2012年02月07日

インフルエンザで寝込んでリセット

横浜に引っ越してから、実家から遠くなり、私の一番の懸念は、私が寝込んだ時、家族はどうなるのであろうか... でした。

重篤な病気はともかく、例えばインフルエンザとか...


そして、先週、ついにその恐れていたインフルエンザ(A型)にかかってしまいました。


うちの3人いる子供の真ん中の長女がまず咳→発熱
ほんの時間差で私も発症していたのですが、小児科へ彼女を連れて行ったときに自分は診察してもらいそこねた。

長女の看病しながら、自分も、悪寒、頭痛、あまりの頭痛に嘔吐、節々の痛み、咳、鼻水...と風邪症状(?)のオンパレードでした。


翌日ダンナに仕事休んでもらって、子供たちみてもらって自分も病院に行き、薬をもらい、
二日苦しんで、ようやく元気になりました。

その間、私に続き、末っ子、長男の順に感染。

自分もしんどいのに子供の看病をするのはやっぱりしんどかったけど、まぁなんとかなるもんですね。


症状が一番軽かったのは長女。インフルエンザの反応がまだ出ないのでは?という時(発熱から数時間)に反応が出て、イナビルをすぐに吸入できたのがよかったのかな?
一番苦しんだのが私。やっぱり大人のほうが症状が悪化するのかなぁ?


今朝ようやく最後の長男の熱がひきました。熱が引いて丸二日学校を休まないといけないから、明日もう一日彼はホリデーです^^;



私が寝込んでる間に家の中がぐちゃぐちゃになった。
というか、寝込むちょっとまえから家の中がちらかっていた。あんまり精神状態がよくなかった。

で、寝込んでる間、一日二日はだんなが皿洗いとかしてくれていた。
全くといっていいほど家事を手伝わないだんなだが、やればできるではないか。



でも私が元気になったらまた何もやらなくなった。
ま、いいけど。
いざとなれば頼れるということがわかっただけでもよいや。


で、元気になった私...


家の中を片付け始めました。
整理しているつもりでも、時がたつとモノが増え、雑然としてきた棚のものを整理したり、使い勝手をよくしたり、不要なものをごそっと捨てたりしました。

すっきりした。

本棚の数段もごちゃごちゃしていて、新たな棚を買って置くスペースもないし、
本棚の一角を占めていた、以前英語サークルで使っていた手作りフラッシュカードとかをごそっと捨てました。
また使うかなぁと思ってたけど、もう使わないだろうな。
もう小さい子に英語教えることもないだろうし、なったとしても、また必要になったら調達すればよいや。


すっきり。

手作り英語教材はあとまだダンボールに色々入ってるが、それはまた追々整理しよう。




家の中が片付いていくにつれ、もっと片付けたくなった。

散らかっていると、そこへ子供たちだけでなく自分もさらに散らかしてしまっても、もともとがきたないと一体どこが散らかったのか、ゴミが落ちたのかさえわからない。
でも、きれいにしてると、ちょっとゴミが落ちてもすぐわかって拾おうと思うし、
ちょっとおもちゃが落ちてたら、ひょいっとおもちゃばこに直そうと思うし実際手が動く。


きれいにしてるとどんどんきれいになるし、
きたなくしてるとどんどんきたなくなるもんだなぁー。



あと、寝込んでる間と看病の間は全く自分の勉強をしませんでした。
それもまた一度リセットかけられてよかった。

英語とかがんばらなきゃ、あれもしなきゃこれもしなきゃ、って気持ちが落ち着いて、
まずは料理とか掃除とか子供のこととか自分の生活をちゃんとして、それからきちんと開いた時間に集中して勉強を再開できた。毎日少しずつだけどね。。。

何が一番大切かもよくわかった...

毎日おいしいものを作って食べること、
家の中を快適に保つこと、
家族とちゃんと話したりすること、(何かしながら、心半分あっちにあって、じゃなくて)
専業主婦の私の仕事は家の中のことをちゃんとすること、子供たちの教育も実務的なことは私の仕事、とにかく、それらを嫌々じゃなく、積極的にこなせば、あとは堂々と自分の時間をとって勉強なり、遊ぶなりなんなりすればいいのである。
苦痛を感じながらあれも中途半端、これも中途半端で生きていくのはアホくさい。
やることちゃんとやって、あとは私も好きにやらしてもらうわ、と。
私はこんなに我慢してるのよ、なんて匂わされても家族を始め周りを不快にするだけだろう。


基本にたちかえったら、何がそんなに複雑だったのかなぁとさえ思えてくる。


またそのうち調子が狂ってくると思われますが、とりあえずは今は良いサイクルに乗ってる感じです。


あ、余談ですが、
このごろ、皿洗いしながら英語リスニングするのをやめました。
皿洗いの時は、とにかく皿洗いを早く終わらせることに集中しています。
皿洗いでもなんでも、英語聞きながら後でしよう、とすぐに対処しないと、仕事がたまってしそびれるということが多々ありました。
今は、なんでも気づいたらさっさと済ませよう、ちょっとでも早く済ませられるように考えながら工夫しながらやろう、に変わっています。


オーディオブックを聞くのは、あ〜疲れた、リラックスしよ、って思った時にだらーっとして聞きます。
今はこの方式のほうがあってるみたいです。
posted by あきやん Angie at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はあきやんさんのこういう地に足の着いた感じが大好きですよ。生きる上で一番大事なことを優先している、というと大げさかもしれませんが・・。大切な家族のケア、アップダウンがあったとしてもコミュニケーションをあきらめない底力とでもいいますか・・。

語学の上達なども大切なことなのでしょうが、そしてそのために自分の時間や金銭を計画的に投資していくといったことも、素晴らしいことだとは思います。でも、私個人は、その前に人間同士の関係を笑いあり涙あり、で、(本人は気づいてない場合は『いつのまにか』という感じで)築いていく生き方の人が大好きなんですよ。だってそういう人のコミュニケーションは、言語が何であろうが、本物感があるというか、骨があるというか、そんな感じがします。うまく言えませんが・・。

私もいろいろアップダウンを経ながら、自分の思い通りにならないことをたくさん経験しながら、アメリカで過ごしています。でも、思い通りにならない中、もがいたり失敗したり工夫してみたりといったことが結構長い目で見て、いい糧になってくれてます。語学の上達は遅い方ですが、生きていく上で避けて通れない、人とのかかわり上のこととか、コミュニケーションを大事にすることとか、責任を果たそうとすることとか、色んな訓練を受けているようなものですね。その場その場で精一杯やるだけです。家族、友人に感謝しつつ・・。

お互い、自分のペースでユニークに行きましょう。あきやんさんのこと、応援しています!
Posted by deziz at 2012年02月08日 16:02
dezizさん

応援ありがとうございます(^^)
私はほんとうにスタート地点が低いというか、不器用というか... 改めて思い知る日々です。でも、一つ一つアカンところを発見して乗り越えていくのが楽しいなぁーと思う今日この頃です。
dezizさんは海外での暮らしだから、それこそもっといろんなことがあるんだろうなぁと思います。
乗り越えることも多い分、自分の得るものも多いだろうなぁ〜。
dezizさんはブログされていないんでしたよね。。。dezizさんの日常のお話、こぼればなし、公開したらおもしろいだろうに〜〜!!
Posted by あきやん at 2012年02月10日 00:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。