2006年07月07日

Paris 追記

ヴァカンスシーズンだったので、パリにいるパリっ子の数はとても少なかったと思う。
でも、地下鉄に乗ったりすると、パリジャン、パリジェンヌなんだろ〜な、きっとという人々を見かけた。

おしゃれなんである。

パリジェンヌさん。
それぞれの服装がそれぞれいいんである。
そのスカートって、蚤の市から見つけてきたのかな、素敵な柄の生地を見つけて自分で縫ったのかな?
あぁ、そこにそのスカーフをするのか〜 あぇ〜そこにその色をもってくる? 私には思いつかないわ〜〜〜 etc, etc...

感心した。
来る日も来る日も2,3枚のTシャツをとっかえひっかえにGパン、よれよれのかっこのわが身を見て(だいたいこれがねぇ、スタイルがよけりゃあ何着たっていいんでしょうけどもね...)私のフラストレーションは高まってきた。

後に、イタリアのボローニャで、もうかれこれ10年以上ボローニャに住んでいる中学高校時代の親友(親和のみんな、Mさんのことやで〜。ハーフの息子は超美少年やったで。)に会って、パリジェンヌおしゃれやったわ、というと、「あいつら命かけてるからね」と言っていた。
posted by あきやん Angie at 10:03| Comment(0) | 子連れ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。