2012年06月28日

リーパーすみ子先生のセミナーに参加します

リーパーすみ子先生のブログで、イベントがあることは知っていたのですが、都内まで出るのに抵抗があり(未だに行動範囲が狭い...)、またの機会かなぁ〜、なんて思ってました。
その後まるママさんからもイベントのことを教えていただき、行きたいなと思いつつもまだ腰は重く...
(ちなみにまるママさんは以前私が大阪で参加したことのあるすみ子先生のセミナーの主催をされていました。それがご縁でまるママさんと知り合いになれました。)

で、すっかりあきらめモードになっていたところ、しばらくして、
ななななんとすみ子先生ご本人からイベントについてのコメントをこのブログにいただきました。
びっくり仰天。

これは、行かなければならない運命でしょう。

残念ながら午前の部, 親子で参加できる英語の絵本読み聞かせ関連のセミナー, のほうはとっくに定員に達して募集はしめきられておりました。
どちらかというと参加するならこっちだなと思ってたのですが...

改めてすみ子先生説明, 午後の部の英語を"書く"ということについてのセミナーの目指すところを聞いて、これは今の私にすごく必要なところなんじゃないかと思いました。

さっそくすみ子先生の今回のセミナーのテーマになっている本を購入。アマゾンで昨日注文したら、もう今朝届いた!早っ。これもまた運命か。


セミナーはこれです
まだ参加応募ぎりぎり間に合います。
興味ある方はぜひ!
http://www.cosmopier.com/2012-july07-event.html

あぁまだ書きたいことがあるのに今から小学校へ行かなければならない...... 尻切れトンボですみません
posted by あきやん Angie at 10:15| Comment(7) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

長男の英語、一歩前進

細々と.... ほんとに細々とですが続いている我が家の子供英語。

長男はもうはや小学5年。
10年前に我が子の英語力について思い描いた姿と今の現実とは全然違います....^^;
でも英語続けてるだけ良し!
CTP音読を終え、今はTime-to-discoverのシリーズをやってます。

あと、毎朝ワークをしています。
未だにレベルは1年生... いつ終わるねんこのワーク^^;
またお買い得で、全ページカラーで枚数が多いんですよね。(有名なワークブックですが、ほんとオススメ)

100 Words Kids Need to Read by 1st Grade (100 Words Workbook) [ペーパーバック] / Gail Tuchman, Lisa Trumbauer (著); Lisa Trumbauer (編集); Scholastic Prof Book Div (刊)




しかし、最近変化が!

それは、

ワークの問題文?指示の部分を、自力で読めるようになってきたこと。

例えば、今日の
"Write the word Look on each line. Circle the word a."とか...
"Draw a line to match the sentence with the insect."とか...

家庭で熱心に英語教育されてるお宅と比べたらかなり程度が低いんですが(^_^;)
それでも、うちとしては大きな進歩。

本人も、いままでなら途中でつまって母の助けを借りていたのが、あれ、全部読めた、理解できた。って気づいて喜んでおります。


あと、もう一つの変化は、Time-to-discoverの本のCDで、questionsがあるんですが、
問題を聞いて、答えが今まで、単にyesとかnoとか、ただ単語だけを言う、だけだったのが最近は、
Yes, they do. とか、 No it isn't. とか、ただ plantsだけだったのが、They eat plants.とか、文章で答えるようになってきました。

うわ〜。大きな一歩です。
親子ともに喜んでおります。


で、前述のワークブックに戻りますが、
こういう、すべて英語で書かれたワークをやるっていうのが意義があると思います。
問題や指示が英語で書かれているので、そこから自然な英語を学べる。
ここから得た英語は、その子の英語力の土台を固めてくれると思う。

急がば回れ!

ちりも積もれば山となる、雨だれ石を穿つ、千里の道も一歩から!ですね。


posted by あきやん Angie at 12:35| Comment(6) | TrackBack(0) | こども英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

一人の時間 (後日談)

今日は何曜日?えっ、まだ火曜日......!?

昨日今日となんやかんやと用があって、ろくに家にいられなかった。
一人の時間もへったくれもなかった。

勉強はおろか、家のなかも荒れておる...
ちょっと放置しただけでこんだけ散らかるかね?

ちょこちょこと失敗もし、人に迷惑かけたり、自分で困ってみたり。

一度物理的精神的に片付けてリセットせんと、ガタガタたらーっ(汗)


今日は小学校で英語活動サポーターの会合?説明会?顔合わせ?に行ってきた。

今年度、子供の小学校の英語の授業で外人の英語の先生(ネイティブ...かな...)のサポートとして授業に出るボランティアをすることになりました。
多分年間で数回だけしか順番は回ってこないと思う。
内容は、自分から教えたりはせず、あくまでも先生のサポート。
先生が英語で指示したことがわからなさそうな子供がいれば、ちょっと助け舟を出してあげたり、とか。
先生と会話の例を示してみたり、とか。
そんな感じらしい。

私としては、自分がいることで、子供たちの発話量や英語のインプットが増えたらいいなと思う。
自分の立場としては、先生と生徒の間、と理解してる。
生徒が理解できてなさそうと感じたら、そこを自分が日本人としての立場を生かして、子供たちがよりよく理解できるように、またはよりたくさん発話ができるように促せていけばなぁと思う。

でも、意外なことに、先生に聞くと、子供たちが例えば恥ずかしがってあまり英語を口に出したくない、とかいうことはほぼないらしい!みんな元気に大きな声で発話するらしい。高学年になってくると若干恥ずかしさも出てくるみたいだけど、低学年はすっごく元気らしい。

ほんと、楽しみたいと思う。
子供たちがどのくらい英語を吸収してるのか見たい。
小学校英語...批判的な目ではなく、できるだけ肯定的、建設的な視点を持ちながら参加しようと思います。
といっても、ここY市は多分全国的に見て小学校英語活動?教育?は進んでるんじゃないかなという印象を持ちました。
ま、百聞は一見に如かず。実際授業に入るのがかなり楽しみです。


早く順番回ってこないかな〜
posted by あきやん Angie at 23:45| Comment(5) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

一人の時間

LingQでの学習を再開してしばらく経った。

わからないところが少々あってもわからないまま放置して聞きっぱなし、ではなく、
わからないところはちゃんと辞書を引いて、繰り返し音声を聞いて、ってなことをやっていたら、

えらいもんだ。
口が回る。

毎週恒例のオンラインでのブッククラブでも今日はそこそこしゃべれた。
終了後落ち込むこともなく^^;


こういうことが出来るようになったのも、末っ子が幼稚園に入ったから。

朝8時半に園バスに乗るのを見送ったあと、昼前に帰ってくる水曜を除く月火木金は、1時50分にまたバスで帰ってくるまで、私は、一人。


一人!!!

今まで末っ子がいると、家事をしながらiPodで英語か中国語を聞いていてもやっぱり集中できなかったんだなぁと改めて思う。



出かける用事がない日は、家事をしながら、勉強がはかどる....


夢のようだ....


ついにこんな日が来たんだなぁ...



引越しして家賃は上がったし、幼稚園も毎月ほぼ3万いるし、
今年は絶対仕事始めないといけないのですが、
この生活に味をしめてしまいそうです(汗)
こんどの家は小さいながらも庭があるから、庭いじりも楽しい...
おまけに、真ん中っ子のクラスのPTA引き受けてしまったしな〜
小学校の英語活動サポーターもやるしなぁ〜


無理のない範囲でできる仕事を探そう...と思います....



話はまた外国語学習に戻ります。


このごろ、中国語学習を再開しました。(って、やめてたわけじゃないけど、ものすご〜く停滞してた)

毎週スカイプでお話してた中国の友達が、ちょっと事情があってスカイプ会話を無期限でお休みすることになった。

で、

何か自分でちゃんとしなきゃ、と思った... 思いつつも、あんまりせず...


で、

ふと気づいた。

ビデオにとりだめていた、NHKのテレビの中国語講座。
ココリコ田中が生徒役で出てるやつ。


これを、末っ子が幼稚園に行ってる間、一人で昼ごはんを食べる時に見てみたところ、
おもしろ〜い。

中国語講座は、聞くのと同時に文字を学ぶことも大事だから、テレビだと一石二鳥。
7回分くらいとりだめしていたのを一気に見ました。
今はこれまたとりだめしていた放送大学の中国語講座を見ています。

放送大学のほうは1回の時間も長いし、説明もてんこもり。勉強になる。
NHKのほうはもっと軽い感じ。でも、中国人の先生の他に2人の中国語ネイティブが出演してるから(しかもうち一人はバイリンガル)、中国語の生のやりとりがたくさん聞ける。
ココリコ田中と先生とゲストとのやりとりが、自然と頭に入ってきて、記憶の定着も良い。(用意されたスクリプトだけじゃなくて、田中さんが間違えたところを先生が直してくれたり、質問したことを答えてくれたりというそういうやりとりが出来る範囲で中国語でなされているので、それが頭に自然に入ってくる。)


そして、それとは別に、大きな一歩。ようやく、LingQで、いかにも学習初心者向けではない中国語コンテンツに手を出しました。
北京在住の若い人が書いたエッセイで、ダウンロードして聞いてみたものの、ほとんど何がなんやらちんぷんかんぷんなんですが、ともかくやってみようと思います。

LingQのスティーブさんがずっと、いつまでも初心者用のものばかり勉強しているせいで外国語の力がつかない人がとても多い、というようなことをおっしゃってました。
それはほんとによくわかるんだけど、中国語ではなかなか初心者レベルの下のほうからいつまでも脱せない私は、authenticなコンテンツなんて恐ろしくて手が出せなかった。
でも、このごろ一人で勉強する時間ができたので、そろそろ脱初心者できるような気がしてきた。

英語と違って、私の中国語はほんとにとんでもなく低いレベルなので、仕事で使おうとかそういう野心はゼロ。
ただ、英語がある程度できるようになった今、新しい言語もできるようになるのか試してみたいという好奇心からやっているような気がする。

どこまでいけるかな〜


話があちこち飛んでスミマセン。
次はまた英語のことについて。


いつもながら、あっちを読んだりこっちを読んだり、聞いたり、と一つの本に集中していない私ですが、
今読んでいる本のうちの1冊が、"How to train your dragon"
映画にもなった、「ヒックとドラゴン」の原作です。
映画をうちの子供たち、とくに長男が気に入っていたので、原作の日本語翻訳版の1巻を買ってやったところ、おもしろかったみたいで、わりとすぐに読んでしまいました。
続いて買った2巻は、あっという間に2日で読んでしまった。

そして、ママも読んだら?としつこく言ってくる...
ならば、母は英語の勉強もかねて原作で読むことにしました。

で、

最初英語だけ読み始めたのですが、
子供向けとおもいきや、

けっこう難しい言葉がでてくる...

あとは、言葉自体はむずかしくなくても、イマイチ自分が意味がとりきれない箇所もチラホラ(汗)


そだ!日本語版も読めばいいんだ。


ということで、並行して読むことにしました。


日本語翻訳版のほうを読んでみて......


やっぱり、プロはすごい。
うまいなぁ〜〜わかりやすいなぁ〜〜〜

英語を英語のままで理解するのも大事だけど、
こうやって英語を噛み砕いて日本語という考え方のなかで再構築された文章を読むと、さらに勉強になるなぁ。
すべての本でこういうことをする必要はないと思うけど、たまにはいいなぁと思いました。

外国語の勉強ってほんまにほんまに楽しすぎる.....

あぁ、時間がなんぼあっても足りん!!!!
posted by あきやん Angie at 00:21| Comment(2) | TrackBack(0) | じぶん英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。