2012年06月05日

一人の時間 (後日談)

今日は何曜日?えっ、まだ火曜日......!?

昨日今日となんやかんやと用があって、ろくに家にいられなかった。
一人の時間もへったくれもなかった。

勉強はおろか、家のなかも荒れておる...
ちょっと放置しただけでこんだけ散らかるかね?

ちょこちょこと失敗もし、人に迷惑かけたり、自分で困ってみたり。

一度物理的精神的に片付けてリセットせんと、ガタガタたらーっ(汗)


今日は小学校で英語活動サポーターの会合?説明会?顔合わせ?に行ってきた。

今年度、子供の小学校の英語の授業で外人の英語の先生(ネイティブ...かな...)のサポートとして授業に出るボランティアをすることになりました。
多分年間で数回だけしか順番は回ってこないと思う。
内容は、自分から教えたりはせず、あくまでも先生のサポート。
先生が英語で指示したことがわからなさそうな子供がいれば、ちょっと助け舟を出してあげたり、とか。
先生と会話の例を示してみたり、とか。
そんな感じらしい。

私としては、自分がいることで、子供たちの発話量や英語のインプットが増えたらいいなと思う。
自分の立場としては、先生と生徒の間、と理解してる。
生徒が理解できてなさそうと感じたら、そこを自分が日本人としての立場を生かして、子供たちがよりよく理解できるように、またはよりたくさん発話ができるように促せていけばなぁと思う。

でも、意外なことに、先生に聞くと、子供たちが例えば恥ずかしがってあまり英語を口に出したくない、とかいうことはほぼないらしい!みんな元気に大きな声で発話するらしい。高学年になってくると若干恥ずかしさも出てくるみたいだけど、低学年はすっごく元気らしい。

ほんと、楽しみたいと思う。
子供たちがどのくらい英語を吸収してるのか見たい。
小学校英語...批判的な目ではなく、できるだけ肯定的、建設的な視点を持ちながら参加しようと思います。
といっても、ここY市は多分全国的に見て小学校英語活動?教育?は進んでるんじゃないかなという印象を持ちました。
ま、百聞は一見に如かず。実際授業に入るのがかなり楽しみです。


早く順番回ってこないかな〜
posted by あきやん Angie at 23:45| Comment(5) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
J-SHINEの講習で、小学校英語を引っ張る偉い人が、「Yは熱い!(英語に)」と話していたことを思い出しました。
地方自治体がどれだけ予算をさくか、に委ねられてるから、冷めた県や地域と差があるそうです。
楽しみですね!
Posted by まみっち at 2012年06月06日 06:09
まみっちさん

そうだった。まみっちさんはJ-SHINEとってたんだよね。
やっぱりYは熱いのか〜。うちの学校の校区は旧財閥系会社数社の社宅があり、海外駐在から帰ったらばかりの帰国子女なんてのもちらほらいるみたい。いやはや楽しみです。
Posted by あきやん at 2012年06月06日 09:06
我が家も、たった1日ですぐに散らかってます^^;
ほんまに…。もっと物を少なくするという根本的なところから解決しないとあかんな〜と^^;

あきやんさん、すごく活動的になってる!!^^
こちらの市に比べたら…天と地ですよね〜^^;あきやんさんは両方を知ってるからきっとわかると思うけど〜(笑)

いちおう、ゆうの小学校にもALTはいるみたいです。名前が載ってるので^^;ただ、ゆうは一度も学校で見たことないと言ってるわ〜^^; なんか見てたら、とりあえず学力をへ近的にするのに必死で英語どころじゃない!!って感じにすら見える…^^;
普通の学力が全員にあってこそ、取り組める取組なのかもしれないよね〜^^; 我が市はまだまだだね…^^;

英語のボランティアの話すらないよ…
Posted by まりやん at 2012年06月06日 10:12
おっ、いってきたんですね。

Y市は、カリキュラムなんかも作ったり小学校英語先進地域だと思います。

小学校英語の目的は、英語をどれだけ習得するか?というところには重きがないといわれています。

限られた言語素材で楽しんで活動に参加する姿勢を養う。英語に対する関心を育てる。みたいな感じです。

できる子もできない子もみんなでやることが大事とされています。

でも、

Y市では一歩進んだ活動がなされているのでは?と私も興味深々です。

サークルをやっていた経験を生かして、気がついたことなどを先生に話すといいかもしれませんね。

わが町も基本は担任がやるということになっていますが、
とても大変そう。そこで私たちボランティアが、すべて準備して、月に1,2回訪問しています。もう5,6年目になるので、すべて新しいものをやるわけではないから、何とかタダでも負担を感じずできています。

でも、いい活動があったらぜひ取り入れたいです。教えてくださいね。





Posted by まるママ at 2012年06月07日 11:30
@まりやんさん

一般的には小学校での英語は5年からだよね。ここの学校では日にちは少ないけど1年生からあるよ。(月二回くらい)
でも、子供たちから感想聞いても、ただゲームしただけ、とか、別に...って...
どんなもんか自分の目でみたいわ〜。
でもやっぱり、普通の小学校でできることはごくごく限られるだろうから、英語の授業はあってもなくても同じ...とかいったら怒られるだろうか?!
この感想が、実際授業を見てかわるかどうか、また報告します。


@まるママさん

こちらの学校では英語の授業は外国人の先生がします。外国人の先生の都合が悪い場合など、担任の先生がするときもまれにあるみたいですが、基本は外国人の先生です。
だから、担任の先生への負担は少なくて良さそうです。
しかし、全くの無報酬で英語の授業をするって、すごいなぁ。。。まるママさん(たち?それともお一人?)の努力をtake it for granted しすぎだ!!!!
ちょっとひどいですねぇ。
こちらは、ここにはかけませんが、少し謝礼をいただけるみたいです。でも、1時間目から6時間目まで入ってたったこれだけかぁ...って額のようですが...もらえるだけありがたいってことでしょうね..。
他のPTA活動なんかでは当然全く謝礼なんてでないから、例外的といえば例外的か。

では、こちらで活動に参加して気づいたことがあれば報告しますね。

Posted by あきやん at 2012年06月11日 10:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/273633905
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。