2012年12月21日

英語にしないでっ!

フィニアスとファーブつけてるんですけど......

もう何度もみたエピソードだから、英語にしてよ......って言ったら、
長女と長男はいいよ、って英語にした。

すると末っ子が、英語にしないで!英語にしたら ママ嫌い!と叫び続け.....

日本語に戻した。 トホホ。

まぁフィニアスとファーブは超早口だし難しすぎるんだけどね.....


末っ子の妨害ほんまやめてほしいわ..... 英語に変えるまでは特に見てもないくせに、英語に変えたとたん怒って、日本語に戻したら真剣に見るという,,,,


以上つぶやきでした。
posted by あきやん Angie at 18:11| Comment(2) | TrackBack(0) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
時差で日本の方が既に12/25になってるんでしたねぇ・・Merry Christmas,あきやんさん!こっちでは12/25過ぎてもMerry Christmasと挨拶する人がけっこういて、未だにそれにはウン?となる私ですが、12/25こそがクリスマスですので、まだいいですよね。

子供さんたちがそれぞれの個性で英語を楽しんだり、はたまた英語を遠ざけたりする姿をほほえましくお読みしています。

年齢のせいにするのはただの言い訳がましさかもしれませんが、やっぱり普段音声コミュニケーションを英語でしないといけない状況ゆえ、つい、workしたくない楽したいお年頃(?)である私は、自分ひとりの自由な時間には、つい日本語に思い切り『逃げ』て浸りたくなります。もちろん(仕事とは切り離して)自分英語も休み中の書き入れ時なので、こつこつ頑張っているつもりですが、私の場合、休憩時間の方が長いかも、です。

小さいうちから英語のインプットを得られている、あきやんさんの子供さんたちがうらやましいですっ。嫌がる時期があっても、大きくなったとき、「あぁ、だからママは私/僕たちに英語を学んで欲しがってたんだぁ」とか、「よかった、やってて」と気づいたい感謝したりするんじゃないかな、と思いますねぇ。山あり谷ありだとは思いますが、長い目で見たら、お子さん達はきっとたくさん吸収されて、それが実になりますよ。

心に温かい灯りがポッと灯るようなクリスマスと清清しい新年を迎えられますように。では。
Posted by deziz at 2012年12月25日 05:20
dezizさん

勇気付けられるコメント、ありがとうございます:)

今回の子供たちのウェブレッスンでは、コミュニケーション手段として英語を使うということを全くしてこなかったことを痛感しました。
後で考えてみたら、今の自分もそうかもしれない...とも思いました。子供たちと英語で話す気力がないというのは私の英語力が足りないせいってのが大きい... 子供たちだけじゃなく私のほうも英語を使う機会が少ないのだと。


先日、私がアメリカに住んでいた頃お世話になった友人をFacebookで10年近くぶりに再会しました。
dezizさんと同じく、日本人でだんなさんはアメリカ人。10年ぶりに彼女の書く英語をみて感心しました... 英語は苦手だよという彼女ですが、いやいや、英語圏で山あり谷あり色んな経験をしながら暮らしてきたその一端が見えました。
と同時に、自分のこの10年の英語との関わり方って、お湯に指先だけつけてる感じ!? ちょっと不十分すぎたぞ!っと....
もっと意識して英語に浸かる、英語を使っていかないと私の英語は頭打ちのまま...

というわけで、私の視点からですと、英語圏にいるdezizさんがうらやましい!
でも、同時に非母国語の世界で生きていくうえでのしんどさもあるだろうなってのはわかります。でも、その分得るものも多いですよね!


ではでは、ゆっくりとしたクリスマス休みをお過ごしくださいねー
来年一年もどうぞよろしくおねがいします :)
Posted by あきやん at 2012年12月25日 17:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。