2013年04月12日

またまた久しぶり我が家の親子英語など近況

お久しぶりです。みなさまお元気ですか?

前回ブログ更新したのはいつかなと思ってみてみると... 2月後半。そんな経ってたか...

我が家の子供たちは長男がついに小学校最終学年となり、続いて長女が3年、末っ子は幼稚園の年中になりました。長男がもう6年って.... 時の経つのは早いものだと驚きます。


新年度が始まってしばらく経ちました。私は未だに春休みボケから完全に戻っていません。
夕食開始時間や子供たちの寝る時間がいつもより遅くなっていたり、部屋が散らかりっぱなしのことが多かったり... いかんいかん。 夏休みはこんな風にならないように、休みに入っても学校がある時のタイムスケジュールを崩さないようにしようと思いました。習慣が一度崩れると立て直すのに時間がかかるので。


で、

我が家の英語の近況です。



まぁまぁ、あいかわらずのゆっくりペースですが続いています。
一つ私の中で大きな出来事がありました。前回、オンライン英語を始めた時に、うちの子はこんなにシャベレナカッタ、ガーン!という客観的事実を知りショックをうけたのに続き、またも外部からの意見で冷や水を浴び目が覚めたという事例です。

春休み、妹が新幹線に乗って子供二人連れてうちに遊びに来てくれました。
その時、うちの子たちがオンライン英語をするのを見たのです。かねてから一度見てみたいと言ってたので。

で、 見た感想、 
「ぜんぜんやな....(=全然しゃべれてないやん!!!)」

う...


確かにね。

最初のフリートークでめっちゃ答えにめっちゃつまってましたわ、長男。
答えも、ぶっきらぼうに YesかNoかやったしね...



でもこれでもはじめた時よりだいぶしゃべれるようになってんで!!


しかし、まぁまだまだなことはまぎれもない事実。

気を遣わず、思ったことを言うならばこういう感想になるだろうな。
身内からの貴重な意見でした。



そして私は気持ちを引き締め、子供たちがもっとしゃべれるようになるにはどうすればいいか考え、それを実行に移すことにした。


しゃべれない理由
@ 語彙がない。 自分の日常に起こったことを英語でしゃべるためのそもそもの語彙がない。何ていったらいいかわからない

A なんて答えたらいいかわからない。 日本語でも、何か質問された時、答えにつまる。例えば長男、一番好きな教科を聞かれ、無言だったが、実は算数と理科のどっちなのか迷っていた。どっちでも適当に言えばいいやん!というと、それは嘘だからそんなことは言えないという。じゃぁ、どっちも好きで一つは選べない、といえば!というと、かれはその説明は英語ではできない。


もうね.....
こんなレベルなんですよ、うち..........



で、それを打開すべく、

一日一行英語日記を子供たちにつけさせることにした。もちろん私が助けて。
学校に行って、こんなことしたとか、友達とこんなことして遊んだとか。なんでもいいので、とにかく、日常の言葉でわかってない言葉を見つけてそれは英語で何ていうのか、私と見つけていく。
まぁほとんどわからんものばかりですけどね、まだ^^;

そういう私も何ていったらいいんだろう!?!?ってわかんない事も出てきて、辞書で確認しなきゃいけないことも多いです。私もがんばらないとなぁ。

登る山が決まったんで、少しずつでも上っていこうと思います。
けっこう楽しいです。

そういやここ数日は、寝る前にあわててやって、口頭でしかやってないけど、できるだけノートに書こう。


しゃべれるようになるためにすること、他によいアイデアをお持ちの方いらっしゃったらぜひぜひお知恵拝借させてください!!!


ではでは今日はこのへんで。


最後にぼやき?独り言?
教えるってむずかしい....... 教える、っていうか、人に何かをできるようにさせるって...

今まで私は、英語がある程度できるようになるには(注、最後に補足)、たくさん聞いてたくさん読んでってやってたら誰でもできるやん!何がそんなに難しいのよ!っておもってたけど、
なんか、  そんなに簡単なことではないのかもと思い始めた。

本人がわかってて自分で自分を管理して出来るんやったら問題ないけど、
何をすべきかイマイチわかってなくて、できるようになりたいという気持ちがまだぼんやりとしている人にそれをさせようとすると

難しいものですね。


時間もほかの事に使いたいだろうしねぇ...



いやはや 
There's no magic formula. ですね。


補足:ある程度できるようになるには、と書かざるを得なかったのは、私自身ある程度までしかできないから。ここは私自身の課題でもある。
英語のドラマをみてすべてが理解できるわけでもなし、大人な文芸作品を読むとわからない言葉もたくさん。英語を使う仕事を探していても、これという専門分野がなく、自信がなくて応募できなかったり。若いうちは有り余る時間と体力でちょっとあやしい英語力もカバーできたけど、40になった今、その切り札はないからなぁ。
うちの子たちの英語もどうにかしなきゃだけど、私もだわ。 というか、英語がちょっとできますでは通用しないんだなと痛感。(早く気づけよ、って。苦笑^^;)


さぁどうしましょ。
posted by あきやん Angie at 10:04| Comment(6) | TrackBack(0) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。更新されてて嬉しいです。

教えるのってほんとに難しい、と私も日々痛感しています。でも、それだけに、ある時、ちょっとした変化を観察できた時は、「これ、私だけにしか分からんことやろうけど(学んでる本人さえ気づいてないであろうことで)、うれしいな」と一人喜んでいます。

子どもさんたちが、英語を喋れるようにするための良いアイデァは、他の方々がいろいろお持ちだろうと思うのですが、役に立つかどうかは分からないですが一応思いついたことを一つ。(たぶん、普段されてることかもしれませんが。)

出来るだけ簡単な質問を投げかけて、すぐに答えられないだろうなと想定して、まずこちらから答えとして言いそうなことを、言ってあげる、というものです。すみません、なぁーんだ、って言えそうなことですよね。

私の教えている生徒さん達も、とてもシャイで簡単な質問をしてもYesやNoの答えもすぐに返ってこないのです。で、おそらく彼らの言語上、まずYesやNoで答えるようになっていないのかもしれないな、と想像しています。でも英語だと、けっこう重要な場面でYesやNoをはっきり言わないといけない場合がある、みたいなところで言わない場合、Yes?No?とイントネーションを上げて問うだけでなく、質問内容も出来るだけシンプルにしてからYes?とか聞いています。で、同じ内容を各自に聞いていると、無駄のようだけど、後に答える人は、同じ内容を何度も聞いた後なので、答えがすぐに返ってきやすくなります。つまり、質問する内容を聞くときが、語彙や文としてのインプットになるようにしているという感じです。だから、答えの参考になる事をこちら側が言うからといって、答えるのを急かしているような類のものではなくて、生徒側にとって再生しやすいようにこちら側も音声上も意味上もクリアであるよう気をつけて言っているわけですね。意味をわかりやすくするための手助けとしては、ジェスチャーや表情、何かを指差すこと、そして画像で見せたり、などしてますが。(PCもない環境でやっていますので、ありとあらゆる画像をプリントアウトしたものを常備しています)言うその内容が彼らの生活に直結していればいるほど、そしてその音声が耳に残っていてくれれば、本人たちも使うようになってきますね。例えば、成人なので、pay the rentなんていうフレーズだったり、移民なのでget a shot(予防接種を移住後しばらくの間は受けに行く必要があるので)というのも比較的早い時期に覚えるようです。

子どもさんを教える場合はまた違った方法もいろいろあるのでしょうね。もちろん成人対象でも他にもたくさんいいアイデアがあると思うんですが・・。
ではまた。
Posted by deziz at 2013年04月13日 19:23
dezizさん

コメントありがとうございます。
>出来るだけ簡単な質問を投げかけて、すぐに答えられないだろうなと想定して、まずこちらから答えとして言いそうなことを、言ってあげる、というものです

いえいえ、なーんだ、なんて思いません。
質問を投げかけながら、質問を丸投げするのではなく、答えの選択肢をあげたり、こういう風に言えばいいんだっていうのを自然に教えてあげられるんですね。
いかにも教えてあげてます、じゃなくて、本人に主体性をもたせつつ教えてあげられる良い方法ですね。

>PCもない環境でやっていますので、ありとあらゆる画像をプリントアウトしたものを常備しています

なるほどなぁ〜。
dezizさんの環境とは違い、我が家の状況ですと、わからない言葉があれば説明は簡単に日本語でしてしまうわけですが、だからこそ日本語に頼ってしまい英語の発話が(特に私自身の!)減ってしまいます。
あえて画像を使うっていうのをうちでもやってみようと思いました。

子供に1行日記を書かせる(口に出して終わりの時がほとんどですが)にあたり、英語でどういうかわからないから日本語で子供が言うとき、さっと英語にならない自分のもどかしさをあらためて感じています。自分で発話するときは、まぁここは削っちゃってこれくらいの内容だけでいいか、ってやってますが、人から、これはどういえばいいの?と言われると、うーんと考えることが多く。。。

子供に教えることで自分の英語に対して気づかされることも多いです。

いやはや子供だけじゃなく自分もまだまだ長い道のりです。。。

ではではまたー


Posted by あきやん at 2013年04月17日 15:32
お久しぶりです!更新嬉しいです。
私も新生活始まったし、ちょっと書きたいネタもできたことだし、更新しようかな、と思う今日この頃。だが、毎日、ああ今日も出来なかった・・・みたいな日々。

ウェブレッスン、お兄ちゃんもAちゃんも喜んでやってますか?
うちは、喜ぶ時期もあったり、しゃーないなーとやってる時もあり、また調子が出てきたりです。

このフリートーク、本人達には、答
えれないと、しんどいみたいですね。
かといって、トークなしで、レッスンだけでは単調な愛想ないレッスン時間になるしね。

もちろん、リンも初めはここが続かないと察したので、私はリーディングのワークブック(質問があるもの。この質問を先生にしてもらう。)を使ってもらうように、お願いしました。なにか話すトピックが決まってると、ママと予習も出来るじゃないですか。自転車に補助輪をつけるような感じ(笑)。
ほら、あきやんさんも、ママサークルで、次のお題を事前に言ってくれて、それがみんな話しやすかったじゃないです?!

これを続けていると、最近はそのワークブックなしでも、フリートークが続くようになってきて、教材との相性もあるけど、リンには効果ありましたよ。話す訓練にはなったように思います。

後、読み聞かせの時に、話を味わうよりは、途中で質問をいっぱいしながら読みます。簡単なことでも、What is he doing?とか、もっといけたら、Why is he doing this? とにかく、しゃべらせる。

先生とのフリートークは無理でも、ママと絵本を介してなら、結構話せたりするんですよね。これまた、この時期が長かったけど、これまた継続は力なりでした。

私自身も、なんでも話せるわけじゃないから、フリートークより、絵本を介しての方が話がはずむんですよね。

親も子も、無理のない続くものが一番ですね。

ごめんなさい。長々と。つい、うちもフリートークに苦労してたことから、抜けたタイムリーだったので、偉そうに書いてしまいました。ただの私とリンがやったことでした。
ではでは、お互い頑張りましょう!!
Posted by kukulu at 2013年04月22日 10:08
@kukuluさん

コメントありがとう^^

聞きたかったのよ、kukulu家の娘ちゃんたちがどうやってあんなにしゃべるようになったのか、その秘訣を。。。

読み聞かせの時に質問をしながら... っていいですね。子供も答えやすいし、親も聞きやすいね。
時々は質問したりしてたけど、そういえばしない時も多いなぁ、私。あすかなんて、時々音ではしれっと読めるのに、意味を聞いたら超あやしい理解だったりすることが多い!
日本語でどういう意味?って聞くより、英語でたくさん質問しながら...ってやってみるよ。

>もちろん、リンも初めはここが続かないと察したので、私はリーディングのワークブック(質問があるもの。この質問を先生にしてもらう。)を使ってもらうように、お願いしました。

これは、例えばどういうワークブック?実際使ったものを教えてもらえるとうれしいなー


このごろ、子供たちと英語をする時間が増えてきたよ。少なくとも以前みたいに、あぁ今日もやらなかった、今日も全然やらなかった、って日が続くことはなくなった^^;
特にあすかの反抗がなくなったのが嬉しい。。。
しかし、二人それぞれやったら時間がけっこうとられるねぇー(@@)

仕事したいけど、ほんま、今の生活のどこにその時間をつっこむねん!?って感じなのですが。。。
でも、そうなったらそうなったで、行動の無駄をはぶいたりして要領よくなるんかなあともおもったり。
仕事のことではもうはるかかなたに行ってしまったkukuluさん。。。  
また色々聞かせてね。。。
Posted by あきやん at 2013年04月24日 01:14
ブログを久々に更新しました。ウェブレッスンのワークについても書いてみましたので、良ければ見て下さいませ。


>仕事したいけど、ほんま、今の生活のどこにその時間をつっこむねん!?って感じなのですが。。。

これは、ほんまに大丈夫ですよ!!私もまったく同じことを業主婦の時は思ってましたから!!でも、今は、今の生活で普通になってる。人間の脳って、ちゃんと慣れる!ってところが凄いと思います。子供のこと、仕事のこと、中心に回して、無駄ははぶくのでしょうね自動的に。
はぶかれたものは何???あ、旦那のことか??(笑)なんて感じで・・・。
Posted by kukulu at 2013年04月28日 08:36
kukuluさん

ブログ読みましたよ〜!ありがとう。そちらにコメントしますねー。

>はぶかれたものは何???あ、旦那のことか??(笑)

すごくわかる......^^;
だんなさんも成長するでしょうねぇー。


Posted by あきやん at 2013年04月29日 07:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/355004452
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。