2011年08月21日

語彙を増やすための読書

この本が、無理なく読めてとてもおもしろかったです。
teenager(young adultっていうんかな?)向けの本?の賞を取っているらしい。
とてもわかりやすい英語で書かれているし、話の展開が気になるので、どんどん読み進められると思います。

The Giver [ペーパーバック] / Lois Lowry (著); Thorndike Pr (刊)

一度目は辞書ナシで読みました。知らない言葉が時々出てきましたが、前後から判断して意味がわかりました。


とてもおもしろかったし、色々考えさせられることも多かったので、読み終わった後、もう一度、今度は今まで出会ったことのなかった言葉や、いまいち定義が不確かな言葉を辞書をひきながら読みたくなりました。
せっかくなので、辞書を引いた言葉は本に日本語の意味を書き込んで、後でiPod touchのアプリに入力して後で復習できるようにしています。


一回にする量はせいぜい1ページから2ページ。毎日できればいいのですが、二日に1回でも、3日に1回でも、とにかく続けられれば良いなと思います。
同時に、audibleで買ったオーディオブックも復習の一環として聞いています。


私の実家とだんなの実家に帰ってる間と、帰ってからしばらくの間も中断していましたが、最近再開しました。

生活に根付いた語彙、感情に関する語彙などが多いので、そういう語彙が増えるのではないかな〜と期待しています。


余談ですが....

先月末、実家に帰る前日、風呂に持ち込んだ際に浴槽に落としてしまいました...たらーっ(汗)

wetbook.JPG
posted by あきやん Angie at 07:30| Comment(4) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あきやんさん、お久しぶりです。

あきやんさんのブログ見て、『The Giver』が積読本の一冊なのを思い出しました・・・・。『Number the Stars』で感動して、ポチッと買ってしまったのですが、他の本に目移りしてしまって、そのままになってしまったと思います。読む本リストの上位に更新したいと思います。

今は、『Tuesdays with Morrie』を読んでいます。これもあきやんさんとかぶっていますね。

昔は、『やさしいをたくさん方式』で本を読んでいて、『辞書なし』で済ましていましたが、最近読む本は、『これは自分でも使いたい!』や『この単語は覚えとくべきやろ!』みたいな単語・言い回しは、読了後にまとめてLingQ flashcardに登録するようになりました。

本は無事に乾きましたか?
Posted by hirohide at 2011年08月21日 11:41
hirohideさん

お久しぶりです^^
今朝私もhirohideさんのブログを読んで、Tuesdays with Morrieに気づいてたんですよ〜
Number the Stars, 良いんですね!
アマゾンから注文しよっと♪

one of 積読本s にならないようにせねば^^;
でも、未読の蔵書が増えても、少なくとも時々読みたい優先順位を見直すだけでもよさそうですね。

Posted by あきやん at 2011年08月21日 17:10
>辞書を引いた言葉は本に日本語の意味を書き込んで、後でiPod touchのアプリに入力して後で復習できるようにしています。

このアプリ教えて下さ〜い!
Posted by まみっち at 2011年08月23日 01:36
まみっちさん

FlashcardQ3というアプリだよ〜。
Posted by あきやん at 2011年08月23日 11:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。