2013年05月14日

Kindleカバーを自作(2回目)

Kindle2のカバーを作りました。

実は前にも一度作っています。それはもうすでに2年3か月も前。
ブログに書いてました。
Kindleカバーを自作

実はこれ、大変な欠陥がありました。
kindle本体を装着する部分なのですが、4つすべての角に引っ掛けるタイプにせず、下の二か所だけ角にはめる部分をつけ、上は、横に張ったゴム一本だけにしていました。
だから.... 上下逆にして持つと、kindleがストーンと落ちてしまう。
やばいな、と思いつつもそのまま使っていて、何度か落としたこともあったのですが、壊れることはありませんでした。
しかしある日、フローリングの上にkindle落下。画面が割れてしまいました。(あほあほあほあほ)

(そのことについてブログに書いたと思ったのですが、記事が見つからない... twitterでつぶやいただけだったのかなぁ。)


愛するkindleは修復不可能に。
しかし、捨てる神あれば拾う神あり。
LingQ仲間のyukoさんが、kindle2は最近はもう使ってないからあげる、と、送ってくれました。
(Yukoさんご無沙汰しています。ブログでのアメリカ生活レポート楽しませてもらってます^^ Kane and Abelオーディオブックで聞きました。おもしろかった!)

最近は、オーディオブックで聞くことがほとんどで、book clubの本以外は文字で読むこともあんまりなく、読んだとしてもiPod Touchでちょこちょこと読むことがほとんどでした。このごろまた時々本を読むようになりましたが、iPod Touchの画面だと小さすぎて目が疲れるので、Kindle2をまたひっぱりだしてきました。

私は、裁縫は結構好きです。でも、上手ではありません。詰めが甘いというか、作りが雑です。
でも、自分の使いやすいようにちょっとしたものを時々作ったりします。
時々、無性にミシンを使って何か作りたくなります。

で、作ったのが、これ。

開いたところ
写真 2.JPG

後ろからみたところ
写真 3.JPG

本体の下にポケットがあり、ノートなどが入るようになっています。
写真 4.JPG


こちらのサイトを参考にして作りました。
http://whipstitchfabrics.com/blog/kindle-cover-tutorial/
(アメリカのサイトかな? kindleカバーの作り方で検索すると、日本のサイトは男性による、カッターとボンドで、みたいなものが多いようですが、英語圏のサイトでは、手芸好きな女性によるtutorialがたくさん見つかります。)


で、この記事のkindleは新しいもののようで、私のものとはサイズが違う...
なので、自分用にサイズを測りなおしてつくりました。

そして、 失敗しました。

kindleの厚みを入れるのを忘れた.... あと、接着芯やら綿やら(私は横着して?フェルトを挟みましたが)で、カバー自体の厚みもでる。

で、結果、カバーを閉じたときに本体右端がちょろっと出るはめに。(ちなみにこの写真は、カバーをひっぱってひっぱってとったので.... 本当はもっと本体が露出します--;。homeボタン、next pageボタンなど、読めてしまうほどに...--;)
写真 1.JPG

でもまぁ、使用には差し支えないのでご愛嬌ということで。


生地の柄が気に入っているし、手触りも硬い本体とは違って柔らかくなって、嬉しいです。

さぁ、これから何を読もうかなぁ〜
(ちなみに今読んでいるのは、ずっと前にはやった Rich Dad, Poor Dad です。)

posted by あきやん Angie at 11:25| Comment(2) | TrackBack(0) | Kindle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あきやんさん、お久しぶりです!
Kindleカバーを手作りしようという心がけが素晴らしいわ。しかもフタがしまるなんて(*´ェ`*)。
本を読む時の手触りって大事よね。Kindleの無機質さがやわらいでいいかも!
Posted by Yuko at 2013年05月16日 12:05
Yukoさん

下手なんだけどねぇ、時々無性に作りたくなるのよー。
買っても作っても、何か小物を足して使い勝手が良くなると、愛着が増すねぇ。

ちょうどPamのディスカッションの前日に作ったのですが、そういえばPamはsewingは好きと言ってたなぁ、と思い出し、見てもらったよ。ディスカッションでカメラつけたの初めてかも...^^;
Posted by あきやん at 2013年05月16日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/361166355
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。