ重くなりました。(赤ちゃん用体重計、一人目の出産のときに母に買ってもらったのがあるのに、だんなの実家に置きっぱなし....(>_<)なので、赤ちゃんの体重ぜんぜん量ってない。)
母子ともに元気です。
最近赤ちゃんは笑ってくれるのでほんとうれしいです。

勉強しようと思ってネットつないだのですが、遊んでしまいました。
Google Mapのストリートビュー、見てみたら、自分の家が思いっきりうつっててびっくりしました。
最寄り駅からの一本道.... あまりに鮮明でぎょっとしました。

なんか、いつもにまして文章があっちいったりこっちいったりですみません(-_-;)が、
あれもせねば、これもしたい、といろいろあるけどぜんぜん整理、消化できてないです。
なんだかいろいろ失礼がありそうで....... スミマセン......(>_<)
ぼちぼち解消していきたいです。(これからはコメントへのお返事もします〜。今までコメントお返事もせずほんと失礼しました(>_<))
英語サークルも、出産前は、産後2ヶ月くらいで復活できるか!?なんて思ってたけど、甘かった...
前よりゆる〜いノリでならできるかなぁ、できたらいいなぁと思うのですが、何せ、母乳オンリー子育てで、赤ちゃんがないたらとりあえずはおっぱい飲ませて〜というノリなので、サークル中赤ちゃんがないたら、やっぱ授乳やんなぁ?!それでやっていけるんやろか!?
授乳しながらでもできるような、ほんとにゆる〜いノリから再開かなぁ。
そんなゆるゆるサークルでも許してくれるメンバーさん、再開のあかつきにはまたいらしてくださいね。(^_^;)

また話題飛びますが、自分の英語と中国と勉強状況を...
未聴のポッドキャストがたくさん。iPodの容量も少ないし、興味ないものはどんどん削除。
少しずつでもまぁ一応一日少しは聞いていた。
英語に関しては、なんというか、昔と違ってリラ〜ックスしてやってるので、あんま勉強という気はしない。コミュニケーション、多文化理解の道具として、一生つきあっていくつもり。
ほんと気楽にやっている。仕事でまた関わりだしたら英語に対する気持ちも変わってくるかもしれんけど、いまのところ、サバイバルレベルは超えているので、なんとでもなるわい、と開き直ってるのかな。(^_^;)
中国語はchinesepodのポッドキャストを少したまに聞く程度。今までやったことかなり忘れてるけど、それは元々。
でも、いろんなフレーズがそこそこ記憶に残ってることが判明。やっぱ耳から学習と、現実的コンテンツがよかったんだろうな。相変わらず超初心者レベルですが。

そろそろ赤ちゃんがふにゃふにゃ言い出した.......のでこのへんでさらばです〜
posted by あきやん Angie at 04:08| Comment(8) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

Being politically correct

息子が小学校に持っていく絵の具に名前を書きながら思った。




今時、「はだいろ」って言わないんですね....。
ちなみにクレパスでは、「うすだいだい」になってました。
あと、この、「はだいろ」、以前息子が通っていた英会話教室のアメリカ人の先生は"light orange"って呼んでました。
posted by あきやん Angie at 12:27| Comment(8) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

またもバタバタと / うわさのサイトやってみた

週末、親戚の集まりが家であって忙しくてぜんぜんPC触れず。
月曜日の朝、息子発熱。吐き気。
学校休んで病院に連れて行くと、ウィルス性胃腸炎、いわゆるノロウィルスでしょうといわれた。
あぁもう何回目だろうね?
はぁ.... これが我が家のゴールデンウィークの幕開け。上等だい。
今年は飛び石で大したことないし、私も出産間近で特にどこへも行かないのでそんなには動じないが。

結局、息子は1日寝込んでポカリを飲むだけで何も食べず、翌日は熱も下がり食欲も出てきた。(3食おかゆ)
病院では、このあと下痢になるでしょうといわれたが、下痢にもならず。
もうすぐ7歳の息子、だいぶ抵抗力、体力もついてきたんだろうか。
ノロウィルスじゃなかったんかな。

妹にもうつるだろう、私にもうつるかもと病院の先生に言われたけど、今のところみんな元気で、まずはほっとしている。

息子、明日は学校行けるかなぁ。
微妙。念のため休ませるかなぁ。

夜、LingQで読み物していた。
途中でどうもつながらなくなったので、なんか他の事をしてみた。
よくうわさを聞くiKnow!というやつ。
感想.....
私には向いてない.....
というか、こういうゲーム形式お勉強って、実際英語を運用する力をどこまで伸ばせるんだろうかと私は疑問に思う。
選択問題の試験対策とかにはいいんかもしれんけど...
やっててゲーム感覚で楽しいかもしれんけど....

やっぱり、外国語って、たとえゲーム感覚にしても、「お勉強」カテゴリーに入れてしまうべきものではないと思う。
って、楽しんでやってる人に水を差すつもりはないのだが.....

私ならば、多読をしたり、英語を使って何か他の事をする(料理レシピを読んだりテレビで見たり、好きなジャンルのポッドキャストを聞くなり、自動車が好きなら自動車のメンテに関する知識を英語で得るとか、子育てに関する本を読んだりするとか.....)ことが大事だと思う。
初級学習者でも、子供用の素材(絵本とか、子供用ウェブサイトとか...)を使うなりして、本物の、学習用ではない英語に触れて、英語を使って何かをすることが大事ではないかなぁと思う。
そして、大きなまとまりを持って接することが必要だと思う。
たとえジャンルわけされていたとしても、細切れに単語や文章を覚えても、あんまり使えないと思うんだなぁ。

iKnowのすべての機能を見たわけではなく、単語学習とディクテーションとなんか時限爆弾が爆発するような時間制限の二択問題をやっただけなので、他にもっと色々よい点があるかもしれんのですが.....
1時間弱遊んでみての感想は、

本当に使える英語(流暢さ)を身につけるには、これでは不十分だろうなぁ〜、と思った。
外国語を学ぶって、使える外国語を身に付けるって、「お勉強」のカテゴリから飛び出して、自ら自主的にその言葉の世界に入っていかなければならないと思います。

まぁ、何もやらないよりはiKnowで学習してるほうがいいとは思いますが........
一番よい方法だとは思えませんでした。
でも人気あるのよねぇ。学習してます!って気分になれるからかなぁ。
ま、TOEICのスコアはある程度は上がるだろうけどねぇ。TOEICとかのスコアをあげる!ってことだけが目的の人になら、向いてるかもねぇ。

と、ざっと見て感じた感想でした。

やっぱ、大きなまとまりをもって、コンテクスト(文脈?)を大事にしながら大きく外国語を吸収していくのが大切なんだろうなぁ。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
posted by あきやん Angie at 00:46| Comment(8) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

Eating chicken feet

うちでやってる親子英語サークルで、body parts (体の各部分の名前)に関する歌だのお遊戯だのするんだが、"feet"が出てくるたびに思い出すことがある。

feet (単数形はfoot, 複数形がfeet)

普段の会話の日本語では「足」という言葉でたいがいことたりるが、(「すねを打った!」とかもあるけども...)
英語の足の部分、特にfoot/feetは確立した部分だ。

今から10年ほど前、私はイマイチそれがわかっていなかった。
インドネシアを旅したとき、現地出身の友人(中華系)がいて、インドネシア語の全くわからない私に料理を注文してくれて、(会話はすべて英語で)、
chicken feet食べる?と聞いてくれた。

鶏の、足?
もも肉(thigh)とか想像したんでしょうなぁ、私。
うん、うん、食べたい!

出てきたのは、足の、まさにその地に付く部分。
足跡がつく、その指があって爪があってって部分ごと〜
また大きなお皿にたくさんのっていた......

あぁ......
あの、コラーゲンプルプルの部分が好きな人いるよね、私の台湾出身の友達はみんなそういうの好きだった〜(chicken feetではなかったものの)...だからみんなお肌ツルツルだったのかしら。
でも私は苦手なのだった....

そしてそのとき、あぁ、foot/feet ってのは、地に付く足の部分だぁ、人間でいえば靴を履く部分だぁ、って思い知ったのでした。
今から思えば笑い話です。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
posted by あきやん Angie at 11:01| Comment(2) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

英語ペーパーバック読書記録

まず、一番最近に読み終わったもののほうから。



色んなところでおもしろい、おもしろい、って聞いてましたが、ほんとにおもしろかった!!!
ちょっと大きめの子供向けで、英語も非常に読みやすかった。
何より話がおもしろい!
どうなるんだろ?どうなるんだろ?って.....
表紙をめくったところのreviewで、"A smart jigsaw puzzle of a novel"ってあるけど、まさにそんなかんじ。色んな伏線がからみあって、うまくできたお話です。おもしろかった!! 私、一度読んだ本を読み返すことってほとんどないですが、これはもう一度読んで見ようと思います。オススメです。

読んでいて、やたらとこの曲が聴きたくなった....。
ま、主人公のStanley君は無実の罪でこのrehab campに入れられてしまったのですが....(^_^;)




次、HOLESの前に読んだ本。



画像がないですが、こっちのほうが安いみたい。↓


右に書いた読書記録を見ると、読み終わるのに3ヶ月かかってます。普通に大人向けの本なので、さすがに、HOLEのようにはいかないです。だけどそれでも、他の大人向けの本と比べると読みやすい英語でした。
これも、おもしろかったんです。
なんか、かなり悲惨な話なのですが、それでも主人公がかよわそうでいて芯は強く、最後はハッピーエンドです。
ABC(American Born Chinese)の主人公と、中国からアメリカへ移民したその母の物語。最初は主人公の語りだけど、その後の大半は、母の中国での苦難のお話(悲惨なんだけど、暗いばかりじゃなくて、おもしろい)。日中戦争、第二次大戦の前から後にかけてが主です。
私がカリフォルニアに住んでたころ、Ranch 99 (中華系スーパー)なんかで見かけた中華系のおばあちゃんたちにも色々な想像を絶するような厳しい経験があったのだろうなぁ.....と思いました。
この本もHOLES同様、次どうなるの!?って気になってしょうがないです。
これもオススメ。
posted by あきやん Angie at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

スピーキングについて考えた

朝、息子を幼稚園まで歩いて送った時の会話

玄関になんかしらんけど虫がいて、息子が「あの虫しばかなあかん?」と言った。

私 「悪いことせーへん虫やからほっとき。それにな、虫なんてか弱い存在に「しばく」なんて言葉使わんのちゃう?しばく、っていうのはどつきまわしてボコボコにするとか、大変な感じがするなぁ」

息子 「ふ〜ん」

私 「そんなことより、誰が「しばく」なんて言ったん?ガラ悪いな〜、お友達か?」

息子 「あーちゃん(私のこと)やんか。たまに、「しばいたろか!」って言うやん。」

私 「あー............そうやな、ははははは〜」

母を反面教師とし、今のところ悪い言葉はあまり使わないうちの息子であった。(^_^;)

それはまぁともかく、子供たちとの会話は、自分が英語を話すときの勉強にもなる。
何が、って、ちょっと難しい言葉、子供たちが今まで知らなかった言葉があったときに、どういう意味なのかというのを、簡単な言葉を使って言い換えてやること。
これって、外国語を話すときものすごく大事なのだ。

英語が話せない!という人の多くを見ていて感じることは、自分が日本語で言おうとすることをそのまんま英語で言おうとする。
それは、よほどの上級者でないかぎり無理だと思う。
難しい大人びた言い回しや、難しい言葉は、そのまま英語(またはその他の外国語)にしようとせず、簡単な言葉に置き換えて、しっかり自分のものとなっている言葉の範囲で言えばよいのだ。説明調にならざるを得なかったり、100%内容を言うことができず、内容を削らざるを得ないかもしれないけども、それでも、発話して、言いたいことをできるだけの範囲で伝えることが大事だと思う。

漢字の、この字は読めるけど、書けない、と似てると思う。
TIMEの記事を読んで理解できたとしても、それと同等の発話をできるかといえばそれはか〜な〜り、難しい話だと思う。

特に日本語で高尚なことを考える人、大人っぽいかっこいいニュアンスそのままに言いたいという欲望は捨てて、簡単な言葉に置き換えてしゃべるという訓練をしたら、ずいぶんとスピーキングが得意になるんじゃないかなぁと思う。

そいういう私自信の英語スピーキングはどうやねん!?と思われたかもしれませんね。
まぁまぁ自分の意見を人に理解してもらえていると思います。
簡単な言葉しか使わない、聞いたことある表現しか使わないので、そのほうが相手にも理解してもらえるし。
まだまだまだまだ知的な大人な英語には遠いですが、しゃべる日本語がこれですから(^_^;)
あまり多くは求めず、でも少しずつ上達していきたいです。
posted by あきやん Angie at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

舌食いシラミ!?

寄生虫の話です。
かなりえぐいので、気持ち悪い系、虫系の苦手な方は読まないでください。m(__)m

LingQで、先日拾ってきた英語コンテンツ。
どれもこれも楽しいThe Interesting of the Dayから。
気色悪〜いネタを選びまして、その名も、"tongue-eating louse"。

舌を食うシラミ?
またなんか気色悪い魚の写真がのってまして.....
気色悪いけど興味深々で(実はけっこうこういうの好き)音声ファイルをiPodで聞きました。

euuuuuuu....... yuck!!
(おぇ〜〜きっしょ〜!)

シラミといってもでかい。
ダンゴ虫(丸まらないからワラジムシか)の白くてでっかいのみたいな虫で、
何とかスナッパーという魚に寄生するのですって。
舌にがしっと取り付いて動脈からの血を吸ってでっかくなって、代わりに魚のもともとの舌は小さくなり、なんとその舌食いシラミが舌にとってかわるそうな!
寄生虫のなかでもこのように、その寄生主の器官にとってかわってしまうようなものはこれだけだとか?

うぇぇぇ〜
と思いながら、でも面白い、と思った私.....
おもしろがって後で息子と夫に話すと二人ともものすごく気色悪がっていました。(いやがらせではありません....)

気色悪いついでに、画像も検索してみました。怖いもの見たさで、見たい方はこちらをどうぞ


ちなみに、少なくとも人間には害を与えないそうです。ホッ!?
あと、red snapperといっても、日本の鯛とは違うみたいです。カリフォルニアにしかいないらしい。(が、記事では、対岸のイングランドの魚屋さんの魚についていたらしい。生息地を広げているのか、たまたま輸入されたのかはなぞ?)

うーん、きしょいけどおもしろかった。
と、こんな感じで、日々の英語"楽"習をやってる私です。
(いつもこんな気色悪いコンテンツばかりやってるわけではありません....)

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

posted by あきやん Angie at 16:22| Comment(8) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

Essential Idioms in English その後

Lesson1やったあと、手をつけてません。(^_^;)
やはり優先順位が低くなる。

結論、というか再認識。

やっぱし、参考書モノ、問題集モノは現実的じゃないなぁ。
少なくとも私には向いてない。

読み物や、英語でみるテレビや、podcastで出てきたidiomたちを、その都度わからんかったら確認する方法がやっぱし一番身につくわ。
それプラス、でこの本やろうと思ったけど、それに割く時間があれば、新しい読み物読むなり、ドラマみるなりするほうがいいや。
それで、大事な言葉、よく使われる言葉があれば、いやでも出会うから。

というわけで、本棚に返します、この本。
でも、いい本だとは思うので、古紙回収には出さぬ。またいつか気が向いた日のためにおいとこ。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

posted by あきやん Angie at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

Essential Idioms in English

本棚から昔買った本を引っぱり出してきました。

もう10年以上も前、私が確か大学4年の時に1年間(もうちょっと長かったかな?)通った神戸の英語学校、パルモア学院の授業で使った教材です。


Essential Idioms in English
Essential Idioms in English
posted with amazlet on 08.01.11
Robert J. Dixson
Regents/Prentice Hall (1993/08/04)
売り上げランキング: 14054


授業の期間単位(半年だったかなぁ?もっと短かった?)で上のクラスに上がると先生も教材も変わったので、結局この本は少しやっただけでした。

その後自分でやろうと思いつつも放置。
その後2002年に再度挑戦した痕跡がありますが、最初の数ページで挫折しています。
当時はまだidiom(慣用語、熟語、句動詞)の大切さがよくわかってなかったのかなぁ〜
字ばっかりだし、説明もなにもかも英語ばっかりだし、ちょっと難しかったのだろうなぁ。

6年後、再度引っぱり出してきた2008年の今、39あるレッスンのうちの1番目をやってみました。
感想、
これは、やらずに放置するにはもったいない!

私の英語学習ポリシーで、教科書系のものや問題集はなるべくやらないというのがあるのですが、あくまでも中心は普段の聞く、読むのインプットで、それプラス自分の理解を確認、補強するためにこういう参考書を使うのもいいな、と思いました。

慣用句や句動詞(←短い単語が組み合わさってできた語、例えばturn offとか、at onceとか)は大事なのですよね。
Be sure to extinguish the light before you leave the room.なんていわない、普通はBe sure to turn off the light...ですよね。
Do it immediately! って言われたら、ひえっ、ただいま!って反応するだろうけど、Do it at once!って言われたら私ちょっとピンと来ないです。
とにかく、idiomの強化が私の今年の英語学習の一番の目的なので、そのうちの手段の一つとしてこの本やってみます。ゲーム感覚で。楽しく。苦痛になったらさっさとやめるつもりです!(←これが一番大切!! 常にストレスを感じない方法を選ぶことが大事だと思います。苦痛に思ったら絶対得るものは少ないと思いますので。)

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

posted by あきやん Angie at 12:12| Comment(3) | TrackBack(1) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

芥川賞候補になった中国人作家

新聞でこんな記事が目にとまりました。

ひと:楊逸さん 芥川賞候補になった中国人作家

おぉ〜
すごいです。

中国で生まれ育ち、ハタチすぎてから来日、ゼロから日本語を身につけられたそうで。
今回日本語で書いた小説が芥川賞候補に。

私のような単なる外国語学習者にとっても、なんだか大きな希望がわいてくる話ではありませんか。

英語で小説を書こうなどというだいそれたことは思わないですが、(日本語だって思わない)、自分の英語(と、始めたばかりの中国語)、もっと精進していきたいと思いました。

外国語を習得するためにいつも心にとどめておきたい言葉があります。

9ヶ国語を話される、LingQの創始者のスティーブ・コフマン氏の文章にありました。
"Remember that in language learning the goal is not perfection, it is constant improvement."

あせらないこと。完璧さを求めないこと。
あくまでも自分は日本人で私の母国語は日本語なのです。
英語は私にとって外国語、完璧じゃなくてもいいのです。
でも、常に上手になっていきたい。もっとよく理解したい、もっとたくさん表現したい。

病気になって体がどないもこないもできへんようにならんかぎり、自分は英語を一生学び続け、使い続けていきたいと思います。
好きなんだなぁ〜。
posted by あきやん Angie at 00:47| Comment(4) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

今年初の洋書購入

I LOVE Amazon.com!!!

正確にはAmazon.co.jpですが...。
アマゾン、ほんとに重宝してます。
英語学習者にとってものすごく強い味方だなぁ。

一昨日の夜に注文した本たちが今朝届きました。
アマゾンからの小包をあけるときのわくわく感はたまりません。

今回注文したのは、

息子用に、

恐竜大図鑑―よみがえる太古の世界 (ナショナル・ジオグラフィック)

読み応え十分、美しい絵や写真がたくさん!!!息子大喜び。買ってよかったです。

自分用に、

Outrageous Crossword Puzzle and Word Game Book for Kids

The New York Times Easiest Crossword Puzzles

Holes

息子へのナショジオの恐竜本が一番高くて2940円。
自分用に買った洋書、クロスワードパズルが2冊とペーパーバック1冊のあわせて3冊で2620円。安いっ。(>_<)(今回はそこから消費税分が割引されてた。ラッキー。)
わざわざ洋書を売ってる本屋さんへ神戸や大阪まで行って高いお金払って買ってた時代を思うと..... ほんと英語学習するのにいい時代になったなぁ〜
もちろん本屋さんは店員さんのオススメコーナーで意外な本が見つかったり、実際中身が見れたりと、いい点はたくさんあって大好きなんだけど、いかんせん小さい子連れで行くのは.....拷問に近いものが...
ネットでゆっくりくつろいで注文できるのはほんとありがたい。

自分用に買ったHolesはネットでたくさんの方々がおもしろい、オススメと書かれていたので買いました。子供向けの小説なんだけど、すごくおもしろくて読み応えがあるみたい。ダークなユーモアも楽しみ....(*^_^*)
今すぐ読みたい気もするが、今読みかけのAmy Tanの"Kitchen God's Wife"を読んでから...。Kitchen God's...は長いし、かなり時間かかりそう。当分先になりそうだな〜。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ  にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ

posted by あきやん Angie at 10:52| Comment(6) | TrackBack(2) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

New Year's Resolutions

今年の目標です。

○運動する
○家事を(特に食事の後片付けとか)テキパキ、ぱっぱと片付ける。
○キーキー怒らない

中国語は、今のペースでchinesepod.comで勉強。(ほんとこれが楽しくてしかたないのです!!1年でどれくらい進歩するか自分でも楽しみです。)

英語は、この調子でたくさん聞く、読む。
英語で特に今後重点をおくつもりなのが、口語の英語。
イディオム、熟語、phrasal verb、スラング(若者のスラングとかじゃなくて、普通に英語母語話者ならお年寄りでも子供でもわかるようなもの)などをどんどん知りたい。ほんと、この手の言葉たちは知らないものだらけ。なのに、実際の英語での日常会話ではほっとんどイディオムや句動詞ばっかりなのだよねぇ。
いかにbig wordsを知ってても、TIMEが少々読めても、日常で繰り広げられる会話(老若男女にかぎらず)がわからなければ、あぁこの人英語わからんのだわ、って思われる.......
ちなみに、勉強方法は今までどおりポッドキャストを聞いたり、LingQのライブラリーを聞いたり読んだりを続けます。
単語集とか問題集とかそういうのはあいかわらず使いません。
もちろん、日常会話や口語を知っていくのに加えて、もうちょっと学術的なものもたくさん読み聞きしたいです。(めざせ、Interesting thing of the day聴&読破!)

去年は英検1級とってほんとーにせいせいしました。
今は特に次にめざしてる試験はないのですが、気になるのは通訳ガイドかな。(通訳ガイドになりたいわけではないけど、海外からお客さんがきたときとかに役立ちそう.....日本のことを学ぶのは英語を学ぶにあたってとても大切だと思うし。)
とにかく、今年はがんばって3人目産んで育てて、一段落したときに英語つかって仕事ができるように英語の習得に精進していきたいです。
でも、ほんと、昔と比べて今は英語の勉強が楽しくて楽しくてたまらない。
勉強って感じもしないし。
学生のころにこの勉強方法に気づいていたらなぁ〜〜〜〜〜!!と思うけど、ま、それはあり得ないことだったろうなぁ.....。タイムマシンがあったら、学生時代の自分に会って、こうせぇああせぇ言ってあげたいけど....... なんじゃいなこのオバハンは〜!?と思われるだけか(^_^;)

また新しい1年。生きてることに感謝して、毎日を生きていきます。
posted by あきやん Angie at 23:45| Comment(4) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。