2012年07月20日

本当にやりたいことについて考えた

思ったのですが、

やっぱり、自分は、

英語を教えたいなぁと思います。

英語を教える、というか、英語を学ぶお手伝いがしたい、と。


ここ最近、大学受験の英語に関係することがあったのですが(詳細は書きません)、
受験対策ですから、けっこう難しめの英語でした。
この英語の勉強内容が身の丈にあってる人がすればいいけども、
大多数の人は、その内容に圧倒され、心から興味ももてず、半ば苦行のようにするんじゃないかしら、と思いました。
人からランダムに与えられた文章、A4用紙に字ばっかりでぎっしりあり、それを読みたかろうが読みたくなかろうが読んで、設問に答える。

実際私も解いてみましたが、私にとっては読み始めれば辞書を引く必要もなく理解でき、その後も設問に答えることもできました。
ただ、
最初にその問題用紙が何枚もどどどんと目の前にあると、なんとも嫌な気分になり、逃げ出したくなりました。受験生の時の嫌な思い出がどよよ〜んとよみがえってきました。受験生だった高校生のころよりも今の自分の英語力は比べ物にならないほど上がっています。解き始めればできることはわかってましたが、それでも、いやでした。


世の中の大学受験生の多くはそういう苦行じみた受験勉強と格闘してるのではないでしょうか。


私の子供には 絶対絶対絶対に こんなのやらせたくないなぁと思いました。

日ごろから自分が読みたい(または聞きたい、見たい)と思うものにたくさん触れさせ、
自分の興味を満たしながら、自分の世界を広げながら英語を使っていき、
自然に英語を身につけて欲しい。


時々はその能力を測るために試験も必要になるでしょう。
でも、十分な英語の素養がついていれば、いざ試験の時になれば、1時間なり2時間なり集中して問題をといて、実力を示すことができるでしょう。


でも、日ごろからそんな試験問題ばかりやっていては、そんな勉強からは心の栄養が全く取れない。


外国語って、自分の世界を広げることにつながる楽しい道具なんです。
外国語を学ぶって、楽しいことなんです。


そして、その詳細はかけないんですが(ネットで特定されたくないので--;)
大学受験関連のことと関わった時、
文法の細かいことばかり重箱の隅をつついてダメだしばかりしなければいけなくて、
小さなことで減点、減点、減点、って.....。
なんか私すごく後ろ向きしてるんじゃないかって思いました。

こんなことしていたら、学生は「木を見て森を見ず」になってしまうなぁと思いました。

細かい間違いなんか気にせず、もっと大きく、言いたい事を伝えることや、人の話を理解することに的を絞るべきなのに。



今私は自分の3人の子供たちに英語を教えています。
英語を教える、と書くと、学校で先生が教壇にたってするような授業を思い描きますが、
私が子供たちとしているのは、一緒に絵本だったり図鑑だったり、子供向けの本を読む(ネイティブの朗読した音源が手に入るものは必ず音源を聞きながら)とうことです。

ゆっくりですが、子供たちの英語の理解力は着実についてきています。


今はなかなか余裕がなく、自分の子供たちしか見てやれませんが、
いつかはもっと多くの子供たちとも英語をやりたいなぁと思います。
もっと英語ができる日本人が増えて欲しいなぁ。(べつにしたくない人はしなくていいんですけど、英語ができるようになりたいのに変な勉強してるせいでできない人を減らしたい)



私は長男を産むまではずっと英語を使った仕事をしていました。
アメリカで数年間働いた時は、お客さんはアメリカ人やその他の国の人々で、
一人で色んなところへ出張にも行きました。
しんどいことも多かったけど、刺激的で、自分が成長する機会もたくさんありました。
英語ができたおかげでできた経験だと思います。
でも、初めて海外に行った時、自分は英語がけっこうできると思っていたのに、全然できないことがわかってショックでした。
今までの試験中心の勉強方法が非実用的だったことにいやというほど気づかされました。
その後、恥も捨て、素直な気持ちで英語と(人々と)かかわり、色々学んで行きました。
その時の経験が今、自分の子供に英語を教える時にとても役に立っています。(そんな経験ができて本当に幸運だったと思います。)

今はまずは自分の子供たちで、試行錯誤を繰り返しながらがんばっていこうと思います。
余裕ができたら、よその子供たちともできたらいいな...


子供たちが将来英語をより自由に使えるようになってほしい、という希望を常に持ちながら、小さなことからでもやっていこうと思います。

私はネイティブではないので、私のもつ英語の知識を使って教えるのには限りがあります。
私がやりたいことは、インターネットのおかげでぐんと世界が近くなり、英語の素材がたくさん手に入る今の世の中で、学習者がたくさんの本物の英語に触れ、自分の興味を満たしながら楽しんで勉強する手助けをすること。私も一緒に学んでいきます。これといった方法が確立されてるわけじゃないけど、よりよい方法を模索していきたいと思います。
posted by あきやん Angie at 11:18| Comment(4) | TrackBack(0) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あきやんさんが書かれていることに触発されてます!

私の場合は、コミュニティー・カレッジに雇用されていて、識字力の無い移民(難民の人が多いです)の生徒さんたちに基本的な英語(ESL)と識字力をつけさせるための内容を教えています。

この分野はSecond Language AcquisitionとかTESOLの分野でもまだあまり研究が進んでない分野と言われています。私自身この分野を専門に学んだわけでもなく、カレッジに採用後、Basicレベルを教えていたところにやってみないかと言われて教え始めて2年程になります。

何が苦しいかといって生徒さんたちと超シンプルなこと以外、コミュニケート出来ないことほどきついものはないです。例えばヒスパニック系が相手ならスペイン語を使えば多少は分かり合えるんですが、私は彼らの多様で世界的に言うとマイナーな言語を知りません。ですから彼らが徐々に英語を学んでくれるか、私が彼らの言語の簡単な言葉を学ぶかしないと意思疎通が出来ないわけです。

で、彼らにとっては、アメリカでは必須のfirst name, last nameの概念がないこと、自分の生年月日も知らないこと、住所の概念もなかったこと、文字を持ってこなかったこと、生活の中に計算する概念とか時刻、時計の概念がなかったこと、一日に3色食べる概念もないこと、働くという経験もなく、企業とか会社という概念も知らなかったこと、税金の観念もなかったこと、学校で学ぶ経験も無かったこと・・の『土台』にいきなりアメリカ生活です。当然、諸々の概念うんぬんがなくても、彼らも食べていかなくてはいけません。

英語も文字を読む力がゼロでも雇用する会社もありはします。でも社会生活を営む上で、英語も識字力も欠かせません(といっても、’84年以来米国在住のグァテマラ人の60歳になる生徒さんは未だに時計の文字盤も時刻のデジタル表示も完全には読めず、綴りの長い自身の名前も完全には書けません。)

教えていて、フラストレーションも溜まります。やっと軌道に乗ってきたか・・と思っているところに、職を得たのでクラスに来なくなったり、かと思うとレイオフされて何ヶ月か後にかなり英語も識字力スキルも忘れて戻って来たりとか、open enrollmentなので、新規のアメリカ到着したてみたいな生徒さんをいつ受け入れないといけないか分からなかったり、とかで、毎日生徒が何人来てくれるかも分かりません。また、授業をやっている傍で新規生徒受け入れのペーパーワークをやったり、・・授業では、何度同じ内容を色んなパターンで復習しても身につかない生徒さんが居たりとか・・。

それに、そんな生徒さん達に進歩があることを標準テストを受けさせて、そのスコアで結果を出して(お金を出してくれている)州政府に示さないといけません。じゃないと、ESLプログラムは無くなってしまいます。最初は、テストの受け方さえ知らない人たちで3択4択の概念さえ分からない状態でも、です。

でも、少〜しずつ、英語と文字や数字のことを理解していってくれて、上のレベルのクラスへと進んで行ってる人たちもいます。何学期も一番下のクラスである私のクラスをリピートしてる人の中にも、徐々にpとかtとかdとかの子音の音と文字とを繋げられるようになった人もいます。

今日は初めて、クラスの生徒さん全部が、時計の文字盤とデジタル表示の(たった3問ですが)Quizで全員正解してくれました。最近は、彼らや彼らの家族の一部の職種であるhousekeeperやjanitor関連で知っておいて欲しい言葉を扱ってみたら、けっこう吸収してくれてるようです。

と、まぁこんな感じで、英語を教えるっていうのも色々ありで、こんなバリエーションもありますよ、っていう一例をちょっとご紹介してみました。私にとって、この仕事は、忍耐力はじめ自分の人間性の訓練の場でもあるし、どうしたら生徒さんたちが力をつけてくれるかを考えて工夫し、試行錯誤し、改善を重ねてティーチングをプロフェッショナルとして発展させていくやりがいの多い場でもあります。いつまでさせてもらえるかは分かりませんが、出来るうちにはベストを尽くしたいですね。自分自身もここでのサバイバル力を身につけていっている過程の中、現地のアメリカ人には分からないであろうその過程の苦労とか葛藤とか、そういうのを多少は理解できる身として、彼らのサバイバル力を高める手助けをしていきたいなと思います。うまく行く時も行かない時もありますが、うまく行かない時の経験も全部が全具、無駄になるわけじゃありませんので、短期的な成功・失敗を気にせず、やっていきたいと思っています。

って、また長くなっちゃってほんとにすみません。<m(__)m>
Posted by deziz at 2012年07月20日 17:45
dezizさん

先日私がセミナーに参加させていただいたリーパーすみ子先生は、New Mexico州の小学校で図書館司書をされていました。英語ネイティブではない日本人が、言葉で勝負する図書館司書って、どんだけすごいこと?!って心から驚嘆するんですが、そうでした、dezizさんも、日本人でありながらかの地で英語を教えておられるのでした。
ほんとにすごい......

コメント食い入るように読みました。
dezizさんの日記のブログの開設を強く希望します(しつこい!?)

英語だけでなく母語でも識字力がない生徒さんたちが多いのですね。
はぁ.... 日本人ならば、どんなに英語ができないといっても、字が読めないなんて事はないですもんね。
こちらの常識を根本からくつがえされるような生徒さんたちを教えるって、本当に本当に忍耐力がいるのでしょうね...
ほんと、教える側にとって自己修行の場ですね。すごいなぁ。

今はほとんど教えることはしていない私ですが、今やってることの少ないながらも、その中でがんばって工夫していこうって思いました!!!
ありがとう、dezizさん (^^)
Posted by あきやん at 2012年07月21日 16:33
ESLを教えているといっても私はまだまだ全然駄目ですね。英検1級ホルダーさんたちの英語力の足元にも及ばないって感じの英語力しかないと『自覚してる』とこだけは取り得ですかね。で、頑張らないといかなと思ってはいるものの、普段は授業準備に追われてます。睡眠時間も減ります・・。不器用なんでしょね。それにあのレベルの生徒さんたち、ある意味、『手ごわい』ですからね・・(笑)

英語力があることと、英語(といってもいろんな内容、レベルがあるわけですが)を教えることは別のこととも言えますね。どうやったら教えてる内容を身につけてくれるか、定着するか、どういうアクティビティーだと積極的にやろうとするか、どういう言語配列とかアクティビティーの配列だったら言語内容を習得に結び付けられるか、定着のため同じ内容を繰り返さないといけないけれどどういうバリエーション(多彩さ)で飽きさせずに同じ内容だけど何度も繰り返して練習させられるか、どうやったらモチベーションを高められるか、等々、いつも考えながらやってます。上からのプッシュで、オンラインセミナーその他で自己研修が義務付けられてもいるので(パートなんですけど(泣))最近の研究とかから現場に役立つ理論やアイデアやらを授業に取り入れたりしてますが、やっぱり自分が相手する生徒さん達にカスタマイズしないと活きてきません。

まぁそうこう色々しても、嫌になって離れて行く生徒もいますしね・・やはり成人としての確立された精神面とか向き不向きもありますのでね。できるだけ、私自身にアプローチしやすさがあるように、ということだけは心がけていますね。休憩時間に彼らがくれる彼ら独自の食べ物とかもけっこう食べたりしてます・・食いしん坊だからいいんでしょね。((^_^;))

>dezizさんの日記のブログの開設を強く希望します(しつこい!?)

あ、これは絶対ありえないです・・。(笑)すんません・。
Posted by deziz at 2012年07月22日 13:27
dezizさん、

英検1級... dezizさんが受けたら、絶対に絶対に受かるでしょう..... I'm 100% positiveです...
dezizさんの書く英語を読んだ人は誰でもそう言うでしょう!!

やっぱり英語の世界でがんばってる人は違う...って思いました。
いい刺激を受けました!


あ、ブログ開設はないですか^^;
私は何度か自分の書いたことに対して自己嫌悪を感じて、もうブログやめちゃおうかなって思ったこともありますが、ブログのおかげで知り合えた方もいるし、これからもなんかいいことあるかな?って思いながら続けます^^
ゆるいペースですが...^^

でも、ブログで自分をさらけだして、書けば書くほど私ってイタイやつやなぁ〜って思うんですが... でも時々急に書きたくなるんですねぇ...
バカですねェ(苦笑い)^^;
Posted by あきやん at 2012年08月06日 16:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/282054396
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。